スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静おばあちゃんにおまかせ/中山七里 ★★☆☆☆

神奈川県内で発生した警官射殺事件。被害者も、容疑者も同じ神奈川県警捜査四課所属。警視庁捜査一課の葛城が頼りにしたのは、女子大生の高遠寺円。円は中学生時代に両親を交通事故で亡くし、元裁判官だった祖母の静とふたり暮らしをしている。静はいつも円相手に法律談義や社会の正義と矛盾を説いており、円の葛城へのアドバイスも実は静の推理だったのだが、葛城はそのことを知らない。


とてもやさしい気持ちで読まないと、結構なストレスを感じてしまう作品でした。
帯にあるように、ミステリよりも社会派テーマの部分に重点が置かれているのでしょうが・・・それにしても・・・。
「静おばあちゃんの童心」の読後感は好み。
静おばあちゃんの主張は、もちろんとっても正論なのですが、目新しさがないからか、まったく心に沁みないのが残念。
すべての中山作品に共通する印象ですが、説教臭さだけが残るのです。
警察の円に対する扱いといい、全体的に「そんなアホな」と冷めた気持ちで読んでいたので、ラストもすんなり受け止められました。
どうやら中山作品は合わなくなってしまいました。卒業。

連続殺人鬼 カエル男/中山七里 ★★★☆☆

口にフックをかけられ、マンションの13階からぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。街を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の犯行だった。警察の捜査が進展しない中、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに。無秩序に猟奇殺人を続けるカエル男の目的とは?正体とは?警察は犯人をとめることができるのか。

<かえるはぜんぶぼくのおもちゃだ>

フェルト生地の温もりを感じさせるカバーイラストを一切無視したストーリー。
犯行メモになぞらえて起こる猟奇殺人の描写がとっても丁寧で、とってもグロイのです。
それでも、次々と起こる殺人と警察の捜査の間に挟まれる「ナツオ」のエピソードなど、謎が魅力的で中盤までグイグイと引っ張られていきました。
印象に残ったのは、主人公の過去のトラウマと、有働さゆりと当間のピアノ療法のシーンかな。

そこからの『魔女は甦る』のようなパニック展開はほぼ飛ばし読みでした。
盛り上がるはずの場面で一気にリアリティがなくなってしまったのが残念。
悔しいけれど、犯人は当てられませんでした(アノ作品と読む順番が逆になったから?)。
犯人にもう少し細かいフォローが欲しかったかなぁ。でも斬新でした。

贖罪の奏鳴曲/中山七里 ★★☆☆☆

弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。
だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があった―。


早い段階で真相が分かってしまったのが残念。
中山作品ではミステリ面はともかく、エピソードで読ませるというパターンが多いのですが、裁判シーンはやや身勝手な印象で、御子柴の過去も薬丸作品と比べると軽めに感じてしまいました。
評判がよさそうなので、私の場合、ジャンルが悪かったということかな。

要介護探偵の事件簿/中山七里 ★★★☆☆

反骨精神をモットーとする香月玄太郎は、不動産会社を興し一代で成功を収めた社長。下半身が不自由で「要介護」認定を受けている老人だが、頭の回転が早く、口が達者。ある日、彼の分譲した土地の建築中の家の中で完全密室殺人が発生。玄太郎は警察が頼りにならないと感じ、介護者のみち子を巻き込んで犯人捜しに乗り出す。他、リハビリ施設での怪事件、老人ばかりを狙う連続通り魔、銀行強盗犯との攻防、国会議員の毒殺事件など、5つの難事件に挑む連作短編ミステリー。

遥たちの登場で、『さよならドビュッシー』のスピンオフなんだと気づきました。
正直、岬先生よりもおじいちゃんの方が魅力的だったので嬉しかったのですが、それと同時に切ない気分にもなりました。
全体的に、ミステリとしてはもの足りないです。真相が平凡かな。
お気に入りは「要介護探偵の生還」
玄太郎のリハビリシーンに読み応えがあって、ラストはうるっときました。
最終話では、やっぱりしんみり。
でも、いい終わり方だったのでは。

魔女は甦る/中山七里 ★★☆☆☆

埼玉県の長閑な田園地帯で、肉片と骨の屑のようなバラバラ死体が発見された。被害者は現場近くにある製薬会社・スタンバーグ製薬に勤めていた桐生隆。仕事ぶりも勤勉で質素な暮らしを送っていた青年は、なぜ殺されなければならなかったのか?埼玉県警捜査一課・槙畑啓介は捜査を続ける過程で、桐生が開発研究に携わっていた“ヒート”と呼ばれる薬物の存在を知る。それは数ヶ月前、少年達が次々に凶悪事件を起こす原因となった麻薬だった。

『さよならドビュッシー』の2年前、第6回『このミステリーがすごい!』大賞の最終選考に残った作品とのことで、その評価には納得できます。
でも、前半の雰囲気に騙されて(?)ミステリを期待して読むとガクッときます。
この真相は苦手だなぁ。
そして、あらすじがストーリーの大半を紹介しているのもどうかと。

おやすみラフマニノフ/中山七里 ★★★☆☆

秋の演奏会を控え、第一ヴァイオリンの主席奏者である音大生の晶は初音とともに、プロへの切符をつかむために練習に励んでいた。しかし完全密室で保管されていた、時価2億円のチェロ、ストラディバリウスが盗まれる。脅迫状も届き、晶は心身ともに追い詰められていく。さらに彼らの身に不可解な事件が次々と起こり…。メンバーたちは、果たして無事に演奏会を迎えることができるのか。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」がコンサート・ホールに響くとき、驚愕の真実が明かされる。

前作のような仕掛けはなく、事件も小粒。
途中で、犯人も動機もうっすら予想できてしまいました。
(密室トリックは論外。)
演奏も前作の方が感動的だったような。
終盤には「おっ」と思わせられる真相があるけれど、それだけ。

あと、地の文で「お母さん」を連発するのには唖然。作文?

さよならドビュッシー/中山七里 ★★★☆☆

ピアニストを目指す遥、16歳。両親や祖父、帰国子女の従姉妹などに囲まれた幸福な彼女の人生は、ある日突然終わりを迎える。祖父と従姉妹とともに火事に巻き込まれ、ただ一人生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負ってしまったのだ。それでも彼女は逆境に負けずピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する―。

<では、指を歪めてしまった者の演奏を聴かせるとしよう>

音楽に疎いので演奏の描写はなかなかピンとこなかったのですが、主人公の人生観の変化やピアノにかける情熱にだんだんと心を動かされました。
コンクール本選の演奏には感動しましたよ。
ミステリとしては仕掛けがバレバレでしたが嫌いではないです。
いくつかの設定が少し上滑りな印象を受けるのと、岬先生の魅力が中途半端なのが残念。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
寝る前の「遊び」=「入れ替わり」とすぐに解った。
でも、事件の真相とは無関係だと思ってたわ。
これで「放火したのが遥」という真相なら、また違う後味になったのになぁ。

以下、気になった点。
仕掛けが仕掛けなだけに、死んだ従兄弟や母親への感情の省き方が露骨で、どうしても違和感が。
そして、ルシアの国籍や過去の災害などの設定も必要なのかどうか。
イスラムの戒律が伏線になってるのはともかく、日本語ペラペラだし。
てっきり、死語も伏線だと思ってたよ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。