スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年探偵/小路幸也 ★★☆☆☆

世間を騒がせる怪人二十面相の秘密を知り、身を挺して真実を伝えようとした少年と、彼に「力」を授ける謎の紳士。退廃に沈むかつての名探偵が立ち上がり、少年と出会うとき、あの「少年探偵団」の冒険が再び甦る。少年探偵団の哀しくも美しい世界をご堪能あれ!

第二弾の藤谷作品が楽しめたので、期待しすぎました。
表紙イラストから予想すべきでしたが、完璧に別物の「雰囲気乱歩」。
まさかこんなにも設定をアレンジしているなんて思ってなかったので、最初は必死で記憶とすり合わせたり深読みしたりしましたよ。
文章もストーリーもあまり子ども向けではないし、小路作品の読者ならともかく乱歩の思い出を大切にしている人は読まなくても大丈夫という印象。
怪人二十面相の正体は意外性があって好みなのですがねぇ。
読後は消化不良と脱力感でいっぱいでした。

叛徒/下村敦史 ★★★☆☆

新宿署の通訳捜査官・七崎隆一は、歌舞伎町で起きた殺人事件の第一発見者の取り調べの通訳を担当する。数日前から家に帰らない息子の部屋で、逃走中の犯人が着ていたと思われる血まみれのジャンパーを発見した七崎は、息子が犯人である可能性に戦慄し、“通訳”を武器に孤独な捜査を始めるが――。家族を巡る贖罪の警察小説は衝撃の結末を迎える。

主人公に対する不信感がずっと付きまとう、とても読み辛い作品でした。(文章も少しぎこちないような気が。)
通訳捜査官という設定をうまく生かしているとは思うのですが、やっぱり任務の逸脱には抵抗を感じてしまいます。
事件の真相はシンプルで、ミスリード的なものにもまったく引っかからず。
取り上げている社会問題も、前作ほどの目新しい内容ではありませんでした。

北半球の南十字星/沢村浩輔 ★★☆☆☆

海賊連合“南十字星”の首魁アルバート・リスターが、海軍提督バロウズ卿を誘拐した。そこで海軍諜報部のマクミラン少佐は、剣の名手であるアラン・クリフォード大尉に“南十字星”の潜入を命じる。アランの相棒は、かつての名優で大酒飲みのダニエル・ソープ。底知れなさと適当さを併せ持つソープに振り回されながらも、アランは剣の腕と運を絡みに“南十字星”への接近を試みる。だが、彼を待ち受けていたのは、大海賊が遺した幻の財宝捜しと孤島で起きる連続殺人だった!

50ページほど読んで不安になるほど文章やキャラクターの魅力が乏しく、肉付けが下手なのか不要なエピソードも多くて、そのうえ殺人事件が起こるのが遅いのです。
最初は人物紹介をせっせと確認していましたが、途中から、描き分けができないのになぜこんなに登場させるのかとイライラし通しでした。(人物紹介も簡潔すぎてあまり意味がない。)
海賊がテーマなのに爽快だと感じたのはラストシーンのみ。
ところどころ、意外な展開もあるのですがねぇ・・・うーん。

人間の顔は食べづらい/白井智之 ★★★☆☆

世界的に流行した新型ウイルスは食物連鎖で多様な生物に感染し、爆発的な数の死者をもたらした。ヒトにのみ有効な抗ウイルス薬を開発した人類は、安全な食料の確保のため、人間のクローンを食用に飼育するようになる。食用クローン人間の飼育施設で働く和志は、自宅で自らのクローンを違法に育てていた。ある日、首なしで出荷されたはずのクローン人間の商品ケースから、生首が発見される事件が発生する。和志は事件の容疑者とされるが、それは壮大な悪夢のはじまりに過ぎなかった―。

<だからって人間の肉を食べさせるんですか>

特殊な設定ですが、読んでいくうちに「自分のクローンでないと食べるのに抵抗がある」という感覚に納得してしまいそうになったり、「いくら自分のクローンだと言われても、顔がないまま送られてきたら疑っちゃうよなぁ」と自分に置き換えて考えるほどの余裕が出てきました。
グロ描写もそれほどキツくなくて、和志の暴力シーンやチャー坊との会話が飴村作品っぽいなぁと。
真相は大体想像がつきますが、伏線の意外性と二転三転するロジックはとても興味深くて楽しめました。
想像していたよりもしっかりとしたミステリだった、という読後感。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。








































