スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透明カメレオン/道尾秀介 ★★★☆☆

ラジオのパーソナリティの恭太郎は、冴えない容姿と“特殊”な声の持ち主。今夜も、いきつけのバー「if」で仲間たちと過ごすだけの毎日を、楽しくて面白おかしい話につくり変えてリスナーに届ける。恭太郎が「if」で不審な音を耳にしたある雨の日、びしょ濡れの美女が店に迷い込んできた。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる彼らだが―。

伏線の張り方が雑なのか、最後まですべて予想通りの真相でした。驚きも切なさもヒロインの魅力もゼロ。
でも、とても評判が良いみたいなので、もう私には合わなくなったんだなぁと、今回で完全に諦めることができました。

貘の檻/道尾秀介 ★★☆☆☆

あの女が、私の目の前で死んだ。かつて父親が犯した殺人に関わり、行方不明だった女が、今になってなぜ…真相を求めて信州の寒村を訪ねた私を次々に襲う異様な出来事。果たして、誰が誰を殺したのか?薬物、写真、昆虫、地下水路など多彩な道具立てを駆使したトリックで驚愕の世界に誘う、待望の超本格ミステリー!

やっと道尾ミステリが読める!と期待した結果、悪い方のため息が漏れる読後感。
本格というより文学ミステリという印象で、事件や謎は面白いのにテーマとなる悪夢シーンがひたすら邪魔に感じる始末。
大量に出てくる方言も無味というか、耳で聞きたいと何度感じたか。
読書中、ところどころでこれまでの作品の既視感が訪れました。
これ、かなり苦労して書き上げたのでは。
はぁぁ。もう、いいや。

笑うハーレキン/道尾秀介 ★★★☆☆

経営していた会社も家族も失い、川辺の空き地に住みついた家具職人・東口。仲間と肩を寄せ合い、日銭を嫁ぐ生活。そこへ飛び込んでくる、謎の女・奈々恵。川底の哀しい人影。そして、奇妙な修理依頼と、迫りくる危険―!たくらみとエールに満ちた、エンターテインメント長篇。

<化粧の下は、じつはいつもシリアスなんです>

最近の道尾作品の中では珍しく丁寧に読めた気がします。
深読みしなくてもほとんど予想通りの展開でしたが、唯一、東口の隠していた真実には驚きました。これは切ない。
それまでの印象が変わってしまうタイプの真相なので、もう少しフォローが必要だったかも。
それにしても、後半から突然エンターテインメント路線なんですよね。
この違和感の凄さったら。持ってくる事件を間違えたとしか思えない。

ノエル/道尾秀介 ★★★☆☆


物語をつくってごらん。きっと、自分の望む世界が開けるから――理不尽な暴力を躱(かわ)すために、絵本作りを始めた中学生の男女。妹の誕生と祖母の病で不安に陥り、絵本に救いをもとめる少女。最愛の妻を亡くし、生き甲斐を見失った老境の元教師。それぞれの切ない人生を「物語」が変えていく……どうしようもない現実に舞い降りた、奇跡のようなチェーン・ストーリー。


<世界は少しだけ明るくなった>

伏線バッチリで一番好みの「光の箱」が既読だからか、連作の魅力があまり感じられなかったかも。
どれも読後感がいいですが、登場人物の心理描写だけがやたら印象に残って、ストーリーはほぼ忘れかけております。
そして『プロムナード』にもあるように、どうしても童話(絵本?)を載せたかったのかもしれませんが、絶望的に面白くないことが残念だったり。

光/道尾秀介 ★★★☆☆

真っ赤に染まった小川の水。湖から魚がいなくなった本当の理由と、人魚伝説。洞窟の中、不意に襲いかかる怪異。ホタルを、大切な人にもう一度見せること。去っていく友人に、どうしても贈り物がしたかったこと。誰にも言っていない将来の夢と、決死の大冒険―。

<薄暗い場所から、光を見ている>

「夏の光」は既読。連作だったのですね。

利一を気にかけて連絡をくれた清孝や、清孝を思いやって「一人で逃げていいからね」と声をかける利一、嫌味な宏樹に対して素直な感情を表す慎司など、子供たちのキャラクターが光っています。
幼いのにちゃんと真剣な友情に思わずホロリとしちゃうのですよね。

子供ならではの発想やエピソードに懐かしい感情は呼び起こされるのですが、ストーリー展開にはあまり惹かれず、なかなかページが進まなかったのが残念。

それにしても、タイトルからして「光の箱」を収録した短編集だと思い込んでましたよ。(「弓投げ~」も収録してあれば、かなりトリッキーな短編集かと。)

