スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入らずの森/宇佐美まこと ★★★☆☆

事故で陸上選手生命を絶たれた中学教師、家庭崩壊で転校してきた女子中学生、Iターン就農を目指す初老の男。無関係だった人生が「禁断の森」で交錯した時、平穏な日常が狂い始めた・・・平家の落人伝説、漂泊の山の民、因習の小集落・・・。

<静かすぎる  あまりにも>

これは面白かったです。
展開がゆっくりなので最初の50ページほどで断念しそうだったけれど、諦めないで良かった。
「気配」が感じられてからは一気読み。
いくつもの伏線がとても綺麗に回収されて満足でした。
小道具の効果的な使われ方といい、全体的にとても丁寧に計算されているように感じました。

一番印象に残ったのは杏奈の髪。
とってもドラマチックでした。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
舞台は森だし、ホラーの正体はてっきりクマかと(そして和室の少女は座敷わらしだと)思ってた。大ハズレ~。
再読すると、杏奈のキノコ採りで彼らが目を覚ます冒頭のシーンが巧いのよね。
淳子の真相はもう少しスマートに見せてくれれば驚けたかも。

あと、松岡が可哀相で可哀相で・・・。
不器用なだけで決して悪い人じゃないのに・・・利用されただけなのに・・・。
まさか死んじゃうとは思わなかったので、そこだけ後味が悪かったなぁ。

るんびにの子供/宇佐美まこと ★★☆☆☆


平凡な主婦の、当たり前な毎日―臙脂色のスカートをはいた、久美ちゃんが見えること以外は。嫁と姑の重苦しい日常にちらつく、少女の影は何をもたらすのか。何気ない暮らしにひたひたと入りまじる怪異を描く、怪談文学の神髄五編。『幽』怪談文学賞短編部門大賞受賞作。(amazon商品の説明より)

う~ん。評価は高いのですが、行間の空白が読めない私にはどの短編もピンときませんでした。
どうしてもオチにサプライズを求めてしまうので、深読みしすぎて肩透かし、を繰り返してしまいました。

印象に残ったのは「柘榴の家」で、これは少し意外な展開。
一方、表題作の受賞理由になったポイントは、私の感覚とはズレていてスッキリしませんでした。
題名に期待しすぎたかも・・・。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
表題作は、久美ちゃんが視えるようになった義母に「あの子が来てますよ~」と怖がらせるというオチなんだけど、私が義母なら「あなたも視えるのね!」って逆に心強く感じると思うな。
自分にしか視えないという特別性が一番怖いから。
義母のあまりのビビり様に、久美ちゃんは義母と何かしら関係があるのかと疑ってしまったよ。
これがグッロイ幽霊だったら何百人と一緒に視ようが恐怖だけど、ただの女の子だからねぇ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。