スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テロリストのパラソル/藤原伊織 ★★★★☆

アル中バーテンダーの島村は、過去を隠し20年以上もひっそりと暮らしてきたが、新宿中央公園の爆弾テロに遭遇してから生活が急転する。
ヤクザの浅井、爆発で死んだ昔の恋人の娘・塔子らが次々と店を訪れた。
知らぬ間に巻き込まれ犯人を捜すことになった男が見た事実とは……。
史上初の乱歩賞&直木賞W受賞作。


<私たちは世代で生きてきたんじゃない。個人で生きてきたんだ>

傑作との評判を聞きながら、ハードボイルドが苦手なので敬遠していた作品。
逢坂作品が驚くくらい良かったので、こちらも手を出すことに。
う~ん、素晴らしかった。

最初、主人公・島村がアル中という設定に抵抗があったのですが、読み進めるにつれ、とても魅力的な人物へと印象が変わっていきます。
頭の回転も良いし、行動力もあるので、他の登場人物が何度も言うほどには、ノーテンキさが伝わらなかったけれど。
文章もとても読みやすく、会話がとても格好良いです。
それほど気障な台詞ではないのに、不思議。

確かにご都合主義な展開ですし、真相解明時まで島村のいくつかの行動の謎が放置されるのが、少し気になりました。
でも、グイグイ読ませる筆力と、読後の余韻が半端ないです。

タイトルが秀逸。
そのイメージに涙が出そうになりました。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
真相部分で、いろんな事実が出てくるのは、伏線が少なすぎて唐突に感じました。
まぁ、乱歩賞だしなぁ。
もしやとは思っていたけれど、やっぱり犯人=桑野には驚きました。見せ方が巧い。
終盤で、桑野の島村に対する想いが語られるのだけど、「動機の弱さ」を若干感じながらも、
なぜか納得できました。
<殺むるときもかくなすらむかテロリスト蒼きパラソルくるくる回すよ>
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。