水の柩/道尾秀介 ★★☆☆☆

老舗旅館の長男、中学校二年生の逸夫は、自分が“普通”で退屈なことを嘆いていた。同級生の敦子は両親が離婚、級友からいじめを受け、誰より“普通”を欲していた。文化祭をきっかけに、二人は言葉を交わすようになる。「タイムカプセルの手紙、いっしょに取り替えない?」敦子の頼みが、逸夫の世界を急に色付け始める。だが、少女には秘めた決意があった。逸夫の家族が抱える、湖に沈んだ秘密とは。大切な人たちの中で、少年には何ができるのか。

<湖の水が、とても綺麗だったからだ>

絶賛されていますが、やっぱりこういう路線は私には合わないと確信しました。
『光媒の花』では「アリかも!?」と思ったんだけどなぁ・・・。
主人公の逸夫は普通にいい子で祖母との関係も微笑ましく、敦子の境遇は厳しいけれどそれほど強烈な描写はない。
これまでと比べてクセがなくなった分、とても読みやすく、とても凡庸な作品でした。
「タイムカプセルの手紙を取り替えたい」理由は、もう少しヒネリがあるのかと思ったのですが。
いくつかの伏線から予想してた通りの真相。新しさを感じません。
私の場合、感動はサプライズと共にやってきてほしいタイプなので、まったく心を揺さぶられることもなく、やや寂しい読後感となりました。

カササギたちの四季/道尾秀介 ★★★☆☆


開店して2年。店員は2人。「リサイクルショップ・カササギ」は、赤字経営を2年継続中の、ちいさな店だ。店長の華沙々木は、謎めいた事件があると、商売そっちのけで首を突っ込みたがるし、副店長の日暮は、売り物にならないようなガラクタを高く買い取らされてばかり。でも、しょっちゅう入り浸っている中学生の菜美は、居心地がいいのか、なかなか帰ろうとしない―。

<出番ね、華沙々木さん>

毎回、華沙々木の推理を日暮がリペアするというパターンなので、どんでん返しを楽しむ作品ではないのですが、それにしても地味でした。
華沙々木の推理(そしてキャラ)がもう少し破天荒なら、違う楽しみ方があるのになぁ。とっても印象が薄いです。
帯や作中の意味深な煽りから「彼女を落胆させてはならない」理由に全力で期待したのですが、こちらも説得力が弱くてガッカリ。
心が温まるストーリーで読み心地もとてもいいです。それだけです。

月と蟹/道尾秀介 ★★★☆☆

「ヤドカミ様に、お願いしてみようか」「叶えてくれると思うで。何でも」やり場のない心を抱えた子供たちが始めた、ヤドカリを神様に見立てるささやかな儀式。やがてねじれた祈りは大人たちに、そして少年たち自身に、不穏なハサミを振り上げる―やさしくも哀しい祈りが胸を衝く、俊英の最新長篇小説。(帯より)

<何かに取り囲まれていく>

あ~。気が滅入るストーリーだった~。
一つひとつの表現にはグッとくるのですが、どうにも展開が地味・・・というかどこかで読んだような気分になるのは私だけなのでしょうか。
読後感も、とてもあっけなかったのです。
ミステリじゃないなら、せめてまほかるさんのようなズンとした余韻を残す作品を描いてほしいなぁ。
よく評されているように、これが「直木賞狙い」だったらどれだけいいか。
私はミステリのネタが尽きたのではないかと心配している。

プロムナード/道尾秀介 ★★★☆☆

作家になるまでの道程から、昔好きだった女の子との話まで…。一篇一篇に驚きが詰まった、新感覚のエッセイ54篇に加え、17歳のときに初めて描いた絵本『緑色のうさぎの話』。19歳のときに初めて文字で綴った戯曲『誰かが出て行く』も特別に収録。 (帯より)

<ミステリーとしてはナニナニの問題点があるが、
              物語としては面白い>


道尾さんの初エッセイ。
『月の恋人』のエピソードとかぶるネタがあるので、そちらを先に読んでおいてよかった~とホッとしました。
印象に残ったのは「先生」と呼び合うバーの話。
こんなバー、行ってみたい!

