スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さえこ照ラス/友井羊 ★★☆☆☆

沖縄本島北部の法テラスに派遣されてきた弁護士・阿礼沙英子。オジィオバァの方言通訳を命じられた事務員の大城を従え、縁もゆかりもない琉球の地で、厄介な民事事件を率直すぎる発言で一刀両断にします!

うーん、これは退屈でした。
前作もそうでしたが、ミステリとしてはどの短編も大した事がないのですよ。
最後に捻ってくるかと期待したのですがねぇ。
沖縄の方言や料理、独特の風習などが詳しく紹介されていて興味深いですが、続編は読まなくてもいいかなぁ。

絶望的―寄生クラブ/鳥飼否宇 ★☆☆☆☆

綾鹿科学大学大学院准教授・増田米尊は異変に気づきつつあった。何人もの女性から言い寄られるなどなかったことだ。発表用の論文が書いた記憶のない小説に入れ替わっていたり、何者かに監視されているようだったりと、とにかくこれまでと違うのだ。増田はもちまえの学者魂から真相を探るのだが…

うーん。最初は真面目に読むつもりだったのですが、かなり早い段階でザッと読みに変更しました。
米尊のフィールドワークには一定の理解を示していた(?)私も、今回は生々しさが半端なくてダメでしたー。
各短編はそれぞれ魅力的な謎があったりもするのですが、無理やり長編に仕立てたからか、全体的に歪で、あまりの気持ち悪さに真相なんてどうでもよくなりました。
このシリーズはもういいや。

田舎の刑事の好敵手/滝田務雄 ★★☆☆☆

県警本部より首席監察官が視察に来るという知らせに大慌ての田舎刑事たち。実はこの首席監察官、黒川刑事の高校時代のライバルだったのだが、警察官としては致命的な欠点があり…。署内がパニックに陥るなか、小劇団で起きた謎の事務所荒らしは公民館での墜落死体事件に発展し、無能な部下・白石や黒川夫人、さらには暴走する元ライバルにも頭を抱えながら黒川は捜査に乗り出す!鬼刑事・黒川鈴木に暇はなし!

東川作品と同じくらいユーモアが楽しめるシリーズだったのに、今回は見事にスベリ続けていて読むのが苦痛でした。
「なんでやねん」のツッコミひとつで終わるようなくだらないボケをいちいち引き伸ばすのが、たまらなく面倒臭いのですよ。
犯人はかなり意外性があるので、本当に残念。

死と砂時計/鳥飼否宇 ★★★★☆

世界各国から集められた死刑囚を収容する、ジャリーミスタン終末監獄。親殺しの罪で収監されたアラン青年は、“監獄の牢名主”と呼ばれる老人シュルツと出会う。明晰な頭脳を持つシュルツの助手となって、監獄内の事件の捜査に携わるアラン。死刑執行前夜、なぜ囚人は密室状態の独房で斬殺されたのか?どうして囚人は闇夜ではなく、人目につく満月の夜に脱獄したのか?そして、アランが罪に問われた殺人事件の真相とは…。死刑囚の青年と老人が遭遇する、摩訶不思議な事件の数々。

<死刑囚だって死は怖い>

既読の「魔王シャヴォ・ドルマヤンの密室」(「死刑囚はなぜ殺される」改題?)の世界観が魅力的だったので、手に取りましたが大正解でした。
「英雄チェン・ウェイツの失踪」
伏線の回収が見事。ラストでさらっと後味を悪くするから困る。
「監察官ジェマイヤ・カーレッドの韜晦」
この動機は短編だと物足りないなぁ。
「墓守ラクパ・ギャルポの誉れ」
真相も展開もとても好み。墓守の最期にゾワッとした。
「女囚マリア・スコフィールドの懐胎」
不可解で魅力的な謎に、変化球だけれど巧妙な真相。
「確定囚アラン・イシダの真実」
伏線がバレバレだったため真相は予想がつきますが、その後の展開が面白い。

そして、衝撃のエピローグ。余韻が半端ないです。

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん/友井羊 ★★★☆☆

店主の手作りスープが自慢のスープ屋「しずく」は、早朝にひっそり営業している。早朝出勤の途中に、ぐうぜん店を知ったOLの理恵は、すっかりしずくのスープの虜になる。理恵は最近、職場の対人関係がぎくしゃくし、ポーチの紛失事件も起こり、ストレスから体調を崩しがちに。店主でシェフの麻野は、そんな理恵の悩みを見抜き、ことの真相を解き明かしていく。心温まる連作ミステリー。

正直、第4話までは真相はすぐに解るし、ストーリーも平凡で退屈でした。
でも、それがハードルを下げさせるための伏線に思えるほど、最終話のキレ味は鋭いです。途中で投げないで良かった。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。




















