スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首鳴き鬼の島/石崎幸二 ★★☆☆☆

相模湾に浮かぶ、竜胆家の私有地・頸木島は「首鳴き鬼」の伝説から、首鳴き島と呼ばれていた。
首を切られた鬼の身体が首を求めて鳴きながら彷徨うという伝説だ。
若者向け情報誌の怪奇スポット特集の取材で、ガールフレンドの茜とともに島を訪れた編集者・稲口は、後継者問題で一族が集まる頸木島の頸木館で、伝説に見立てた連続殺人事件に巻き込まれた・・・。


石崎作品はこれが初めて。
評判は良いみたいなので、これはもう相性の問題なのでしょうね。

とても苦手な文体のせいか、大好きな設定なのに、全くページが進まない。
人物も会話も薄っぺらくて、横溝風の舞台が台無し。
後半に出てくる刑事たちも、東川作品なら自然と受け入れられるキャラクターなのに、笑えるギャグが見当たらないせいか妙に不快に感じたり。
特に影石の気の利いた(?)言い回しには、イライラしました。

ミステリ面は、可もなく不可もなくってトコでしょうか。
全てに違和感のある状態での事件なので、整合性がとれているのかどうか、確認する気も起きませんでした。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
真相は稲口の推理で見当がつきました。
というか、それしかないよな~って。
血のスプリンクラーなど、DNA鑑定しか遺体の特定ができなくなるようにするという流れは自然だったかも。
慎一郎の動機が、感情をベースとしているので、もう少し人物を描いて欲しかったなぁ。
美紗子さんの実子の殺害を承諾したというくだりも、後味の悪さをこれっぽっちも感じなかったし。
スラスラ~っと読んで終わり、みたいな。
序盤のあまりのつまらなさに忘れてましたが、プロローグは巧いのですよね。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。