以下、気になる点。
アリバイ工作に利用する計画なら、もっと普通の人間っぽく教育してからじゃないと無理があるのでは。なぜチャー坊の方がしっかりしているのか。
あと、河内ゐのりのクズ男を探す理由は一体何だったのか、とか。(時計の伏線はスキ。)
火事の中での首切りの理由はいいとして、入れ替わったクローンの方の首輪はどうするのか、とか。
和志を引っ掛ける作戦も、警察しか知らない情報はともかく、和志自身も齟齬に気付くようなレベルのロジックでは危なっかしいのでは?とか。】

TATSUMAKI 特命捜査対策室7係/曽根圭介 ★★★☆☆

壮一郎は特命捜査対策室7係に配属初日、5年前に起きた失踪事件をネタに量刑の取引を持ち掛けてきた岡田に面会するため、辰巳麻紀主任と本所東署に向かった。事件とは、小久保清二が突然姿を消し、兄の亮一が殺人犯として疑われた事案を指す。清二の妻が当時現役の刑事だった亮一を犯人だと訴えたことで、殺人犯捜査係が捜査に当たることになったが、何も掴めないまま、3か月後に捜査は終了している。岡田は、清二がヤバい仕事に手を出して消されたのだというが!?

二時間サスペンスのような内容なので曽根作品の捻りやサプライズを期待すると肩透かしかもしれませんが、とにかく文章が読みやすい(=台詞が多い)のでどんどんページが進みました。
粗暴だったりいい加減っぽい人物が律儀に約束を守ったりするところも、ストレスを感じさせず好印象。
タイトルにまでなっている辰巳麻紀の印象は薄いですが、夏八木と肥後さんのやり取りが面白いので、シリーズ化したら次も読むかな。

闇に香る嘘/下村敦史 ★★★☆☆

村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、不適合だと分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。中国残留孤児の兄が永住帰国をした際、既に失明していた和久は兄の顔を確認していない。27年間、兄だと信じていた男は偽物なのではないか――。全盲の和久が、兄の正体に迫るべく真相を追う。

予想外の真相で伏線もバッチリ、結末までとても巧く考えられていて評判が高いのには納得だけれど、プロローグで期待したほど興奮するストーリー展開ではなかったかなぁ。
終盤の敵の企てなど、全体的にシリアスとエンタメのバランスが気になってしまったのですよね。
でも、視覚障害者の主人公が、外でいきなり腕を掴まれて動揺しつつも「もしかして手助けしようとしてくれる善意の人かもしれない」と気持ちを落ち着かせようとするシーンは繊細で印象に残りました。

名探偵に薔薇を/城平京 ★★★☆☆

怪文書『メルヘン小人地獄』がマスコミ各社に届いた。その創作童話ではハンナ、ニコラス、フローラが順々に殺される。やがて、メルヘンをなぞったように血祭りにあげられた死体が発見され、現場には「ハンナはつるそう」の文字が……。不敵な犯人に立ち向かう、名探偵の推理は如何に?第八回鮎川哲也賞最終候補作。

<こーの世でいーちばんすごい毒>

うーん。少し前の作品だということもあるのか、期待しすぎたかなー。
なにせ童謡「メルヘン小人地獄」が乱歩な雰囲気でとても好みなのです。
この童謡を軸に一冊書いて欲しかった・・・!
第一部の謎解きがアッサリしてたので、第二部で二転三転するんだと思っていたのに・・・。
前置きにしては魅力的すぎますよ。
第二部では「なぜ毒薬の下手な使い方をしたのか」という謎が興味深かったです。
名探偵の苦悩が少し煩わしいかな。
二転三転する謎解きの二転くらいまでは予想通りでしたが、結局、真相には大いに驚きました。
そりゃあ名探偵・瀬川みゆきにも解けない謎ですよ。

総理大臣暗殺クラブ/白河三兎 ★★☆☆☆

新入生の三重子が立ち上げた謎の部活〈総理大臣暗殺クラブ〉。メンバーは一風変わった者ばかり。総理大臣暗殺というバカげた目標のために、青春の日々を楽しく、そして必死に費やす若者たちの真実は!?