あー油断したわー。「そっち!?」ってなったわ。
「実は麻野さんは昔やんちゃだった」とか、意外だけどありそうなネタを放り込むもんだから完全に騙された!
一番意外だったのは、本当に結婚してたってことだけどさ。
「現在」の真相はだいたい解ったけれど、ぶつかった子も伏線だったとは。】

家族シアター/辻村深月 ★★★☆☆

同じ中学校に通う姉は、「真面目な子」。褒め言葉のようだけど、実際は「イケてない」ことの裏返し。こんな風には絶対になりたくない――だけど、気にせずにはいられなかった。 (「妹」という祝福)息子が小学校六年生になった年、父親中心の保護者会「親父会」に入った、大学准教授の私。熱心な担任教師に恵まれて、順調に思われた日々の裏には、とんでもない秘密が隠されていて……? (タイムカプセルの八年)

どんなに仲の良くないきょうだいでも他人に悪く言われると不愉快になったり、「孫と誕生会」のエピソードには胸が痛くなったり。
家族がテーマということで、それぞれ少しずつ共感できる短編集でした。
・・・でも、そろそろミステリが読みたいなぁ。

ハケンアニメ!/辻村深月 ★★☆☆☆

伝説の天才アニメ監督王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。プロデューサー有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。同じクールには、期待の新人監督・斎藤瞳と人気プロデューサー行城理が組む『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。ネットで話題のアニメーター、舞台探訪で観光の活性化を期待する公務員…。誰かの熱意が、各人の思惑が、次から次へと謎を呼び、新たな事件を起こす!

うーん、辻村深月だったらミステリじゃなくても大丈夫だろうと思ったのですが、やっぱり少しは「謎」が絡まないと楽しめませんね。
アニメ制作現場の状況が大体想像できる範囲だったのも新鮮味が足りず、最終話はともかく、他の短編は別の職業でもありがちなトラブルだなぁと感じました。
アニメ関係に限らず、働く女性を応援する作品として読むのが正しいのかしら。

スタープレイヤー/恒川光太郎 ★★★☆☆

突然目の前に現れた男にくじを引かされ一等を当て、フルムメアが支配する異界へ飛ばされた夕月。「十の願い」を叶える力を手に、未曾有の冒険の幕が今まさに開く。ファンタジーの地図を塗り替える比類なき創世記!

うーん。今のところ、長編ファンタジーを楽しめる作家は恩田陸だけかなぁ。
恒川作品はやっぱり短編や連作が好みだと確信しました。
「犯罪者」との対面のあたりまではワクワクしましたが、そこからは何の意外性もない展開でほんと味気なかったです。
最初は、スターボートの操作が簡単にイメージできることや「十の願い」の緩すぎる条件が逆に新しいと感じたのですが、さすがに何でもありだと終盤にはシラけてしまって。
夕月が30歳を超えた大人であることや、彼女の過去が結構生生しいこともあり、伝えたいメッセージ(夕月の人生観の変化?)がとっても平凡に思えるのも残念。もっと若者向けでは。

盲目的な恋と友情/辻村深月 ★★☆☆☆

これが、私の、復讐。私を見下したすべての男と、そして女への――。一人の美しい大学生の女と、その恋人の指揮者の男。そして彼女の親友の女。彼らは親密になるほどに、肥大した自意識に縛られ、嫉妬に狂わされていく。そう、女の美醜は女が決めるから――。恋に堕ちる愚かさと、恋から拒絶される屈辱感を、息苦しいまでに突きつける。醜さゆえ、美しさゆえの劣等感をあぶり出した、鬼気迫る書下し長編。

うーん。これまでと似たテーマで、ずっと平凡。
特に「恋」の章は、蘭花の陥る「地獄」が新鮮味ゼロで退屈でした。
「友情」の留利絵もなかなか面倒臭いキャラクターですが、ファミレスで待つ留利絵に連絡せずに他の友だちに電話する蘭花への苛立ちや、「自分にもっと感謝してほしい」という気持ちは理解できるので、「盲目的」と表現するほどではないかな、と。
ラストで解る仕掛けは少し意外でしたが、どこにも刺さらないストーリーでした。

ワースト・インプレッション/滝田務雄 ★★☆☆☆

女刑事の理恩には問題が多い。減らず口を叩いたり、食い意地が張っていたり、すぐ迷子になったり。だが推理だけは超一流!コワモテの部下である拾得とともに、タレント歌人の失踪、大学教授の謎の死といった4つの難事件に立ち向かう。

うーん。この男女のキャラクターに全然馴染めなくて、とっても苦痛な読書でした。
理恩なんて、これだけキャラが立っているのにイメージが掴みにくいってどうなのか。
そして、ミステリよりも会話のやりとりが楽しみな作家さんなのに、今回はどこまでも不発で少し心配になったり。

