スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誘う森/吉永南央 ★★★☆☆

1年前のあの日、妻の香映は自殺してしまった。何の前触れもなく。未だに妻の死を受け入れられない洋介。不眠症を患った洋介は町を歩き肉体的な疲労で、この状態から脱しようと試みる。しかし、彼女の過去の断片が、町のあちこちに散らばっている・・・。謎に満ちた妻の過去から、死の真相を探る決意を固める洋介。自殺の名所と呼ばれる森で、自殺防止のボランティア活動をしていた彼女に、いったい何が起きたのか。少しずつ暴かれていく真実は、かの森へと洋介を導く。

<胸がシーンとする>

初めての作家さんですが、相性が悪いのか、文章がなかなか頭に入ってこなくて苦労しました。

洋介が妻・香映の死の原因を探るストーリーが中心で、生前の香映視点のストーリーを挟むことによりミステリ度がグッと高まりました。(ある意味、気分転換になったかも。)
何もかもが秘密めいていて、新事実が明らかにされると同時に、謎がどんどん深まっていく展開はとても好みでした。じれったさも感じましたが。

真相は・・・納得できるけれど、やや歪な印象。
ここぞというときの描写が足りないような。
なんだか疲れました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。