スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぶない叔父さん/麻耶雄嵩 ★★★☆☆

犯人はまさか、あの人!? 常識破りの結末に絶句する「探偵のいない」本格ミステリ! 四方を山と海に囲まれ、因習が残る霧ヶ町で次々と発生する奇妙な殺人事件。その謎に挑む高校生の俺は、寺の離れで何でも屋を営む人畜無害な叔父さんに相談する。毎度名推理を働かせ、穏やかに真相を解き明かす叔父さんが最後に口にする「ありえない」犯人とは!

<叔父さんはとことん運が悪いようだ>

「失くした御守」は既読。
これは出オチ感がスゴイといいますか。
一番衝撃的な(というか気持ち悪さが炸裂する)第一話が叔父さんの自己紹介になっていて、その後似たようなオチ(まぁ変化もあるけれど)が続くので、麻耶作品には珍しく退屈に感じました。
これなら連作じゃない方が良かったような。
甥っ子の三角関係や将来の苦悩という青春模様を楽しめばいいのか、おじさんの愛らしい(?)言動に甥っ子が萌えまくる様子を楽しめばいいのか、なんだか中途半端な読後感。
想像していたのと違った。

透明カメレオン/道尾秀介 ★★★☆☆

ラジオのパーソナリティの恭太郎は、冴えない容姿と“特殊”な声の持ち主。今夜も、いきつけのバー「if」で仲間たちと過ごすだけの毎日を、楽しくて面白おかしい話につくり変えてリスナーに届ける。恭太郎が「if」で不審な音を耳にしたある雨の日、びしょ濡れの美女が店に迷い込んできた。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる彼らだが―。

伏線の張り方が雑なのか、最後まですべて予想通りの真相でした。驚きも切なさもヒロインの魅力もゼロ。
でも、とても評判が良いみたいなので、もう私には合わなくなったんだなぁと、今回で完全に諦めることができました。

化石少女/麻耶雄嵩 ★★★☆☆

学園の一角に建つ壁には日暮れると生徒たちの影が映った。そしてある宵、壁は映し出した、恐ろしい場面を……。京の名門高校に次々起こる凶悪事件。古生物部の部長にして化石オタクのまりあが、たった一人の男子部員をお供に繰り出す、奇天烈な推理の数々とは?

<先輩の推理は
  俺が必ずここで聴いてあげますから>


独特のゆがんだミステリを楽しむことができました。
舞台が小学校でも殺人事件を起こすタイプの作家だということをすっかり忘れていたのか、最初の事件には少し動揺してしまいましたよ。
どの短編も、潔いほど偶然に頼りまくりなトリックですが、発想が面白いし、何より解りやすかったです。
特に「自動車墓場」の真相が鮮やかで好みでした。
そして、どの事件も結局背景や動機が見えないまま終了するモヤモヤした感覚が堪らない。
毎回の彰の全否定っぷりがやりすぎに感じてしまったのは残念だし、インパクトにもやや欠けますが、2人の関係性を巧く生かしたオチは麻耶作品っぽくて好みです。
あと、化石から得られるヒントがささやかすぎて、これならリリヤン部だったとしても何とか捻り出せたのでは?とか思ったけれど、化石と同じくらい彰の失恋のエピソードは要らない気がするのです。

どこの家にも怖いものはいる/三津田信三 ★★★☆☆

作家の元に集まった五つの幽霊屋敷話。人物、時代、内容…バラバラなはずなのにある共通点を見つけた時ソレは突然、あなたのところへ現れる。これまでとは全く異なる「幽霊屋敷」怪談に、驚愕せよ。

ギョッとするのは表紙イラストだけでした。
三津田作品にしては設定もストーリー展開も目新しさがなく、どの怪談もまったく怖くないのです。
「幕間」が何かと恐怖を煽ってくるのですが、かなり拍子抜けの読後感。
5つの話の共通点も強引でスッキリしないし。
うーん。パワー不足でした。
そして、他作品の執筆秘話が(今回は特に)無粋に感じました。

なぜなら雨が降ったから/森川智喜 ★★☆☆☆

ある雨の日「Yuregi Detective Office」の表札がある部屋の前で、女の人が一人で煙草を吸っていた。「あの、もしかしてここの事務所の方ですか」「そうよ」「探偵さん…ということですか?」「そうなるわね」「すごいですねえ。あの。探偵さんってことは、推理とか、するんですか?」「まあね。あなた、もしかして最近、新しく靴を買ったんじゃない?」春夏秋冬、そしてまた春―雨女探偵が出会う5つの事件!

