スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪しい店/有栖川有栖 ★★★☆☆


骨董品店で起きた店主殺人事件、偏屈な古書店主を襲った思いがけない災難、芸能プロダクションの社長が挑んだ完全犯罪、火村が訪れた海辺の理髪店でのある出来事、悩みを聞いてくれる店“みみや”での殺人事件。「どうぞお入りください」と招かれて、時には悪意すら入り込む。日常の異空間「店」を舞台に、火村英生と有栖川有栖の最強バディの推理が冴える。極上ミステリ集。


火村の秘密に迫りそうで、なかなかそうはいかなくて、ともどかしい気持ちになったり、火アリのほのぼのとした会話は楽しいです。
でも、ミステリとしてはどれも驚きや決め手に欠けていて消化不良の読後感でした。
印象に残ったのは「ショーウィンドウを砕く」で、ずさんな犯行だし最後の追い詰め方も予想通りでしたが、ラスト一行が好みでした。

菩提樹荘の殺人/有栖川有栖 ★★★☆☆

瀟洒な邸宅の広大な庭。池の畔、大樹の根元に転がる肉体美を誇った男の死体。上塗りされた虚飾が剥がれ落ちてゆく―。若き日の火村、そして若さゆえの犯罪――シューベルトの調べにのり高校生・アリスの悲恋が明かされる表題作、学生時代の火村英生の名推理が光る「探偵、青の時代」、若いお笑い芸人たちの野心の悲劇「雛人形を笑え」など、青春の明と暗を描く。

「アポロンのナイフ」のみ既読ですが、やっぱりこの動機とメッセージ性は印象深いです。

「雛人形を笑え」は、思ったよりもイヤな真相で驚きました。
「探偵、青の時代」はシチュエーションがいい。
疎外感を感じる火村とか、そういう人間っぽさが好きですね。
表題作は少し物足りなかったかな。
驚くようなロジックは見当たらなかったですが、どの作品も「若さ」がモチーフということで、哀愁が漂っていて切なくなりました。
こういうのもいいですね。

論理爆弾/有栖川有栖 ★★★☆☆

南北に分断され、探偵行為が禁じられた日本。空閑純は探偵を目指していた。彼女の両親は名探偵として活躍していたが、母は事件を追い行方不明となり、父は殺人事件の推理をした罪で逮捕され、裁判を待つ身となっている。失踪した母の足跡をたどり、純は九州の山奥にある深影村を訪れた。だが、テロにより村に通じる唯一のトンネルが破壊され、連続殺人事件が発生!暗躍する特殊部隊、蠢く陰謀、蔓延るコンピュータウイルス―論理爆弾!少女は探偵の業をその身に刻み、真実と対峙する。

<あそこには探偵を食べる怪物がいるんです>

苦手なソラシリーズですが、前作よりはよっぽど印象がよかったです。
連続殺人事件の犯人が判明するシーンにはドキッとしました。
真相もこれまた皮肉というか何というか。
探偵の無力感がリアルだったので「たまにはこんなのもいいかな」という感想。
お母さんの情報は、これといった進展がナシ。
ミステリと関係のない部分も、もう少し面白ければいいのですがねぇ。長いわ~。

江神二郎の洞察/有栖川有栖 ★★★☆☆

その人の落とした『虚無への供物』が、英都大学推理小説研究会(EMC)入部のきっかけだった―。大学に入学した一九八八年四月、アリスは、江神二郎との偶然の出会いからEMCに入部する。江神、望月、織田とおなじみの面々が遭遇した奇妙な出来事の数々。望月の下宿でのノート盗難事件を描く「瑠璃荘事件」をはじめ、アリスと江神の大晦日の一夜を活写する「除夜を歩く」など。

<考えもつかないトリックの可能性は、常にある>

「桜川のオフィーリア」「四分間では短すぎる」は既読。
お気に入りは「蕩尽に関する一考察」かな。
この動機は思いつかなかった。
「除夜を歩く」の江神さんのミステリ談義がもうシビアすぎて。
「それを言ってしまっては・・・!」なことばかりで。
でも、確かに有栖川さんのミステリって、ロジカルなんだけれどどこか冷めてるような印象を受けるのよね。

高原のフーダニット/有栖川有栖 ★★★☆☆

「オノコロ島ラプソディ」容疑者には鉄壁のアリバイ。国産み神話の淡路島で、火村を待ち受ける奇天烈な事件。「ミステリ夢十夜」有栖川有栖は近ごろ怪夢を見る。火村と彼を次々と不可思議が襲う夢だ。今夜もきっと…。「高原のフーダニット」弟を手にかけました…美しい高原を朱に染めた双子殺人事件は、一本の電話から始まった。

<俺は三毛猫ホームズか・・・>

地元近辺が舞台なので、親近感たっぷりの読書。
でも、トラベルが中心でミステリとしては印象に残りませんでした。

「オノコロ島ラプソディ」
このトリックを使うには、打保さんのキャラ付けが薄かったような。
でも、決して嫌いじゃないです。
「ミステリ夢十夜」
「こんな夢を見た。」で始まる形式は好みですが、あまり完成度が・・・。
第四話のオチはいいですね。
「高原のフーダニット」
分量の割にはとてもシンプルな真相でした。拍子抜け?