ゴースト≠ノイズ/十市社 ★★★☆☆

高校入学からまもなく、ある失敗をきっかけに孤立し「幽霊」と言われている一居士架の高校生活は、席替えで玖波高町が前の席になったことから変わりはじめる。文化祭の準備の手伝いのため、高町と放課後の図書室でともに過ごすようになった架は、久々に誰かと話す時間に安らぎを見出していた。一方、二人の通う高校の敷地内では、蝶結びのサインを残した動物の死体が続けて発見される。「彼女」は何を見ていたのか。「ぼく」には何が見えていなかったのか。

題材や真相は特に目新しくないのですが、文章が素敵なんですよね。
前半に延々と描かれる孤独な少年の心情も、よくまぁこんな風に表現できるものだと驚きました。
ただ、動物死体遺棄事件は大げさすぎるというか、あまり必要ないかなぁ。

六人目の少女/ドナート・カッリージ ★★★★☆

森のなかで見つかった六本の左腕。それは世間を騒がせる連続少女誘拐事件の被害者たちのものだと判明する。しかし、誘拐された少女は五人だった。六人目の被害者は誰なのか。失踪人捜索のエキスパートであるミーラ・ヴァスケス捜査官は、高名な犯罪学者ゴラン・ガヴィラとともに特別捜査班に加わることになる。だが、警察の懸命の捜査を嘲笑うかのように、犯人は少女の遺体を次々と発見させる。

とにかく面白かったのです。
10ページに1回は新事実に驚くといっても大げさではないくらい、エンタメに徹した作品でした。

本格っぽい流れの中、霊能力者の登場はひどく興ざめでしたが、そのおかげで真相や伏線の回収の期待度が下がったので私にとっては良かったのかも。
ミステリとして読むとどうしても釈然としない部分が残りますね。
遺体の発見時の描写など、後半からはいろいろと雑になっているような気もしたり。
でも、これほどのサービス精神で楽しませてもらえれば十分です。
文章が柔らかくて読みやすいという点も好印象でした。

金色機械/恒川光太郎 ★★★★☆

触れるだけで相手の命を奪う恐ろしい手を持って生まれてきた少女、自分を殺そうとする父から逃げ、山賊に拾われた男、幼き日に犯した罪を贖おうとするかのように必死に悪を糺す同心、人々の哀しい運命が、謎の存在・金色様を介して交錯する。人にとって善とは何か、悪とは何か。

<人生、起こること、これみな神事>

約450ページを一気読み。
遥香の回想から始まり、熊悟朗やその他の登場人物の過去など、頻繁に時代が前後するストーリーなのに、読みやすさが半端ないのですよ。
次の章にスッと気持ちが入るのです。
何が善で悪なのか、遥香や熊悟朗の立場ならではの葛藤に考えさせられたり、第三章の真相が恒川作品っぽくて嬉しくなったり。
読後はもっと胸を打たれるような余韻を期待しましたが、エピソードを詰め込みすぎなのか、やや物足りなさが残りました。
金色様がだんだんコミカルになっていくことで、ただでさえイメージしにくいキャラがブレてしまったのも残念かな。可愛いんだけどねぇ。
でも、今回も恒川ワールドを堪能できました。

憑き物/鳥飼否宇 ★★★☆☆

植物写真家・猫田夏海が訪れた岩手県の寒村に住む滝上家は、代々“イヅナサマ”を操り託宣を下す霊能力を持つという。満月の山中、夏海は滝上家の一人娘・沙姫の憑依現象を目撃する。その翌日、祈祷堂で刺殺死体が奇妙な書き置きとともに発見された!生物に知悉した先輩ライターの鳶山が調査に乗り出すが…。

猫田さんが怪奇現象や殺人事件に遭遇するというパターンは好きだし、真相も意外で面白いのですが、トリックに斬新さがなかったのが残念。
あと、虫などの薀蓄になると、川瀬作品と比べてしまうのか、読み難さを感じてしまいました。以前は気にならなかったのになぁ。

島はぼくらと/辻村深月 ★★★☆☆

母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。

ミステリではないし時間はかかったけれど、読んでよかったと思える作品でした。
あれだけ伏線があったのに「彼」の正体にはまったく気づかず。
終盤で明らかになる衣花の想いも少し意外性があってよかった。
エピローグにもじーんときます。

ヨシノの島への貢献が過去のエピソードとして書かれているだけなので、朱里たちほど彼女に対する感情が沸かなかったのが残念かな。
ヨシノと蕗子の友情も同じく少し冷めた気分で。
あと、修学旅行のシーンが、なんだかドタバタしていて浮いているような。
「彼女」の登場には驚きましたが。

途中で「もしや島のモデルは家島?」と思ってたらアタリでした。
西上ありささんは「NPO法人いえしま」の活動をされている方。
めっちゃ近くまで来てたのですねぇ。びっくり。
もう少し方言に力を入れて欲しかったけれど。
冴島・・・さえじま・・・えじま・・・家島・・・かぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。