スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁断の魔術/東野圭吾 ★★★☆☆

湯川が殺人を?
「自業自得だ。教え子に正しく科学を教えてやれなかったことに対する罰だ」。
ガリレオシリーズ初の完全書き下ろし。


<使い方を間違えれば、禁断の魔術となる>

せっかくの書き下ろしなのに長編じゃないなんて。
評判がいいので期待しすぎたのか、どれも印象に残らず。
最終話は帯で展開が読めてしまうのが残念。

虚像の道化師/東野圭吾 ★★★☆☆

新興宗教の道場から信者の男が転落死。男が勝手に窓から飛び降りたという証言の中、教祖が自分が強い念を送って男を転落させたと自首してきた。(「幻惑(まどわ)す」)。突然暴れだした男に草薙が刺された。男が勤める会社では部長が自殺、また幻聴に悩む女子社員がいた。(「心聴(きこえ)る」)。友人の結婚式でリゾートホテルを訪れた湯川と草薙だが、近くの別荘で殺人事件が発生(「偽装(よそお)う」)。劇団の演出家が殺された。凶器は芝居用のナイフだが全劇団員にアリバイがあった。(「演技(えんじ)る」)。

第一話と第二話はガリレオシリーズっぽいけれど、トリックに意外性がないといいますか、まぁそういう真相だよねぇと予想できたのが残念。
第三話は短編なのに陸の孤島が舞台。あっさり風味。
『真夏の方程式』ほどではないけれど、こういう結末ってどうも苦手なんですよね。
草薙は情にもろいタイプでもいいから、湯川のキャラはブレないでほしい。
最終話は、心理的なモノも含め、仕掛けがパッとしない印象。

あまり「なるほど!」という気持ちになれなかった一冊。
初期の頃の鋭さは感じられませんでした。

ナミヤ雑貨店の奇蹟/東野圭吾 ★★★☆☆

夢をとるか、愛をとるか。現実をとるか、理想をとるか。人情をとるか、道理をとるか。家族をとるか、将来をとるか。野望をとるか、幸せをとるか。あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。しかしその正体は…。物語が完結するとき、人知を超えた真実が明らかになる。

<人の心の声は、決して無視しちゃいかん>

『イルマーレ』や『生協の白石さん』を思い出すなど、設定に新しさは感じませんが、最近迷走状態だったミステリ(サスペンス?)な作品よりはよっぽど楽しめました。
最終章では伏線が綺麗に回収されていて好印象。
リンクが多すぎて都合の良すぎる展開も(一応)理由がつけられているし、映像化するなら問題ナシでしょう。
アドバイスにもっとエッジが効いていればなぁとは思いますが、私はお年寄りには弱いのでOKです。
いい話でした。

マスカレード・ホテル/ 東野圭吾 ★★★☆☆

都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場は、超一流ホテル・コルテシア東京らしい。殺人を阻止するため、警察は潜入捜査を開始し・・・。

<その仮面を尊重しなければなりません>

こんな題材だと、終始、高嶋政伸の顔がチラついてしまうお年頃です。
加賀さんのような優等生ではない新田のキャラは少し斬新だし、尚美も(キー入力のシーンくらいから)好感が持てるようになりました。
まったく期待していなかったからか真相は予想外でしたが、う~ん。何だか強引。回りクドイ。
人間ドラマと比べると、どうもミステリの詰めが甘く感じるのです。
昔は、どちらのクオリティも保ったまま巧く絡めてあったので余計に。
ここ数年は、ゴツイ事件を扱うほど物足りない気分になるので、またしのぶセンセのような作品を描いてみて欲しいなぁ。サヨナラしたけど。

真夏の方程式/東野圭吾 ★★★☆☆


夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に滞在することを決めた。翌朝、もう一人の宿泊客が変死体で見つかった。その男は定年退職した元警視庁の刑事だという。彼はなぜ、この美しい海を誇る町にやって来たのか…。これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは―。

<だから愚かな俺を許してほしい──>

冒頭からとても自然に物語に入っていくことができるのはさすが。
一つの事件に隠された謎を解き明かしていくという過程もシンプルで理解しやすく、湯川と子供の組み合わせという珍しさも手伝って、どんどんページが進みました。
でも、何でこんな真相なのか。
同じ「献身」がテーマの『容疑者Xの献身』では献身する人物の決意はもちろんのこと、相手の葛藤する様子にも強く胸を打たれたので、今回の結末にはまったく納得がいきません。
比べようもないくらい、アッサリした読後感でした。
まぁ、美しい海や湯川と恭平の自由研究のシーンなど、ドラマ化にはいいんじゃないでしょうか。

麒麟の翼/東野圭吾 ★★★☆☆


ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。大切な人を守りたい、それだけだった。誰も信じなくても、自分だけは信じよう――。
寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。


