スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福家警部補の追及/大倉崇裕 ★★★☆☆

狩秋人は未踏峰チャムガランガへの挑戦を控え、準備に余念がない。勇名を馳せた登山家の父・義之がついに制覇できなかった山である。義之は息子に夢を託して引退、この期に及んで登山隊の後援をやめると言った会社重役を殺害する(「未完の頂上」)。動物をこよなく愛する佐々千尋はペットショップの経営者。血の繋がらない弟は悪徳ブリーダーで、千尋の店が建っている敷地を売ろうとする。そもそも動物虐待の悪行に怒り心頭だった千尋は、弟を亡き者に……(「幸福の代償」)。

ミステリも薄味ですが、楽しみにしている福家警部補の人情エピソードもあまりパッとしなかったような。
「未完の頂上」では、スッと流していたシーンが、終盤に伏線だったことを知って「ああ!」と。
「幸福の代償」は動機にもう一捻りあるのかと思ったのですがねぇ。

人魚と金魚鉢/市井豊 ★★☆☆☆

音楽学科の学生選抜コンサートの会場となるはずだった、大ホールのステージを泡だらけにした犯人は誰か?そしてその理由とは?爽やかな余韻が残る表題作ほか、聴き屋だからこそ真相に気づけなかったエピソードを描く「恋の仮病」、美少年タレントの謎の行動の理由を探る「世迷い子と」など全五編を収録。

うーん、続編が待ち遠しかったけれど、前作の方がキャラクターが生き生きしていて会話も面白かったような気がします。
第一話なんて、なかなか読み進められませんでした。
ミステリとしても印象が薄くて、『世迷い子と』は好みの真相なのに、強引さが上回っていて違和感が残りました。
期待しすぎちゃったかな。

黒龍荘の惨劇/岡田秀文 ★★★☆☆

山縣有朋の黒龍荘に、山縣の影の金庫番・漆原安之丞に対して恨みを晴らす、という脅迫文が届き、数日後、漆原は謎の死をとげた。調査依頼を受けた「月輪萬相談所」の探偵・月輪は、かつて伊藤博文邸でともに書生として過ごした杉山を連れて黒龍荘に住み込むことに。広大なお邸には四人の妾を含む住人七人と使用人たちが暮らしていたが、警察と月輪たちの監視をあざ笑うかのごとく、彼らは次々と遺体となって発見されていく。

<へ理屈のこね方だけは天才的だな>

最初の数十ページは少し不安でしたが、事件が起こってからは一気読みでした。
この真相は確かに意外で「ほぉ~」となった・・・のですが、伏線が少なすぎて、再読の楽しみがほとんどないのは残念。
あと「彼女」のミスがなければ、探偵は真相を見破れなかったのでは?と疑問が残ったり。

the SIX/井上夢人 ★★☆☆☆

ひとりの少女との出会いから、全ては始まった―。誰にも心を開かず、部屋で絵ばかり描いている女の子。絵の中の魚が白いのは「おぼれて、死んだの。あした」だから。明日の出来事が見える。他人の心の声が聞こえる。虫を呼び寄せる…。不思議な能力が彼らと周囲を切り裂く。小さく弱い、選ばれし者たち。でも、一つになればきっと強くなる。

いい話ばかりで安心して読めますが、印象が薄いです。
(チーム名はある意味印象に残りましたが。)
せめて、最終話では盛り上がってくれるかと期待したのですがねぇ。
文学に寄ってしまった道尾作品のように「この内容ならこの作家でなくていい」という読後感。

火星に住むつもりかい?/伊坂幸太郎 ★★★★☆

住人が相互に監視し、密告する。危険人物とされた人間はギロチンにかけられる―身に覚えがなくとも。交代制の「安全地区」と、そこに配置される「平和警察」。今年安全地区に選ばれた仙台でも、危険人物とされた人間が、ついに刑に処された。こんな暴挙が許されるのか?そのとき!全身黒ずくめで、謎の武器を操る「正義の味方」が、平和警察の前に立ちはだかる!