絵本「緑色のうさぎの話」は、味のある絵と急転するストーリーに呆然、戯曲「誰かが出て行く」は、以前インタビューでサラッと内容を紹介したときの方がゾッとしました。
そして「ジャンルと色眼鏡とリドル・ストーリー」では読者に対する「お願い」が書かれています。
私もよく「ミステリとしては・・・」という感想を書くので、この主張にはドキッとしました。
もちろん言いたいことも解ります。
でも、その哀しい気持ちをエッセイに綴っちゃうほどたくさんの読者が「色眼鏡をかけて」読んでいるとしたら、やっぱり方向性が微妙なんじゃないかなぁとか思ったりして。
一度、別名義で書いてみればいいのに。
いまさら「道尾秀介」の作品を先入観ナシで読むのはなかなか難しいぞ。

それにしても、「向日葵~」が出版されたとき、読者の批判の声に「読者の感想なんて二の次、自分の書きたいものを書く!(←だいたいこんな感じ)」のような強気のスタンスだった道尾さんが、「お願い」をするようになるとは・・・。
ちょっとショック。

10/27追記・テレビで筒井康隆さんがイイコト仰ってたのでメモしておこう。
「(現代文学において)作者がテーマを決めてはいけない。読者には誤読の自由がある。作家が自分の作品に対していろいろ言ったとしても、それはたくさんある批評の中の一つにすぎない」

月の恋人/道尾秀介 ★★☆☆☆

冷徹にビジネスを成功させる青年社長・葉月蓮介が、夜の上海で巡り合った女。ありえない二人の物語は、美貌の中国人モデルや、部下の社員らを巻き込み予測不能の展開に…。旬のエンターテインメント作家がフジテレビ月9ドラマのために書下ろした、話題沸騰の恋愛劇。(amazon内容より)

<―そう、お前は幸せになる。絶対にな>

う~ん。これは残念。
ドラマ用に書き上げた作品なので仕方がないとはいえ、チープな展開の連続に苦笑しまくりでした。

シュウメイが絶世の美女というのはいいとして、その他のキャラの容姿についてまったく触れられないので、少しイメージしにくかったです。(ドラマを観ていないからかも?)
特に弥生なんてそこそこ綺麗でなきゃモテる訳がない、と言い切れるほど他に魅力を感じることができませんでした。
一方、「おんちゃん」の店主はお気に入り。
巨大明太子おにぎりが食べたい。

あとがきの<何でも自由に書いていいと言われていたら、きっとまったく別のものが出来上がっていたはずです>という一文から、テレビ局側の制約にあまり納得していないのかなと感じました。
(制約しといて、原作とドラマの内容が大幅に異なっているのもどうなのか。)
次はぜひ、自由に書いてね。

光媒の花/道尾秀介 ★★★★☆


もう、駄目だと思った。それでも世界は、続いていた―
少女は無限の想像力でこの世界を生き延び、少年はたった一つの思い出にしがみつく。
一匹の蝶が見た悲しみの先に広がる光景とは・・・渾身の連作群像劇。(帯より)




<世界を全部入れちゃうことだって、できるんだよ>


前章の登場人物が主人公になる形式の連作短編集なのですが、この主人公のセレクトが意外で興味深かったです。
強く印象に残ったのは、とても綺麗で哀しいイメージに胸が苦しくなった「冬の蝶」

ずっと、人間の感情を描くことに重点を置いて活動されていた道尾さん。
これまで私は道尾作品で感情描写を特別に感じることが少なく、ミステリの技巧だけに注目していました。
でも、この作品は飛び抜けて素晴らしかった。
読後、タイトルと装丁の見事さにため息が出ました。

球体の蛇/道尾秀介 ★★☆☆☆

呑み込んだ嘘は、一生吐き出すことは出来ない―。
1992年秋。17歳だった私・友彦は両親の離婚により、隣の橋塚家に居候していた。主人の乙太郎さんと娘のナオ。奥さんと姉娘サヨは7年前、キャンプ場の火事が原因で亡くなっていた。乙太郎の手伝いとして白蟻駆除に行った屋敷で、私は死んだサヨに似た女性に出会う。彼女に強く惹かれた私は、夜ごとその屋敷の床下に潜り込み、老主人と彼女の情事を盗み聞きするようになる。


<誰も悪くないよ>

第一章のサヨのエピソードは本当に魅力的でした。
彼女が最後までしっかり描かれていたなら、ミステリじゃなくても満足できたかもしれません。
真相も、もう少しガツンときて欲しかった。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方
は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。

たとえば。
友彦が床下で聞いたのは「情事」の音ではなかったり、とか。男女逆とか。
「トウコ」は名前ではなかったり、とか。
実は智子はチーちゃんだったり(←年齢が合わないけど)、とか。
いつもの道尾作品だったら・・・という予想がすべてハズレ。
これがマンネリ化回避の作戦だったら本当に凄いし、「やられた!」って気分なんだけど・・・こんなに面白くなくなるとは。

花と流れ星/道尾秀介 ★★★☆☆


死んだ妻に会いたくて、霊現象探求所を構えている真備。その助手の凛。凛にほのかな思いをよせる、売れないホラー作家の道尾。三人のもとに、今日も、傷ついた心を持った人たちがふらりと訪れる。友人の両親を殺した犯人を見つけたい少年。拾った仔猫を殺してしまった少女。自分のせいで孫を亡くした老人・・・。彼らには、誰にも打ち明けられない秘密があった。