いい話でしたが、最高傑作なのかどうか。
(私の中でのシリーズ最高傑作は『眠りの森』。)
『新参者』のようなテイストなのに、それほど感動できず。
父親が見えなさすぎて、真相と巧く噛み合わないまま読了。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
父親の立ち回りの下手さだけが目に付いてしまった。
(エピソードが少ないので、不器用さに感動することもできない。)
刺された原因にしても、自分の息子と向き合う前に、友人に連絡するという思考が理解できないんだよなぁ。
息子が「なるべく顔を合わせないようにした」くらいで諦めた?
この事件は回避できただろうし、言ってしまえば、父親が死んだから美談になったんだと思う。

あの頃の誰か/東野圭吾 ★☆☆☆☆


メッシー、アッシー、ミツグ君、長方形の箱のような携帯電話、クリスマスイブのホテル争奪戦。
あの頃、誰もが騒がしくも華やかな好景気に躍っていました。 時が経ち、歳を取った今こそ振り返ってみませんか。 東野圭吾が多彩な技巧を駆使して描く、あなただったかもしれれない誰かの物語。



「短編だから、昔の作品だから、不満」というレベルではないです。
『犯人のいない殺人の夜』や『交通警察の夜』は、今読み返してもクオリティが高いと思います。
こちらも同じ頃に書かれた作品だと思いますが・・・一体?
あえて出版する必要があったのか、謎。

プラチナデータ/東野圭吾 ★★☆☆☆

犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。時を同じくして、システムの開発者までが殺害される。現場に残された毛髪から解析された結果・・・犯人は、神楽自身であることを示していた―。(帯より)

<おれはおれである時をおれらしく過ごすだけだ>

最近の東野作品には不満を感じることが多いですが、「ドラマ化のため」だと思えば納得できるのです。
今回もそんな感じでした。
逃走でたどり着いた土地での展開もかなりのご都合主義だし、真相も意外というよりただ強引なだけなんですよね。
スズランのキャラや逃走劇、真相解明で安っぽく豹変する犯人と訳の分からない動機など、ドラマっぽいなぁ~と思って、諦めました。
最初の展開は『マイノリティ・リポート』っぽくて好みなのに・・・。

カッコウの卵は誰のもの/東野圭吾 ★★☆☆☆


親子の愛情に、揺さぶりがかけられる。覚悟を決めた父親は、試練にどう立ち向かうのか。父と娘、親子二代続けてのトップスキーヤー。娘の所属チームの研究者は、二人の遺伝子パターンを調べさせてほしいと考える。しかし、了承するわけにはいかない。父には、どうしても知られたくない秘密があった。娘が生まれた19年前からの忌まわしい秘密が。(帯より)

ストーリーの大部分をあらすじが説明してくれていることもあり、短時間でスラスラ読むことができました。
予想したよりも意外な(そして都合のいい)展開でしたが、真相がいまいちスッキリしません。
読後数分で内容を忘れかけるほど印象が薄いです。

新参者/東野圭吾 ★★★☆☆


日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。
「どうして、あんなにいい人が・・・」
周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。
着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。(「BOOK」データベースより)


<さすがに人情の町だ>

うんうん。面白かった~。
殺人事件の捜査線上に浮かんだ人物にスポットを当て、それぞれのドラマを描いた連作短編集。
人間ドラマが一話完結なので油断するのか、連作だと解っていても別の章に伏線があるとドキッとします。
少しずつ、メインの殺人事件の真相に近づいていく展開も好みでした。
(最後の章は要らないかも。)
お気に入りは「瀬戸物屋の嫁」「洋菓子屋の店員」
優しさ溢れるエピソードに、「世の中捨てたもんじゃないよね」としみじみ感じさせられる一冊。

パラドックス13/東野圭吾 ★★★☆☆

運命の13秒。人々はどこへ消えたのか?13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。なぜ彼らだけがここにいるのか。彼らを襲った“P-13 現象”とは何か。生き延びていくために、今、この世界の数学的矛盾(パラドックス)を読み解かなければならない!

<本当に人が消えてる。こんなことって・・・>

展開が速く、さすがのリーダビリティで一気読みでした。
読んでいる間はすっごく面白いのに、やっぱり読後感は物足りないのですよね。
究極の人間ドラマのはずなのに胸に迫りくるモノが感じられないのです。
展開が速すぎるのか、登場人物に思いを入れ始める前にトラブルに巻き込まれるパターンが多くて、そういうシーンで感動したい私としてはとっても物足りない気分に。(この作品で印象に残ったシーンって「イブ発言」くらいかもしれない。)
繰り返しますが、読んでいる間はすっごく面白いです。

聖女の救済/東野圭吾 ★★★★☆


男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。
草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。
湯川が推理した真相は―虚数解。