結構変わった題名の作品が多い著者だけど、今回はさすがに題名負けかなぁという印象。
内容にそこまでのインパクトはありませんでした。
キャラクターが立っているようで、私にはまったくピンとこなくて結構辛かったです。
オッサンは中身がヤンキーなので「老け顔」のイメージが定まらなかったし、反対に三重子は口調が普通なのでギャルメイクをしているという設定を忘れていたほど。
あと「神様は勝たせない」と同様、伏線がバレバレなんですよ。
鬼軍曹の正体なんてその人物が登場した時点で解ってしまったし。
最後の章の展開だけは意外性がありますが、いくらなんでも突然すぎてついて行けませんでした。
まぁ、総理大臣の暗殺は曖昧に終わらせるんだろうなぁと思ってたのが、意外とスッキリする結末だったのは良かったかな。

もしもし、還る/白河三兎 ★★★☆☆

異様な暑さに目を覚ますと「僕」は砂漠にいた。そこへ突如降ってきたのは、ごくごくありふれた電話ボックスだった。いったいなぜ?混乱したまま電話ボックスに入り、助けを求めて119番に電話をかける。だが、そこで手にした真実はあまりにも不可解で…。

<ここってその猫の実験に似ているな>

うわぁ。これはいい。
本当によく練られたプロットだと感じました。
主人公に好感が持てないのと、過去と現在が細かく交錯するので読みにくいのと、過去の事件の真相が平凡なのが残念ですが、終盤の伏線の回収がとてもドラマチックなのですよ。
あのエピソードがここで活きてくるのかと、何度も驚かされました。
いろいろ不可解だけれど抽象的すぎない、そのバランスも好み。
ラストも大好き。このラストしかない。

リバーサイド・チルドレン/梓崎優 ★★★☆☆

僕らは、確かに生きている。君という人間を、僕は憶えている。カンボジアの地を彷徨う日本人少年は、現地のストリート・チルドレンに拾われた。「迷惑はな、かけるものなんだよ」過酷な環境下でも、そこには笑いがあり、信頼があった。しかし、あまりにもささやかな安息は、ある朝突然破られる――。突如彼らを襲った、動機不明の連続殺人の真相とは?

<おそらがぽろぽろ、泣いている>

カンボジアのストリート・チルドレンという少し取っ付きにくいテーマなのに、一気読みです。
子どもなのに、過酷な状況にいるのに、逞しさを感じさせる彼らの生命力と仲間たちの絆に驚かされました。
ミステリとしては、殺人の動機が物足りないかな。
とっても私好みの動機なのですがねぇ。なんか弱いような。
泥人形の真相はしっくりきたのですが。
でも、ある一つの情報と同時に、もう一つの事実も明らかになるという手法は好みです。
チラと再読しただけでも、かなり巧いです。
ただ、すべてを読み返すのはしんどいのですよ。それが難。
いろいろと描写力が凄すぎて・・・。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れているので、OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
地の文では「少年」と使い分けているのね。
P108とか、少し違和感はあったのだけれど。
逆に、あれだけ「空が泣いている」とあるのに、何のイメージもしていなかったのが本当に残念。
画が一変する感覚を味わいたかったなぁ。

絶対にサプライズが用意されていると思っていたし、終盤で犯人の予想がついてからがとても長かったので、もしかして途中で視点が入れ替わっていて、犯人はミサキ?とか考えてしまった。
いつの間にか、本当の犯人の「彼」が主人公になってたら驚いただろうなぁ。
って、ありがちか。

殺し屋.com/曽根圭介 ★★★★★

刑事でありながら副業で悪党を狙った暗殺を請け負う“subway‐0910”こと佐分利吾郎。認知症の老人に成りすまして“殺し屋.com”のアカウントを乗っ取り、殺し屋となったホームヘルパーの“torazo‐i”。暗殺成功率100%で伝説と化した凄腕の殺し屋“jackal‐0420”ことジャッカル。そして、ある少女の依頼をきっかけに、暗殺を斡旋する“組織”へと肉迫する探偵・君島顕―。暗殺者専用サイト“殺し屋.com”をめぐり窮地に追い込まれてゆく「殺し屋」たちの、前代未聞の暗殺劇!