最終話の「被害者は傘をささずにどうやって現場に来たのか」という謎の答えは、唯一「おっ」となりましたが、他の作品は単に大学生の日記をダラダラと読む感覚で退屈でした。
読み終わるのにとても時間がかかりました。
うーん。もういいや。

さよなら神様/麻耶雄嵩 ★★★★☆

隣の小学校の先生が殺された。容疑者のひとりが担任の美旗先生と知った俺、桑町淳は、クラスメイトの鈴木太郎に真犯人は誰かと尋ねてみた。鈴木の情報は絶対に正しい。鈴木は神様なのだから―(「少年探偵団と神様」)。衝撃的な展開と後味の悪さでミステリ界を震撼させた神様探偵が帰ってきた。他の追随を許さぬ超絶推理の頂点がここに。

<全知全能というのを知っているかい?>

今回も小学生たちを相手に、手加減なしの真っ黒な展開を見せてくれました。
毎回、冒頭で鈴木が犯人を名指しするってのも斬新ですが、その犯人の選択も絶妙なんですよね。
どの話も完璧なロジックで犯人を確定するというのではなく、足りないロジックを「鈴木=神様」という事実により、推測で補うという流れになっているのが面白いです。
前半2話の街灯やTV の電源オフの謎はともかく、3話以降の「推測」はとんでもなく悪魔的で背筋がざわつきます。
なかでも「バレンタイン昔語り」は秀逸で、真相に愕然となり、伏線に痺れました。
ラストの真相は予想できるだけにどういう結末になるのか興味があったけれど、まさかこんなハイな感じで終わるとは・・・!
さすが麻耶さん、一筋縄ではいきません。
めでたしめでたし!?

半導体探偵マキナの未定義な冒険/森川智喜 ★★☆☆☆

坂巻正行は17歳の男子高校生。のんびり帰宅部の大人しい青年だが、彼には非線形人工知能学分野の権威である祖父がいた。祖父は現役引退後、研究所にこもって人間そっくりのAI搭載探偵ロボットを開発、依頼人に派遣するボランティアをおこなっていたのだ。ある日、3体の探偵ロボットがエラーを起こし、勝手に町に出て「探偵」活動を始めてしまった。半導体探偵マキナと正行のコンビは、あちこちで「捜査中」と思われる「探偵」たちを、見つけ出すことができるのだろうか?

2番目までの探偵ロボットの行動の理由は「なるほど」と思ったけれど、3人目は・・・うーん、どうだろ。
テーマも謎もロジックも斬新で面白いのに、ストーリーにまったく惹きつけられないのが残念。
もっと盛り上がってもいいはずなのになぁ。
ロジックだけを目的に読むのもだんだん厳しくなってきてしまいました。
デビュー作はストーリーも面白かったのですがねぇ。

河原町ルヴォワール/円居挽 ★★★★★

京都・鴨川で龍樹家当主・落花が水死体で見つかり、死の謎を巡って私的裁判・双龍会が開かれる。落花の妹・撫子は、兄・大和を姉殺しの真犯人として告発、弁護役の元恋人・城坂論語と対決することに。一方、龍樹家の龍師・御堂達也と瓶賀流は、落花の死の謎を探るうち、京都一の権力者・黄昏卿と遺伝子研究の病院との関係を掴む。双龍会で暴かれる真相とは?シリーズ最終章。

<龍樹落花が触れたものは
               嘘と真が綺麗に入れ替わる>


シリーズ最終章でまさかの「落花の死」を持ってくるあたり、とっても挑戦的で好みなのですよ。
落花の死や論語の裏切りによる不安から撫子が決死の想いで挑んだ双龍会は、これまでとは異なる展開を見せます。
突然分岐するストーリーに「あらー。私の苦手な趣向かー」とガッカリしていたのですが・・・。
真相では「やられた!」と叫びましたよ。
もうね、このシリーズで鳥肌が立つような気分を何度味わされたことか。
見せ方が本当に鮮やかなのですよ。ほんと手品。
一カ所アンフェアな部分が気になるのと、最後の指摘をすんなり受け入れる黄昏卿には「アレ?」でしたが、『丸太町~』に答える形のラストが素敵で胸がいっぱいに。
本当に素晴らしいシリーズでした。
まだ伏線が残っているということで、オ・ルヴォワール!