<チクりブーム来たね、これは>

伊坂作品にしては久しぶりにワクワクしながらの読書でした。
さすがに前半はとても読み辛い内容でなかなかページが進みませんでしたが、理不尽を強いる平和警察の設定よりも、ギロチン公開処刑に興奮する見物客の方が異世界の光景に感じられて、どんどん冷静になっていきました。
第三部からは「正義の味方」の独壇場となるのですが、これも独特のルールによってモヤッとした気持ち悪さがあるのが伊坂さんらしいなぁと。
そして、武器が斬新でテンションが上がりました。
これは映像化したら格好イイだろうなぁ。回収する姿はちょっとアレだけど。

キャプテンサンダーボルト/阿部和重・伊坂幸太郎 ★★★☆☆

人生に大逆転はあるのか?小学生のとき、同じ野球チームだった二人の男。二十代後半で再会し、一攫千金のチャンスにめぐり合った彼らは、それぞれの人生を賭けて、世界を揺るがす危険な謎に迫っていく。東京大空襲の夜、東北の蔵王に墜落したB29と、公開中止になった幻の映画。そして、迫りくる冷酷非情な破壊者。すべての謎に答えが出たとき、動き始めたものとは――。

<常識というか、良識を疑いますよ>

本当に合作?と疑ってしまうくらい伊坂さんっぽさが溢れる作品。
国家権力や陰謀、ターミネーター級の破壊力を持つ刺客が登場するエンタメなのに、ストーリー展開がどこか枠に収まっているような印象で、真相も早い段階で解ってしまいました。
相葉の井ノ原への「負い目エピソード」も意外性ゼロだし、彼らの事情がシリアスなものだったので、アッサリとした後日談が肩透かしでした。
映像化すると面白いかもしれませんが、文章ではいまいち迫力が伝わらず、「派手なようで地味」という読後感。
『ゴールデンスランバー』の余韻とは雲泥の差でした。

アイネクライネナハトムジーク/伊坂幸太郎 ★★★☆☆

奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL……。情けないけど、愛おしい。そんな登場人物たちが紡ぎ出す、数々のサプライズ! !

<もうすぐ君の出番だぜ>

何気ない恋愛話なのに面白かったです。
小説の成り立ちも引用されている歌詞も知りませんでしたが、エッセイを読んでいたので「斉藤さん」はきっとあの人のイメージなんだろうなぁとすぐに気づきました。
(やっぱりメロディーを知らないと歌詞はちょっとピンとこないかも、という感想。)
相手の手にかかれた「シャンプー」の文字を声に出して読んでしまう、などほのぼのとした空気感がいいですね。
今回は珍しく伏線の回収が強引で、「さすがにこのエピソードは拾わなくても」と感じるものがいくつかありましたが、作中で繰り返される「相手にバツの悪い思いをさせる」手法が伏線だったとは驚きました。
ラストの中学生も(再)登場シーンが目に浮かんで爽快な気分になりました。

怪しい店/有栖川有栖 ★★★☆☆


骨董品店で起きた店主殺人事件、偏屈な古書店主を襲った思いがけない災難、芸能プロダクションの社長が挑んだ完全犯罪、火村が訪れた海辺の理髪店でのある出来事、悩みを聞いてくれる店“みみや”での殺人事件。「どうぞお入りください」と招かれて、時には悪意すら入り込む。日常の異空間「店」を舞台に、火村英生と有栖川有栖の最強バディの推理が冴える。極上ミステリ集。


火村の秘密に迫りそうで、なかなかそうはいかなくて、ともどかしい気持ちになったり、火アリのほのぼのとした会話は楽しいです。
でも、ミステリとしてはどれも驚きや決め手に欠けていて消化不良の読後感でした。
印象に残ったのは「ショーウィンドウを砕く」で、ずさんな犯行だし最後の追い詰め方も予想通りでしたが、ラスト一行が好みでした。

都知事探偵・漆原翔太郎/天祢涼 ★★★★☆

弁舌巧みな爽やかイケメン。でも、天然な世襲政治家・翔太郎が、都知事選に立候補すると言い出した! 真面目な秘書・雲井は奔走し、妨害工作を退け、彼は都知事に当選する。だが、二人の前に次々と現れる難事件――テロ組織・アイスクリーム党による都議会襲撃、殺・ゆるキャラ「ケンダマダー」殺害、そして都の賓客である美人王女のダイヤ盗難……。支持率が急落する都知事が真実を明らかにするとき、東京の政治が変わる!?

