スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃走/薬丸岳 ★★☆☆☆

早期解決を確実視された殺人事件。
容疑者の若者は何のために逃げ続けるのか?


う~ん。『死命』でも感じたけれど、何のヒネリもない情報を引っ張りすぎることでガッカリさせられるといいますか。
普通のタイミングで「母の過去にまつわる出来事」が書かれていれば、すぐに真相に辿り着けてしまうプロットなのですよね。
あと一転くらいしてほしかったなぁ。
逃走の理由も、過去の事件の真相も、とっても不自然。
これからはエンタメの路線でいくのかなぁ。

死命/薬丸岳 ★★★☆☆

榊信一は大学時代に恋人を絞め殺しかけ、自分の中に眠る、すべての女に向けられた殺人願望に気づく。ある日、自分が病に冒され余命僅かと知り、欲望に忠実に生きることを決意する。それは連続殺人の始まりだった。榊の元恋人だけが榊の過去の秘密を知るなか、事件を追う刑事、蒼井凌にも病が襲いかかり、死へのカウントダウンが鳴り響く。そして事件は予想もしない方向へ。

<新しい世界っていったい何・・・!>

終盤こそ失速しましたが、それでも読み応えは十分でした。
榊の殺人の衝動に駆られるという心理に共感できるはずがないので、せめて、医者の宣告から「新しい世界」へと踏み出すまで、もう少し葛藤が欲しかったなぁ。
元恋人との再会が「新しい世界」へ踏み出した後だったとしたら、まだ納得できたかも。
真相が予想しやすいので、あえてミステリ仕立てにしなくても良かったような。

ハードラック/薬丸岳 ★★★☆☆

人生をやり直したかったのだ。ネットカフェ難民相沢仁は、闇の提示板で募った仲間と軽井沢の金持ちの屋敷に押し入った。だが物色中、仁は何者かに頭を殴られて昏倒。ようやく独り逃げた彼は報道で、屋敷が全焼し、三人の他殺体が発見されたと知る。家人には危害を加えないはずが、おれは仲間にはめられた。三人殺しでは死刑は確実。正体も知らぬ仲間を、仁は自力で見つけねばならなくなった…。

<どうやら腐った藁にすがってしまったんですね>

ストーリーが面白いので、ドラマ化してもいいかも。
でも、伏線が分かりやすいので一切ミスリードに翻弄されることがないという、ミステリ的にはもの足りない結果に。
仁の真犯人探しがトントン拍子に進むので、あらすじで想像するほどの緊迫感はないです。
周りがやけに協力的で個人情報をペラペラ喋ってくれるのが不自然だったり。
森下が再登場してから、ますます役立たずの鈴木と仁が行動を共にする意味が分からなくなったり。
犯人の動機も説得力が乏しいような。
もう少しメンバーの間にドラマがほしかったなぁ。

あと、『ユージュアル・サスペクツ』のネタバレはいただけない。

刑事のまなざし/薬丸岳 ★★★☆☆

『オムライス』…内縁の夫が焼け死んだ台所の流しの「オムライスの皿」、『黒い履歴』…クレーンゲームのぬいぐるみ「ももちゃん」、『ハートレス』…ホームレスに夏目が振舞った手料理「ひっつみ」、『傷痕』…自傷行為を重ねる女子高生が遭っていた「痴漢被害」、『プライド』…ボクシングジムでの「スパーリング」真剣勝負、『休日』…尾行した中学生がコンビニ前でかけた「公衆電話」、『刑事のまなざし』…夏目の愛娘を十年前に襲った「通り魔事件」、過去と闘う男だから見抜ける真実がある。

<刑務所に行くことが罪を償うことではありません>

刑事・夏目が関わる事件を通して、彼が法務技官から警察官へ転職をした理由が明らかになっていく。

「オムライス」「黒い履歴」「ハートレス」は既読。
「傷痕」・・・犯人が不憫だとしか思えない。
「プライド」・・・真相は想像できたけど、「カイくん」のネーミングも含め、被害者が変。
「休日」・・・いい話だけれど印象が薄い。
「刑事のまなざし」・・・犯人の思考回路が理解できない。これは短編では無理じゃないかな。

どれも、結末にもの足りなさを感じます。
この中だと、やっぱり「オムライス」の真相が一番インパクトが強いかなぁ。

悪党/薬丸岳 ★★★★☆

不祥事で職を追われた元警官の佐伯修一は、今は埼玉の探偵事務所に籍を置いている。ある日、老夫婦から人捜しの依頼が舞い込んだ。自分たちの息子を殺し、少年院を出て社会復帰しているはずの男を捜し出し、さらに、その男を赦すべきか赦すべきでないのか、その判断材料を見つけて欲しいというのだ。この仕事に後ろ向きだった佐伯は所長の命令で調査を開始する。実は、佐伯もかつて身内を殺された犯罪被害者遺族なのだった。

<おれたちは絶対に不幸になっちゃいけないんだ>

今回も、主なテーマは犯罪被害者遺族の心の葛藤。
この作家はブレないですね。抜群の安定感でした。

出所後の加害者の行方を捜す仕事なので、依頼人に犯罪被害者遺族が多くても不自然ではないという設定が巧いなぁ。
(所長や弁護士については少し都合が良すぎたかも。)
短編なので物足りなさも感じましたが、いろんなタイプの犯罪とそれぞれ立場の違う関係者の心境にとても興味を持ちました。
恋人の存在が主人公を救うという流れが新鮮味がなくて少し残念。