貘の檻/道尾秀介 ★★☆☆☆

あの女が、私の目の前で死んだ。かつて父親が犯した殺人に関わり、行方不明だった女が、今になってなぜ…真相を求めて信州の寒村を訪ねた私を次々に襲う異様な出来事。果たして、誰が誰を殺したのか?薬物、写真、昆虫、地下水路など多彩な道具立てを駆使したトリックで驚愕の世界に誘う、待望の超本格ミステリー!

やっと道尾ミステリが読める!と期待した結果、悪い方のため息が漏れる読後感。
本格というより文学ミステリという印象で、事件や謎は面白いのにテーマとなる悪夢シーンがひたすら邪魔に感じる始末。
大量に出てくる方言も無味というか、耳で聞きたいと何度感じたか。
読書中、ところどころでこれまでの作品の既視感が訪れました。
これ、かなり苦労して書き上げたのでは。
はぁぁ。もう、いいや。

ビブリア古書堂の事件手帖5/三上延 ★★★☆☆

静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。彼女の答えは―今はただ待ってほしい、だった。ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。謎めいたいわくに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。脆いようで強固な人の想いに触れ、何かが変わる気がした。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。邂逅は必然―彼女は母を待っていたのか?すべての答えの出る時が迫っていた。

江戸川乱歩がテーマだった前作は印象が薄くて内容がうろ覚えなんですよね。
栞子ママの登場はさすがに衝撃的だったけれど、周りが語る「彼女の人柄」のイメージの方が不気味で魅力的だったような。
今回は第一話の真相が好みでした。
ラストで栞子と大輔の関係がグッと縮まるのですが、この展開も遅すぎたかなぁ~という感想。
栞子の不安を払拭する大輔の言葉には彼らしさが出ていましたが。
読後に意味の解るプロローグも、少し物足りないような。
安定した面白さはありますが、私の中で期待値は下がり気味かも。

致死量未満の殺人/三沢陽一 ★★☆☆☆

雪に閉ざされた山荘で、女子大生・弥生が毒殺された。容疑者は一緒に宿泊していた同じ大学のゼミ仲間4人――龍太、花帆、真佐人、圭。密室状況で、同じ食事、同じ飲み物を分け合っていたはずなのに、犯人はどうやって弥生だけに毒を飲ませることができたのか。残された4人は推理合戦を始める……15年後、雪の降る夜。花帆と夫の営む喫茶店を訪れた龍太は「弥生を殺したのは俺だよ」と告げる。たび重なる推理とどんでん返しの果てに明かされる驚愕の真相とは?

うーん。王道の舞台設定や「犯人の自白」から始まるという構成はとっても好みなのですがねぇ。
文章が合わないのと、毒を準備するシーンがやたら長かったり、情報が重複したりなど、全体的にテンポの悪さを感じました。
隆太の動機も弱いというか・・・真佐人を主役にした方が説得力があるような。
毒を飲ませた方法は盲点で「おっ」となりましたが、他は細かいところまで想像通りの真相でした。
どんでん返しが昔のミステリを思い出して懐かしかったです。

アルモニカ・ディアボリカ/皆川博子 ★★★★☆

18世紀英国。愛弟子エドらを失った解剖医ダニエルが失意の日々を送る一方、暇になった弟子のアルたちは盲目の判事の要請で犯罪防止のための新聞を作っていた。ある日、正体不明の屍体の情報を求める広告依頼が舞い込む。屍体の胸には“ベツレヘムの子よ、よみがえれ!アルモニカ・ディアボリカ”と謎の暗号が。それは、彼らを過去へと繋ぐ恐るべき事件の幕開けだった。

<ロンドンに、悲惨の種は多すぎる>

今回も、壮大な物語を堪能しました。
傑作『開かせていただき光栄です』の続篇ですが、期待通りの面白さでした。

屍体の胸に書かれた「ベツレヘム」と「アルモニカ・ディアボリカ」の意味とは。
吹きガラス師とその恋人が巻き込まれた事件。
「ベツレヘム」で虐げられる人々。
14年前、洞窟で一体何が起こったのか。