<君は僕にとって世界一優秀な秘書なんだ>

面白かったー。
前作より小粒の事件が多いかなと思ったのですが、最終話ではそれらの裏に隠された真相が暴かれ、スケールの大きさを味わうことができました。
注目すべきは、やっぱり伏線の張り方の見事さで、今回もかなり注意深く読んだつもりでしたが「あれも伏線だったのか!」という驚きを何度も味わいました。
また、伏線だと気づいていないのに、その描写がちゃんと頭に残ってるから、再読の必要がほとんどないというのが本当にスゴイ。
ラストの翔太郎の台詞には吹き出しました。諦めてなかったのか!
続編なので仕方がないとはいえ、雲井の「翔太郎が天才かどうか」と疑う様子は前作ほど魅力的ではなくなりましたが、またまた次回作が楽しみです。

ずっとあなたが好きでした/歌野晶午 ★★★☆☆


国内外の様々な場所で、いろいろな男女が繰りひろげる、それぞれの恋模様。サプライズ・ミステリーの名手が贈る恋愛小説集……だが?


<誰かを想っていないことはありませんでした>

結構なページ数でとりとめのない内容の短編も多いですが、なぜか文章に乗ってしまいスラスラと読めました。
お気に入りは、好みの仕掛けだった「ドレスと留袖」
「舞姫」のラスト一行も一瞬「?」でしたが、しばらくして納得しました。巧いなぁ。
そして、やっぱり歌野作品は一筋縄ではいきません。
「黄泉路より」が既読のせいかもしれませんが、それぞれ説明不足だなぁと思いながらも普通の恋愛小説集だと割り切って読んでいたので、「女!」のラストで「マジか…!」とつぶやいてしまいました。
後から考えると、タイトルと表紙イラストのセンスも絶妙です。
いやぁ~、珍しく得した気分になりました。

Bハナブサへようこそ/内山純 ★★☆☆☆

僕―中央(あたりあきら)―は、大学院に通いながら、元世界チャンプ・英雄一郎先生が経営する、良く言えばレトロな「ビリヤードハナブサ」でアルバイトをしている。ビリヤードは奥が深く、理論的なゲームだ。そのせいか、常連客たちはいつも議論しながらプレーしている。今も、常連客の一人が会社で起きた不審死の話を始めてしまった。球を撞いてくれないと店の売り上げにならないのだが。気を揉みながらみんなの推理に耳を傾けていると、僕にある閃きが…。

デビュー作にしては文章はこなれているし、登場人物も個性的で最初は楽しめたのですが、鮎川哲也賞受賞作なのにあまりにも目新しさのないトリックや真相が続くので、だんだん読むのが面倒くさくなってしまいました。
もしかして最後に連作ならではの真相が用意されているのかと期待しましたが・・・何もなし。
ビリヤードに縁のない私からすると、最終話でやっとこの設定の面白さが出てきたかなという程度でした。
巻末の辻真先さんの選評にとっても共感。
品格はあるのかもしれませんが、何の発見もありませんでした。

特捜班危機一髪/我孫子武丸 ★★★☆☆

警視庁イメージアップのため(安易に)結成された戦隊ヒーロー“ドットジェイピー”。5人の美男美女警官(ただし性格に難アリ)の行く手を阻むのは、都知事のいやらしすぎる陰謀か!? それとも色と欲か!? インテリ、腐女子、Jr系、マッチョ、ロリ巨乳――キャラ立ちまくりの戦隊ヒーロー、ニッポンの平和をかき乱す!?

