スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死者はバスに乗って/三輪チサ ★★★★☆


信号無視の幼稚園バスが原因で、交通事故が起きる。しかし、大勢いた目撃者の中でバスを見たのは三人だけだった。高校生の対馬奈美も、確かにバスを見たという。事故の数日後、彼女の家に幼い頃に轢死した弟が帰ってくる……。次々と起こる怪異現象の正体とは? 第5回『幽』怪談文学賞長編部門大賞受賞作。

<笑ってたんですよ、バスの運転手>

まったく期待していなかったのですが、読んで大正解でした。
初めての作家さんで、こんなにキャラクターに満足した作品は久しぶりかも。
薫の明るさや伊達と梶原のやり取りなど、とてもいい味が出ているのですよね。
プロットもよく練られていて、要所要所のストーリーの繋がり方に何度も驚かされました。
ホラーなのに真相がなかなか綺麗にまとまっているところも好印象。

選考委員の高橋葉介さんの意見と同じく、後半の泣かせはしつこく感じました。
(ややオーソドックスなのと、平野の過去にあまり興味がなかったからかも。)
でも、この作家さんは要チェックです。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
森谷の運転するバスは、孫のトモちゃんがいる町を走っていたのね。
(トモちゃんは、ラストの他に、冒頭と、梶原に奈美の家を教えてあげるシーンしか確認できず。)
偶然ではなく、石田さんの近所に住むトモちゃんの祖父の森谷をバスが呼び寄せたのかしら。
奈美が最初に見たときと違って、伊達が見つけたバスが邪悪な雰囲気に包まれていたという変化は、石田さんを見つけたことがきっかけ?
バスを見た人と亡くなった子供が帰ってきた人とがカブらない理由もなんだっけ?
あれ?私、あまり理解してない?

終盤、幼稚園のシーンで、竹内たちが誰かを連れてきているということに気付かなかったので、その後の奈美の「おばさん、どうして」の台詞で、思わず「村上=石田」なのかと勘違いしてしまった。
ここは別に、誰かを連れてきたとハッキリ書いてもいいような。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。