<ありえない。そんなことをする人間がいるわけない>

う~ん。久しぶりに面白い!
地味ですが、とても読み応えのある作品でした。
物足りないのは、心理的なミスリードが見当たらなかったことかな。
『容疑者X~』と比べると、どうしてもそこが気になる。
私は途中から動機を予想していたので、ちょっとこの真相は意外というか、肩透かしを食らったような・・・。

まぁ、でも面白かったです。
作中にFさんの名前が二度も出てきて、「あ~東野さんも変わったなぁ」としんみりしてしまいました。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、戯言ですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
一番のビックリはやっぱり冒頭だよねぇ。
別れを告げられた場面かと思ったら、一年前の結婚を申し込まれた場面だったのね。
つまり「あれ(毒物)を使うしかない・・・」と考えていたのは一年前。巧いなぁ。
でも、バケツと空き缶は最初から怪しかったよねぇ。

てっきり、綾音は潤子の復讐のため、または愛情とは違う他の目的があって結婚したんだと思ってた。
だって、義孝に何一つ魅力が感じられなかったんだもん。
動機が判明したとき、「え~本気でこんな男が好きだったの~??」と綾音に幻滅してしまった。
薫が「いくらなんでも復讐のために結婚する女性はいません」と語っていたけれど、浄水器に一年も毒を仕込んでおく女性よりはよっぽどマトモに思えるんだけど。

私は捜査に私情(主に恋愛感情)を挟む刑事や探偵がめっちゃめちゃ嫌いだけれど、草薙の「それがどうした」には痺れた。
あのエピソードのおかげで、草薙を嫌いにならずに済んだ。

ガリレオの苦悩/東野圭吾 ★★★☆☆


科学を殺人の道具に使う人間は許さない、絶対に。「悪魔の手」と名乗る者から警察と湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯す彼に、天才科学者・湯川が立ち向かう。5作品を収録した「ガリレオ」論理の短篇。

<人の心も科学です。とてつもなく奥深い>

『容疑者X~』並に苦悩するのかと思えば、そんなこともない。
なぜ、このタイトルなんだろう?

少々パターン化されているのか、どれも真相が予想しやすいです。
東野作品は、短編でも複雑に絡み合った背景に読み応えを感じるんだけど、今回は意外にアッサリしてました。
それでもガリレオシリーズは好きなので、満足満足。

『落下る』アンソロジーで既読。
『操縦る』最後まで予想通り。読後感がとても良かったです。
『密室る』依頼者の意図がピンとこない。
『指標す』ガリレオシリーズでは『予知夢』のようなオカルトめいた謎を科学で証明するというテーマが好きなので、この事件が一番好みでした。でも、ものすごく小粒で拍子抜け。
『攪乱す』は先日読んだ有栖川作品と設定がカブってしまったかな。准教授ってトコも。

女性の立場で語る内容には少々違和感がありましたが、アンソロジーで読んだときよりは薫の印象がずっと良くなりました。

流星の絆/東野圭吾 ★★★☆☆


14年前、ペルセウス座流星群を見るため、夜中にこっそり家を抜け出した3兄妹。
帰宅すると、両親が惨殺されていた。
次男は裏口から出てきた男を目撃したが、結局犯人は捕まらず、事件は迷宮入りに。
その後、成長した3兄妹は裕福な男性をターゲットにする詐欺師になっていた。


<俺たちって、流れ星みたいだな>

サクサク読めて、ストーリー展開も楽しめますが、全く心に残らない作品でした。

3人が詐欺師になるという設定が、チープに感じてしまってダメでした。
彼らがそこまで歪んでしまった経緯(施設での苦労など)が、バッサリ省かれているからなぁ。
全体的に読み応えがないのです。

復讐計画も危なっかしいし、ミステリとしても物足りない。
う~ん、残念。

ダイイング・アイ/東野圭吾 ★★★☆☆

記憶を一部喪失した雨村慎介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。
なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。
事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。
しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める・・・。


<視線には力があるの>

帯に「今度の東野圭吾は悪いぞ。」とあるのですが、これは「気持ちが悪い」ということかな。
意味のないドロドロ描写にうんざりしました。

慎介が失った事故の記憶とは?
彼に近づく謎の女性の正体は?
謎は魅力的ですが、不要な伏線やエピソードが多く、読後感もすっきりしません。

それでも、やっぱり一気に読めるのですよね。
こうなったら真相はどうでもいいや~と、投げやりな気分にさせないところがスゴイ。
無難に読める東野作品でした。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
私の予想では、岸中が慎介を襲っておいて、木内に接触してないのは、その婚約者がターゲットだからだと。
復讐の手段として、ミドリを美菜絵と同じ容姿に変えているのだと思っていたのですよね。
わざわざホラーっぽくしなくても、美菜絵の眼光が原因で、ミドリの精神が不安定になったという真相でも良かったような・・・。
「あなたの子供が欲しいの~」という台詞は、最後まで謎。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。