こんな風に探偵事務所に頼まないと消息が掴めない、自分が命を奪った人物の命日に訪ねもしない加害者なんて、どんなボランティアに参加しようが周りに貢献しようが、本当の意味で更正できてはいないと思うんですけどね。
第一章の老夫婦は、もし佐伯が別の答えを出したなら納得できたのかなぁ。

虚夢/薬丸岳 ★★★★☆

娘を殺した犯人が目の前を歩いている!
愛娘を奪い去った通り魔事件の犯人は「心神喪失」で罪に問われなかった。
運命を大きく狂わされた夫婦はついに離婚するが、事件から4年後、元妻が街で偶然すれ違ったのは、忘れもしない「あの男」だった。(帯より)


<今度は絶対に守るから・・・>

第1作では少年犯罪、2作目では幼児への性犯罪と、毎回難しいテーマを扱っている薬丸作品。
そして今回は精神障害者による犯罪。
冒頭の殺傷シーンはどうしても秋葉原の事件を連想してしまい、気持ちが沈んでしまいました。

ストーリーは、愛娘を失った三上と、離婚した妻の再婚相手・坂本、キャバ嬢・ゆきの視点で進みます。
この構成のおかげか、前2作ほどは読書中の重苦しさを感じませんでした。
一見何の関わりも持たないエピソードが、少しずつ交じり合い、最後に大きな意味をもって表れるのです。

終盤、あまりにも哀しいサプライズに胸が締め付けられました。
ラストはアッサリしていて少し説明不足の印象もありますが、読み応えのある作品でした。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
同じような真相の作品を読んだことがありますが、まさか、佐和子が・・・とは全く思いもよらなかった。
三上や精神科医が本人には知らせるまいとしていた佐和子の「統合失調症」という診断。
坂本からやっとその言葉を聞き出すことができた彼女の心情はどんなだったのだろう。
ラスト、ゆきの実情にもう少しページを費やして欲しかったかな。

闇の底/薬丸岳 ★★☆☆☆


少女を犠牲者とした痛ましい性犯罪事件が起きるたびに、かつて同様の罪を犯した前歴者が首なし死体となって発見される。
身勝手な欲望が産む犯行を殺人で抑止しようとする予告殺人。
狂気の劇場型犯罪が日本中を巻き込んだ。
『天使のナイフ』の薬丸岳が描く、欲望の闇の果て。


<罪深き者どもよ、よく見るがいい>

今回のテーマはぺドフィリア。
アメリカ精神医学会刊行の『精神障害の診断・統計マニュアル』が定義するパラフィリア(性倒錯)のひとつで幼児性愛のことだそうです。
幼児への性犯罪の前歴のある人物を殺害していくサンソン(死刑執行人)と、性犯罪事件の犯人を追うと共に、サンソンの正体を突き止めようとする警察。
2つのストーリーが交互に進みます。

ページを進めるのが本当に辛かったです。
どうしても、現実に起こった事件を思い出さずにはいられない。
刑事やサンソンの愛する娘たちの描写が、事件の残酷さを強調しています。
被害者家族の癒えることのない悲しみ。
刑期を終えたことで罪を償ったと勘違いする前科者たち。
過去に妹を性的被害で亡くした刑事・長瀬の性犯罪者に対する怒り。
重いテーマをスムーズに読ませる筆力はさすがだと感じました。
しかし、ここから酷評に・・・。
全体的に短すぎる気がします。
ミステリ的な仕掛けも全て想像通りだったからか、前作の緻密なプロットと比べて大変物足りない。
もう少し書き込んで欲しい部分があったのですが・・・。
警察内部の人間関係にも目新しさがなく、魅力が感じられませんでした。
長瀬の尊敬する上司の言動も納得できないし。
唐突な展開も目に付き、意外なラストには仰天よりも動揺しました。
これで終わり・・・?と。
結局、事件の残酷さだけが印象に残り、著者が何を伝えたかったのかが理解できていません。
でも、再読は無理です。

天使のナイフ/薬丸岳 ★★★★☆


図書館に予約してから手元に届くまで、こんなに待たされたことは今までありませんでした。
もう一気読みです。とても面白い!

主人公・桧山の周辺で起こる殺人事件。
それをきっかけに、彼は4年前に妻を殺害した3人の少年たちの状況を調べ始める。


<この国は限定的にも殺人を認めるっていうんですか!>

序盤では少年法に対する桧山の憤りや無念さが痛いほど伝わってきます。
彼の訴えは決して極論なんかではなく、全て「そう!そう!」と頷きたくなるものばかり。
まるで、私の中のうまく形にならない想いを代弁してくれるかのように。
どうしても被害者側に肩入れしてしまうからか、弁護士はともかく、少年を擁護する寮長の言葉に全く説得力がないように感じました。
「厳罰」とまではいかなくても、被害者側の「知る権利」は当然優先されるべきなのではないでしょうか。

こんな難しいテーマを扱いながら、ミステリとしても素晴らしい出来になっています。
まさか「犯人当て」形式だとは思わず、驚きました。
多少の強引さを差し引いても、二転三転の真相には大満足です!

ストーリー展開はほぼ予想通りなのですが、絶妙な演出で全く飽きさせません。
筆致が丁寧なのか、情景が次々目に浮かぶようで、読書というよりドラマを見ている気分でした。
少し『13階段』の読後感と似ています。

桧山の娘・愛実の愛らしさが、重くなりがちな雰囲気を和らげています。
彼女のような存在の有無が『さまよう刃』との大きな違いだったのでしょうね。
とても救われるラストでした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。