<流れ星、見たことある?>

「流れ星のつくり方」
『向日葵の咲かない夏』の次に好きな作品。
最初に読んだのが『本格ミステリ06』でだったので、あれから3年経ってやっと1冊に纏まったのですね。
いろんなアンソロジーに収録されていたので何度も読んでますが、やっぱりこの中でもダントツでした。無駄がなくて美しい!
「モルグ街の奇術」
これは「オグロアラダ」「どうして犬は」のように以前ネット上に書かれていたという「手首から先」が基になってるのかな?
怖いというより気持ち悪くて、とにかく個人的には「ナシ!」でした。
「オディ&デコ」
無意識に後味の悪さを想像してしまったため拍子抜け。
「箱の中の隼」はなんだか退屈で、「花と氷」も先が読めてしまいました。

特に真備シリーズにする必要を感じない内容でしたが、3人のやりとり(特に道尾の扱われ方の軽さ)が好きなので満足です。
もっと短めの、ショートショートも読んでみたいな~。

龍神の雨/道尾秀介 ★★★☆☆

人は、やむにやまれぬ犯罪に対し、どこまで償いを負わねばならないのだろう。
そして今、未曾有の台風が二組の家族を襲う。
最注目の新鋭が描く、慟哭と贖罪の最新長編。


<ねじ曲がって、もう一回ねじ曲がったんだ―>

『シャドウ』や『ラットマン』よりミスリーディングに対するストレスを感じなかったせいか、ストレートにガツンとやられてしまいました。
道尾作品で1つの真相にこれほど驚いたのって、(評判はあまり芳しくないけど)『片眼の猿』以来かと。
そこからラストに至るまでが長かったので読後感はさほどでもありませんでしたが、インパクトの大きさには満足しました。
素直に面白かったです。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
真相にこれほど衝撃を受けたのは、「犯人の有無」を全く意識せず読んでいた(そういう話だと思わなかった)からだと思う。

たとえ楓が睦男を殺害したとしても、スカーフで首を絞めたり、食料庫に隠したりは無理だろうと怪しんだけどさぁ・・・。
それでも、まさか半沢が関係しているなんて、これっっっっぽっちも考えてなかったのさ!
お菓子(うまい棒?)が袋の中で折れてるからってお釣りをくれたエピソードで、「何てイイ人!」ってちょっと感動したくらいだし!
・・・終盤のチープなサイコっぷりは・・・、ないわ~。

あとですね。
「ベッドの揺れ」の真相がどーであろうとも、楓の体操服を盗んだ理由がハッキリしない限り、半沢と辰也の変態度はイーブンなんですが。
これならいっそ、「辰也は楓に好意を寄せている」というところからひっくり返して欲しかった。

蓮が真相を知るきっかけとなった吉岡との再会はさすがに都合良すぎだし、睦男も・・・これで暴力さえ振るってなかったらもっと感動したのに・・・。
ラスト、雨で蓮の電話が不通になって、睦男の死体は事故の可能性が高いと判断されて・・・その後、どうなるのか分らないけれど、とりあえずホッとした。

鬼の跫音/道尾秀介 ★★★★☆


心の中に生まれた鬼が、私を追いかけてくる。
―もう絶対に逃げ切れないところまで。
一篇ごとに繰り返される驚愕、そして震撼。
ミステリと文芸の壁を軽々と越えた期待の俊英・道尾秀介、初の短篇集にして最高傑作。(帯より)


<私たちの心は壊れてなんかいない>

『箱詰めの文字』は既読。

短篇集だけれど、それぞれ鴉と「S」という登場人物(の名前)が共通しています。
乙一や小林泰三作品のように、どれも最初から不穏な違和感が漂っていてとっても好みでした。

最初の四篇は「巧いなぁ~」と思いつつも正直あまりピンとこなかったのですが、そこからが凄かったです。
『冬の鬼』は真相に驚いて、最初に戻るとまた衝撃を受けるという、切なさと技巧が光る作品。
そして、強烈な印象が残った『悪意の顔』
これ、予備知識がなくて本当に助かった。
私もここまでにしておこう。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、戯言ですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
『悪意の顔』はラスト一行で、呆然。
それまでの傾向による「大体、黒い終わり方をするんだな」という先入観がなぜかどっかいっちゃってて、ページ数も少ないことから「いい話だなぁ」で終わるんだとばかり。
これまた『流れ星の作り方』と同じく、次のページを捲ったところに最後の一撃を用意している趣向がニクイわぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。