前作のようなドラマチックなサプライズはなく、判事の推理にもう少し伏線が欲しいところですが、読み応えたっぷりの3つのストーリーが少しずつ繋がっていく展開はとても興奮しました。
ただ最初は、シリーズ化したんだ~と単純に喜んでいたのですが、まさかこんな主要人物を巻き込む内容だとは思わなかったので、ちょうどP100で受ける衝撃は凄まじかったです。
これ以上、ダニエル先生が寂しい思いをするのは可哀想ですが、続篇を希望します。

貴族探偵対女探偵/麻耶雄嵩 ★★★★☆

「貴族探偵」を名乗る謎の男が活躍する、本格ミステリーシリーズ第2弾! 今回は新米女探偵・高徳愛香が、すべてにおいて型破りな「貴族探偵」と対決! 期待を裏切らない傑作トリックの5編収録。

<君はどうしても私を犯人にしたいようだね>

「白きを見れば」は既読。
麻耶作品というとすべてのキャラクターが無機質な印象でしたが、だんだん血が通ってきたのかしら、今回も楽しく読めました。
貴族探偵のライバル(?)女探偵・愛香が登場するのですが、この2人の対立する関係がとっても良くて。
苦手だった貴族探偵も愛香のおかげで好感度が上がりましたよ。
貴族探偵を「髭」呼ばわりなんて、最高でした。

真相はシンプルで大体予想がつきますが、やっぱりロジックは独特。
お気に入りは最終話の「なほあまりある」
このオチは、なるほど!でした。
「幣もとりあへず」もおおっと思ったのですが、「あの作品」と比べると短編ならではのモヤモヤが残るかなぁと。
愛香が失敗から少しずつ学んだり、過去の情報もロジックに組み込まれているのが面白いです。
紗知に同情されたり、依子の「またか」という表情にも笑った~。

踊る人形/森川智喜 ★★★☆☆

探偵小説が大好きな小学生・古沢くんと同級生のふみこちゃん。二人は公園で出会った謎の博士・エリカが泥と呪文でつくりだした怪人・ゴーレムに出遭う。孤独を嘆き、自分の仲間を増やせと博士を脅迫するゴーレム。そこに悪名高き名探偵・三途川理が関わってきて――。人形男ことゴーレムに、小学生探偵たちは勝てるのか!?

<さすが名探偵三途川理>

やっぱりこの作家はファンタジーの方がしっくりくるかも。
独特の語り口調で「さて、読者のみなさんはお気づきでしょうか?」とか何度も煽ってくる手法は、結構好みでした。
伏線がさり気なさすぎて解りにくいですが、ロジックは安定感があるし、「鼻」の扱いや「目」の閉じ込め方など着眼点も斬新。
三途川もこれまでとは違った見せ方で面白いです。
終盤、古沢君が三途川を信じきれなくなって頭を抱えてしまう様子に笑いました。
これで、あともう少し物語に魅力があればなぁ・・・。

ソロモンの偽証/宮部みゆき ★★★☆☆



クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した14歳。彼の死を悼む声は小さかった。けど、噂は強力で、気がつけばあたしたちみんな、それに加担していた。そして、その悪意ある風評は、目撃者を名乗る、匿名の告発状を産み落とした―。新たな殺人計画。マスコミの過剰な報道。狂おしい嫉妬による異常行動。そして犠牲者が一人、また一人。学校は汚された。ことごとく無力な大人たちにはもう、任せておけない。学校に仕掛けられた史上最強のミステリー。


<柏木卓也の死は終わっていない>

長かったー。
3部作ですが、続きが気になることもなく、淡々と読み終わりました。
別々の作品にしたほうが良かったのでは?と感じるエピソード(野田の家庭の件とか)もあったり。
柏木卓也はともかく、他に死人が出なくてもいい気がしたり。
伏線がしっかり張られているので、真相は大体予想がつくし、落ち着くべきところに落ち着いた印象を受けるけれど、所詮「死人に口なし」だと考えるとゾッとしたり。
柏木家のその後が描かれていても良かったのでは。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。