<殺りたい仕事がきっと見つかる>

なんだかタイトルが安っぽいので期待せずに手に取ったのですが、いやぁ面白かった!
どのストーリーもクオリティが高くて、読み応えがあります。
佐分利吾郎の決断は予想通りでも後味は悪いし、「邪魔者」の主人公のやり場のない思いは痛いほど伝わってくるし、ジャッカルの落とし所は絶妙だし。
「殺し屋.com」のシステムがなかなかしっかりしてるのも好印象。メルマガとか。
最終話の「小さな依頼人」はそれまでと違って探偵が主人公なのですが、これが文体もハードボイルドでとても格好良いのですよ。
殺し屋視点で語られてきた組織の実態が、探偵によってとうとう暴かれるのか?とドキドキしながら読み進めたのですが・・・。

・・・読後はしばらくショックを受けた状態に。こうくるか!

私を知らないで/白河三兎 ★★★☆☆

中2の夏の終わり、転校生の「僕」は不思議な少女と出会った。誰よりも美しい彼女は、なぜか「キヨコ」と呼ばれてクラス中から無視されている。「僕」はキヨコの存在が気になり、あとを尾行するが…。少年時代のひたむきな想いと、ままならない「僕」の現在。そして、向日葵のように強くしなやかな少女が、心に抱えた秘密とは―。

<これで世界が変わる>

うーん。白河三兎の作品にしてはまともな(?)青春ストーリーだったなぁ。
これまでよりもミステリ色が強いですが、序章はともかく、真相につながる伏線がバレバレで驚きました。
文章はやっぱり透明感があって好みです。
私としては、この結末はハッピーエンドだとしか思えませんでした。
「ままならない現在」については、何をいまさら、という印象。
シンペーとキヨコの関係が複雑で心地よい距離感だったからねぇ。
中盤くらいですでに自覚している、という流れなら、あの決断に強烈な切なさを感じたかも。

君のために今は回る/白河三兎 ★★★☆☆

ねぇ、銀杏。わたしが観覧車の幽霊になって随分時間が経ちました。この観覧車には変わった人がいっぱい乗ってきます。盗聴魔、超能力を持つ占い師、自信喪失した女記者、ゴンドラでお見合いをする美人医師…みんな必死にくるくる生きてる。だから今、わたしは人を思う力を信じてる。そうしたらいつかもう一度、あなたに逢えるかな?

<その時が訪れるまで回り続ける>

映像化したらインパクトがあるだろうなぁと思うシーンがいっぱい。
登場人物がそれぞれ個性的すぎるのか、どの苦悩も解決もピンとこなかったなぁ。
肝心の銀杏のキャラも掴みどころがなくて、終盤のコメの銀杏への評価にものすごい違和感が。
ふわふわした読み心地の中、ラスト一行は少し現実に引き戻される感じで好みでした。

虚構推理 鋼人七瀬/城平京 ★★★★☆

深夜、悲運のアイドルの亡霊は鉄骨を片手に街を徘徊する。その都市伝説の名は――鋼人七瀬。「そんなのは推理じゃなくて、欺瞞じゃない!?」真実を求めるよりも過酷な、虚構の構築。自身もまた怪異的な存在である岩永琴子の推理と知略は本物の怪異が起こす事件を止めることができるのか!?

<ここにはひとつの真実もない>

ロジックの一環として、「虚構の構築」が出てくる作品はよく読むけれど、それ一本を軸に書き上げてしまう思い切りのよさと、説得力が素晴らしかったです。
終盤、次々と繰り出される琴子のロジックには興奮しました。面白い!

アイディアが斬新なので、キャラクターやストーリーがもっと荒削りでもいいくらいなのに、小説としてもちゃんと楽しめるというところが好印象。
本格ミステリ大賞受賞作だそうで。納得。

さあ、地獄へ堕ちよう/菅原和也 ★★★☆☆

SMバーでM嬢として働くミチは、偶然再会した幼なじみ・タミーから《地獄へ堕ちよう》というWebサイトの存在を教えられる。そのサイトに登録し、指定された相手を殺害すると報酬が与えられるというのだが……。

<そんなことしたら、痛いじゃない>

なるべく想像力をオフにしての読書。
少しでも気を抜くと、気分が悪くなる描写が満載なのですよ。
事件の残虐性とミチやタミーのキャラのミスマッチさが現代っぽくてよかったのに、途中からミチの行動がいきなり不自然というか。
もう少し躊躇しようよ、とか。踏み出す一歩が大きすぎるよ、とか。
ミステリとしては、「もしかして・・・」という予想がピタリと正解。
2作目のテーマがめちゃめちゃ気になるわぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。