真夜中の探偵/有栖川有栖 ★★★☆☆

平世22年―すべての探偵行為が禁止された日本。空閑純は、17歳。両親ともに有名な探偵だが、母の朱鷺子は4年前から行方不明。父の誠は昨年、警察類似行為で逮捕され、収監されている。純は叔父の住む大阪で独り暮らしをはじめる。母の行方の手がかりを探すなか、父母に仕事を仲介していた押井照雅という人物と会える機会が訪れる。1週間後、押井の別宅で水に満たされた木箱に入った溺死体が発見された。被害者は元探偵で“金魚”と呼ばれていた男だった。

<探偵名<調律師>。狂ったこの世の音程を正す者>

ああ~シリーズになったのですね・・・。
前作の結末がとっても印象深かったので、あのままで良かったのになぁ。
父の逮捕後、高校に通わずにバイトをしながら一人で生活する中、なんとか母の情報を手に入れたいと願う純。
前作の友人たちとも離れてしまうので、全体的に暗くて、ページがなかなか進みませんでした。
後半にようやく発生する事件も地味なんですよね。
ミステリよりも世界観を重視したストーリーなので、ついていくのに疲れました。
来年、シリーズ第3弾が刊行されるけれど、もういいかな。

長い廊下がある家/有栖川有栖 ★★★☆☆

廃村に踏み迷った大学生の青年は、夜も更けて、ようやく明かりのついた家に辿り着く。そこもやはり廃屋だったが、三人の雑誌取材チームが訪れていた。この家には幽霊が出るというのだ―。思い違い、錯誤、言い逃れに悪巧み。それぞれに歪んだ手掛かりから、臨床犯罪学者・火村英生が導き出す真相とは!?悪意ある者の奸計に、火村英生の怜悧な頭脳が挑む。切れ味抜群の本格ミステリ傑作集。(amazonより)

<しょうもないことを思いついただけです>

安定感のある短編集でした。
表題作は途中のアリスの推理にハマってしまったので、真相が少しパンチ不足。
「雪と金婚式」は既読でしたが、何度読んでも読後感が温かくて好みです。
「天空の眼」は真相とは違うところでびっくり。
まさかの成長物語でした。少し寂しい・・・。
「ロジカル・デスゲーム」の確率論にとっても納得。
でも火村さんの行動は予想がついたなぁ。

闇の喇叭/有栖川有栖 ★★★☆☆

平世21年の日本。第二次世界大戦後、ソ連の支配下におかれた北海道は日本から独立。北のスパイが日本で暗躍しているのは周知の事実。敵は外だけとはかぎらない。地方の独立を叫ぶ組織や、徴兵忌避をする者もいる。政府は国内外に監視の目を光らせ、警察は犯罪検挙率100%を目標に掲げる。探偵行為は禁じられ、探偵狩りも激しさを増した。すべてを禁じられ、存在意義を否定された探偵に何ができるのか。何をすべきなのか。

<空が静かというのは、平和ということだから>

<もう一つの日本>が舞台。北海道がエライことになってます。

設定が細部まで整っていて読み応えがあったので、もう少し動機やトリックと絡めてほしかったかな。
この設定ならではの真相、という点では弱いと感じました。

純の父親の最後のセリフがとても印象的でした。
私はかなり終盤まで「私立探偵行為が禁止の世界」という設定にあまり馴染めていなかったので少し後悔。
まさか、こんな結末だなんて。しばらく呆然としてしまいました。

赤い月、廃駅の上に/有栖川有栖 ★★☆☆☆

赤い月の光。それは邪気を招く不吉な月。鬼月が出た夜は、異界への扉が口をあける・・・。17歳の引きこもりの青年が、クロスバイクで旅に出た。ある町の廃線跡の駅舎で野宿をしていると、鉄道忌避伝説を追う30代の鉄ちゃんライターの佐光が現れる。空に赤い月が出ているのを見た青年は不気味さを振り払おうとダベり始める。

