スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎の刑事の好敵手/滝田務雄 ★★☆☆☆

県警本部より首席監察官が視察に来るという知らせに大慌ての田舎刑事たち。実はこの首席監察官、黒川刑事の高校時代のライバルだったのだが、警察官としては致命的な欠点があり…。署内がパニックに陥るなか、小劇団で起きた謎の事務所荒らしは公民館での墜落死体事件に発展し、無能な部下・白石や黒川夫人、さらには暴走する元ライバルにも頭を抱えながら黒川は捜査に乗り出す!鬼刑事・黒川鈴木に暇はなし!

東川作品と同じくらいユーモアが楽しめるシリーズだったのに、今回は見事にスベリ続けていて読むのが苦痛でした。
「なんでやねん」のツッコミひとつで終わるようなくだらないボケをいちいち引き伸ばすのが、たまらなく面倒臭いのですよ。
犯人はかなり意外性があるので、本当に残念。

ワースト・インプレッション/滝田務雄 ★★☆☆☆

女刑事の理恩には問題が多い。減らず口を叩いたり、食い意地が張っていたり、すぐ迷子になったり。だが推理だけは超一流!コワモテの部下である拾得とともに、タレント歌人の失踪、大学教授の謎の死といった4つの難事件に立ち向かう。

うーん。この男女のキャラクターに全然馴染めなくて、とっても苦痛な読書でした。
理恩なんて、これだけキャラが立っているのにイメージが掴みにくいってどうなのか。
そして、ミステリよりも会話のやりとりが楽しみな作家さんなのに、今回はどこまでも不発で少し心配になったり。

長弓戯画 うさ・かめ事件簿/滝田務雄 ★★☆☆☆

雑踏のなか、和弓で射殺された男性。誰が、どうしてそんな目立つ凶器で殺人を行ったのか?しかも、日本有数の弓の名手でもなければ犯行が困難な状況で…。美男子なれどヘナチョコな少女漫画家マーチ宇佐輝先生と、ドSの編集者カメちゃんこと小亀ミドリは心ならずも事件に巻き込まれる。次々現れる新事実、その度に繰り返される推理の構築と否定。どこまで行っても五里霧中、謎多き和弓殺人事件の真相は?(本書あらすじより)

<このままだと犯人より先にカメちゃんに殺されちゃう>

短い話をすっごく引き延ばした印象。
たった一つの事件にこんなにページは要らないと思う。
事件の説明を何度も繰り返すのにもイライラ。
真相も意外性があるのでしょうが、巧く伝わりませんでした。

私は『田舎の刑事~』シリーズの方が好み。
奥さんのクールな意地悪と比べて、ミドリの暴力的なところが苦手でした。
でも、先生の喜ぶ姿を見て・・・のくだりは良かった。
これからそういった変化が出てきそうな気がするので、とりあえず次も読むかな。

田舎の刑事の闘病記/滝田務雄 ★★★☆☆


部下の白石の無能ぶりに卒倒し、病院に運ばれた黒川刑事。折しも入院病棟では、不審者が頻繁に病室に侵入しているらしい形跡が見られ…。表題作「田舎の刑事の闘病記」をはじめ六編を収録。
田舎でだって難事件は起こる。猿を追いかけ、蜂に追いかけられ、奥さんと台湾旅行に出かけて散々な目にあう黒川、今回は殺人事件にも遭遇します。


<妻よ、きみにとって私は何なのだ>

あ~笑った笑った。
やっぱりこのノリは楽しいです。

前作よりミステリ面はしっかりしているけれど、ユーモアが少し寂しい印象。
黒川のコロナ、好きだったのになぁ。
今回も黒川を窮地に陥れる奥さんは最高!
ちゃんと愛が感じられるところが好印象です。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。