スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡霊ふたり/詠坂雄二 ★★☆☆☆

名探偵の資質とは、謎を解き明かす能力以上に、謎に出合う能力。名探偵志願の女子高生は、そうそう出合えるわけもない魅力的な謎を求め、日夜努力を積み重ねる。自らの探偵活動に、彼女は毎度ボクシング部所属の男子高生をつき合わせるが、彼女は知らなかった―彼が卒業までにひとをひとり殺そうと計画している、殺人者志願の少年であることを!ミステリというフィルターを通してしか書き得なかった、ヴィヴィッドな青春小説の傑作登場。

『遠海事件』が未読だと疎外感を味わうことになる内容なので、あらすじから期待したほどには楽しめませんでした。
少年が殺人者を志願する動機や熱意が「?」なので、事件や謎にもう少し理解不能な部分があってほしかったなぁ。
全体的にとても地味な印象。青春小説としてはいいのかも。

乾いた屍体は蛆も湧かない/詠坂雄二 ★★★☆☆

…ゾンビになりたい。ずっとそう思って生きてきた。漫画家になる夢を諦め、日々を漫然と暮らすだけの僕。死んだようにただ生きている、僕と似た仲間たち…。そんな四人が見つけた廃墟の屍体。これが人生の分岐点!?と思ったのもつかの間、屍体は忽然と姿を消してしまった!「働いたら負け」と思っているワケでもないけど、「屍体を見つけたから勝ち」ってワケじゃない。だけど僕は探し出してみせる。自分を、変えるために。(amazonより)

<消えた屍体と、隠した誰かを>

中盤で「あ、そういう話だったの?」とピンときますが、「屍体を隠した理由」はなかなか好みでした。
(フェアなのかどうか、やや疑問だったり。)
読後感が良いです。それが一番、意外でした。

ドゥルシネーアの休日/詠坂雄二 ★★★☆☆


十年前の連続無差別殺人事件の模倣犯を追う捜査一課刑事・雪見喜代志。
全寮制女子校の聖堂で天に赦しを乞うために祈り続ける罪人・山村朝里。
死地をも厭わず数々の難事件と対峙してきた傷だらけの泥犬・藍川慎司。
三人揃って怒涛の急展開。(帯より)


<わたしに罰を与えてくれる刑吏はどこにいるの?>

第一章を読んだ印象では、もっと面白い真相を期待したのですが・・・う~ん。
第二章で雰囲気がガラッと変わりますが、第一章とのつながり方は好みでした。
『遠海事件』が未読だからか、沢木の功績の話や、月島前線企画の元・メンバーたちのやりとりにいちいち醒めてしまうのですよ。
先に『遠海事件』を読んでおくべきだったかなぁ。失敗。

リロ・グラ・シスタ/詠坂雄二 ★★★☆☆

吏塚高校の屋上で発見された、在校生の墜落死体。
同じ頃、校内では名高い「吏塚の名探偵」が受けた、奇妙な依頼。
それは、この事件での依頼人の無実を証明すること・・・。
独特の文体、凝りまくった趣向。
“青春彷徨推理小説(イミテーション・ハードボイルド)”を自称して、ずいぶんと奇妙な才能が出現した! 全4色で本文を印刷したスペシャル仕様!(光文社サイトより)


<優越を砕くのはいつだって無味乾燥な現実だ>

・・・と、こういう言い回しが延々続く学園ハードボイルド。
会話ももちろん洒落ているので、パッと見では意味が解らない台詞もあり、本気で考えたりもしました。
まぁ、最初こそ引き気味でしたがだんだん慣れてきます。
不思議ですが、それほど読み辛さは感じませんでした。

展開もトリックもキャラクターもオーソドックスで好みなんですよね。
意外にもちゃんとしたミステリで、根底にある真面目さが伝わってきて好印象なのです。
最後まで予想通りでしたが、なかなか楽しめました。
四色刷りに意味が無かったのが残念かな。

ずっと気になってた「リロ・グラ・シスタ」とは「the little glass sister」の意味。
『リルラリルハ』みたいなモンですな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。