<ああ、また視てしまった>

思ったより普通の怪談集でした。
どの作品もオーソドックスな展開で斬新さが感じられません。
私は幻想的な恐怖より、久美沙織さんの『電車』のように狂気が絡んでいる方が好みなんですよね・・・。

火村英生に捧げる犯罪/有栖川有栖 ★★★☆☆

京都で、30歳のエステティシャンが扼殺された。ほどなくして、大阪府警に「これは火村英生に捧げる犯罪だ」という文面の挑戦状が届く。一方、作家の有栖川有栖のもとには「先生に盗作されたと言っている人物がいる」との怪電話が・・・。気鋭の犯罪社会学者・火村英生と、ワトソン役の作家・有栖川有栖が登場する人気シリーズ。

<とっておきの探偵に きわめつけの謎を>

どれも意外にアッサリした真相なので、最終話で全てつながるという趣向なのかと深読みしてしまいました。
表題作は期待しすぎたかも。
これは長編でもっと話を広げて欲しかったなぁ。

妃は船を沈める/有栖川有栖 ★★★☆☆

この願い事は毒だ。ゆっくりと全身に回る。
所有者の願い事を3つだけ、かなえてくれる「猿の手」。
<妃>と綽名される女と、彼女のまわりに集う男たち。
危うく震える不穏な揺り籠に抱かれて、彼らの船はどこへ向かうのだろう。
何を願って眠るのだろう。(帯より)


<そのあとで、全ては完全になる>

あれ?長編・・・というよりも連作っぽい?
「第一部 猿の左手」「幕間」「第二部 残酷な揺り籠」という、中編を組み合わせた構成。
ウィリアム・W・ジェイコブズの『猿の手』がモチーフとなっています。
『猿の手』は、内容は知っていたけれど未読。
(若干、『ペットセマタリー』とごっちゃになってた。)
この『猿の手』論議は面白かったです。
私はアリスに同感だったので、火村さんの解釈はとても新鮮でした。
第一部では車が海に転落した事件、第二部では地震の前後に起きた殺人事件。
「妃」と呼ばれる美貌の女主人と、彼女を取り巻く青年たち。
第一部の方が好みですが、どちらも丁寧なロジックでさすがだと感じました。
読後、スッキリしないのは動機がピンとこないから。
バーの雰囲気は最高なのになぁ。それ以外に不満が残るのですよね。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。

























全体的にもっと艶っぽい雰囲気だったら、動機にも説得力があるのになぁ。
「妃」にそれほど魅力を感じなかったのが残念。
第一部、冒頭の潤ちゃんが唯一本物ってことかぁ。
彼だけが心の中で悪態をついてるのかと思ってたら、その後、妃との関係が悪化したのね。
そして、偽潤ちゃん。
泳げなくてもキツイのに、泳げるにもかかわらず助けることができない。
そりゃ壮絶なトラウマでしょうよ。唸ってしまった。

壁抜け男の謎/有栖川有栖 ★★★☆☆

縦横無尽に張り巡らされた罠、目眩くアリス・ワールドのカオス!
犯人当て小説から近未来小説、敬愛する作家へのオマージュ、本格パズラー、そして官能的な物語まで、全16作品を収録。


<小説が書けない苦しみって、
      窒息する感じなんです>


前半のミステリ作品は楽しめたけれど、後半の雰囲気はあまり好みではなかったなぁ。
作家へのオマージュも最初は面白がっていたけれど、だんだんしつこく感じてしまいました。

「ガラスの檻の殺人」のみ既読。
あとは、テーマが面白いなぁ~くらいしか、特に印象に残っていません。
「恋人」はもう生理的にダメ。
「彼方にて」のような抽象的な話も苦手でした。

女王国の城/有栖川有栖 ★★★★☆

急成長の途上にある宗教団体<人類協会>の聖地、神倉。大学に顔を見せない部長を案じて、推理小説研究会の後輩アリスは江神二郎の下宿を訪れる。室内には神倉へ向かったと思しき痕跡。アリス、マリア、望月、織田の4人はレンタカーを駆って木曽路をひた走る。<城>と呼ばれる総本部で江神の安否は確認したものの、思いがけず殺人事件に直面。外界との接触を阻まれ囚われの身となった一行は決死の脱出と真相究明を試みるが、その間にも事件は続発し・・・。

<信じよう。この人ほど、信じるに値する人は稀だ>

分厚い・・・。
目次を見て「読者への挑戦」を発見した瞬間、推理は断念しました。無理無理。
15年ぶりの江神シリーズですが、たった2年前に前3作を読んだ私としては、決して「待望!!」ではなく、至極順調なペースなんですよね(汗)。
でも、アリスたち4人は相変わらず活き活きとしたキャラクターで、全くブランクを感じさせないのがスゴイ。
とても面白かったです。
一応、アリスたちは<城>に閉じ込められ、殺人事件が発生するのですが、なにぶん微妙な軟禁状態なので緊迫感が無く、中盤まで冗長に感じました。
その後、乱闘シーンや、<街>の少女が登場してから、グッと面白くなりました。
信長、格好良い!
多少、脱力系のトリックもありますが、「おお~!」と目が覚めるような衝撃はしっかり味わえました。
さすが江神さん、素晴らしいロジックです!