<禁断の弟×兄ー!きゃー!>

ああもうおっかしい。
前作から6年も経っているということでメンバーの個性をすっかり忘れていましたが、読後、こんな濃いキャラクターでも忘れることができる自分に感心しました。
前半は文句なしで面白いのですが、終盤に向けて変態が加速していくにつれ行き詰まっちゃったような?
まぁ、前作と同じくミステリとしては「?」な内容なので、メンバーそれぞれの煩悩を楽しむ目的で読む方がいいでしょう。
それにしても「ホワイト昇天」と「酔拳~?」は笑ったー。

今だけのあの子/芦沢央 ★★★☆☆

何時だって何歳だって女の友情はめんどくさくって、あやうくって、美しい。OL、ママ友、中高生…。さまざまな年代、立場の女性の友情に隠された想いを情感あふれる筆致で描ききる!注目度ナンバーワンの新鋭が贈る連作ミステリ。

辻村深月が描く女の友情と長岡弘樹作品のような捻りが味わえる作品。
「届かない招待状」
意外性にこだわるあまり登場人物の行動が不自然な印象に。
「帰らない理由」
少年はともかく少女の目的が面白い。ラストもベタだけどいい。
「答えない子供」
ソウくんママにも自分を変える必要があると思うので、そこまで書いて欲しかった。
「願わない少女」
自分だけ置いて行かれそうになる焦りや孤独感がひしひしと伝わってきた。
ミステリ的にもこれが一番好み。
「正しくない言葉」
事情を話せばいいのに、と考えるにはやや複雑な問題だという点が上手い。

連作といっても単なる登場人物のリンクだけだったのが残念かな。
第二話のつながりから、第一話の過去の事件を深く掘り下げていくのかなと期待したので。

もう教祖しかない!/天祢涼 ★★★☆☆


老朽化した銀来団地で急速に広がりを見せる新宗教“ゆかり”。大手流通企業スザクのセレモニー事業部で働く早乙女六三志は、顧客との生前葬儀契約を守るべく、教団潰しを命じられた。ところが、同世代の教祖・藤原禅祐は訴える。「今や若者は、社会や成功者にとって搾取の対象でしかない」「そんな我々が逆転するには、もう教祖しかないのです!」そして両者は、“ゆかり”の存亡を賭けてある勝負に挑むことに―。


前半の六三志と禅祐のやり取りが見事で、ワクワクしてしまいました。
伏線を張るのも回収するのもすごいスピードなんですよ。
でも、そこから宗教の仕組みや住民と新宗教の対立など、目新しい展開や緊張感がないため、正直退屈でした。
さすがは天祢作品で終盤はどんでん返しがありますが、こちらはそこまで巧い伏線は見当たらなかったのが残念。
ミスリードの必要性も疑問だったり。もっとスマートな方法が・・・。
後日談が短すぎる気もしますが、ラストの禅祐の台詞だけで充分なのかも。
読後感はとても良かったです。

悪いものが、来ませんように/芦沢央 ★★★★☆

かわいそうな子。この子は、母親を選べない―。ボランティア仲間の輪に入れない、子育て中の奈津子。たとえば、いますぐわたしに子どもができれば―。助産院の事務をしながら、不妊と夫の不実に悩む紗英。二人の異常なまでの密着が、運命を歪に変えてゆく。そして、紗英の夫が殺されて見つかった。女2人の、異常なまでの密着、歪な運命。気鋭の新人が放つ心理サスペンス!

<この子のもとに、幸せばかりが待っていますように>

生々しいシーンが多くてそこが少し苦手ですが、不妊の悩みや出産にまつわるエピソードでは、女性ならではの感情が溢れる文章に圧倒されました。
そして、このタイプのミステリの中でも、伏線の張り方が相当巧いのでは。
帯でかなり身構えましたが、私は(その一文を読むまで)真相にまったく気づきませんでした。
もっと話題になっていい作品だと思います。
タイトルも秀逸。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。


























とにかく、こんなにもキレイに騙された理由は「孫の存在」の一点だと思う。
真相判明の瞬間、驚くよりも先に「それだとあの子は一体?」と混乱したからねぇ。
紗英の結婚式の「幼稚園で手をつないでいる写真」や、電車内での出来事、ファミレスのシーンのミスリードも本当に絶妙。見事にイメージが一転しました。
娘を庇っているという予想は簡単だし、真相が解ってからが長すぎるようにも感じたけれど、蕎麦アレルギーを利用したという紗英の文章で「あれ?そっち?」という違和感があったのをすっかり忘れていたので「奈津子の死因の勘違い」に深く納得。
紗英の今の生活の描写は要らないから、面会室で「○○から聞いたけれど~」と真相を明かす方がドラマチックだったような。
胸を抉られるような余韻が残ってもいいはずのラストシーンなのに、なんだか惜しい。】
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。