スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道具屋殺人事件/愛川晶 ★★★☆☆

高座の最中に血染めのナイフがあらわれる、後輩は殺人の疑いをかけられる、妻の知り合いは詐欺容疑・・・。
次から次へと起こる騒動に、二つ目、寿笑亭福の助が巻き込まれながらも大活躍!
落語を演じて謎を解く、一挙両得の本格落語ミステリー!(本書あらすじより)


<もう、とんぼを返らすこともねえな>

以前、『化身』と『鏡の奥の他人』を読んで、何となく合わなかった作家さん。
内容は忘れましたが、どこか野暮ったい印象があるのですよね。

「道具屋殺人事件」「らくだのサゲ」「勘定板の亀吉」の3編を収録。
落語ミステリは、必ずホロリとさせられるので、結構好きなジャンルです。
今回も、ミステリよりも人情話を目的に読み始めたのですが・・・。

予想以上に面白かったです!
師匠のヒントで事件の謎を解くパターンは、田中啓文さんの作品と似ているかな?と思いましたが、この作品はそこをもう一捻り。
なんと、ヒントを貰った弟子・福の助の高座が、真相解決の場となるのです。
斬新な解釈で落語を展開し、真相をピタリと指し示す。これは鮮やか!
(事件の内容は、あまり大したことがないのですが・・・。)

事件発覚シーンの衝撃から見ても、表題作が一番面白かったです。
ぜひ映像化して欲しいなぁ。
福の助を含め、登場人物にあまり魅力が感じられないのが不満かも。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。