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。

























江神さんは、今回も魅せます。
第1、第2、第3の条件と、犯人を絞っていくロジックに、ふむふむなるほど。
そして、拳銃が11年前に聖洞に隠されていたという真相に、仰天!
過去と現在の事件が、そういう風に繋がるなんて~。
いや、過去の事件の真相は腰砕けでしたが・・・。
実は、女王が誘拐されていたというのも、すんごいサプライズ!
それが解ると、教団の理不尽な態度や、警察を呼べない理由も腑に落ちるのですよね~。
残念なのは、犯人の動機がすごく唐突に感じられたこと。
そこは伏線が欲しかったなぁ。
アリスとマリアの握手のシーンが、とても好き。
江神さんは<おやっさん>と出会えたし・・・。
冒頭とシンクロするラストも良かった。

乱鴉の島/有栖川有栖 ★★★☆☆


休養目的で小旅行に出かけた火村と有栖川は、巧妙なトリック(?)により烏島に滞在することとなる。
その島の屋敷には一流の文学者・海老原瞬を中心に、彼の崇拝者たちが集合していた。
彼らの強固な秘密主義、招かれざる客の出現、そしてとうとう殺人が・・・。
幾多の鴉が乱れ飛ぶ島で、火村の推理が冴え渡る。


う~ん・・・これは苦痛でした・・・。
有栖川さんはよく作中に他の著者の作品を引用しますが、今回は少々うんざり。
長編だからか、ポーの作品に対する講釈が長すぎるのです。
できれば他の作品の力を借りず、独自の雰囲気をつくりだして欲しいのですが・・・。
設定からしても、ヒルズ族のような人物が登場する反面、「崇拝」というレトロな関係が存在したり、最後までちくはぐな印象が拭えませんでした。
共感できる登場人物が全くいないのもキツイ。

中心となるテーマといい、とても奥深い内容なのですよね。
しかし、そこまでの興味と読解力を持ち合わせていない私としては辛かったです。

作家小説/有栖川有栖 ★★★☆☆


作家だらけの連作小説。
ミステリではありません。


『書く機械』
ここまで極限状態に追い込まれると、却って書けなくなるものなんじゃ・・・?
その点は、編集長の人を見る目があったということかしら。
ラスト、引き返せなくなった姿が憐れです。
『殺しにくるもの』
一番、面白かったです。
犯人の特徴も、一層恐怖を煽ってます。
ラストもびっくり!
こういう趣向は大好きです。
『締切二日前』
もう、作家の苦悩と焦燥感がひしひしと伝わってきます。
作中で、他の作品に使えそうなアイディアを惜しげもなく披露してますが、結構面白いのもあるのにもったいない~。
オチもすっきり。
『奇骨先生』
少し青春小説っぽい雰囲気でした。
「先生、そりゃなんでも大人気ないよ」と、思わなくもないですが結構爽やかな読後感でした。
『サイン会の憂鬱』
私はサイン会に並んだこともないし、遭遇したこともありません。
この作品も多種多様の人々が並んでいて、それがなんともリアルで面白かったです。
終盤に近づくにつれて、ガラッと雰囲気(ホラー??)が変わってしまうのですがこういう毒気も良いですね。
『作家漫才』
作家2人の掛け合いが面白い~。
「歌手は同じ曲を何度もテレビで唄えるのに、作家は同じ作品を何度も発表できない」
「歌手は舞台の上で客の反応をじかに味わうことができるのに、作家は孤独に部屋で作業するだけ」
など、卑屈な発言が飛び出します。
有栖川さんはいつもこんなこと考えてるのかしら?
『書かないでくれます?』
ああ~怖い怖い。
「金魚」のエピソードがゾーッとします。
ラストの不安感がたまりません。
『夢物語』
ずっと覚めることのない夢のお話。
「マクベス」を「マルヘ王」、「ローマの休日」を「王女の休日」と題名を変えることで、主人公の罪悪感が伝わってきます。
ラスト一行がとてもシュール。
こうなるとは思っていましたが。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。