スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔神館事件―夏と少女とサツリク風景/椙本孝思 ★★★☆☆

身に覚えのない女性からの一本の電話により、「魔神館」と呼ばれる館の落成パーティーに参加することになった高校生・白鷹黒彦。道すがら出会った不思議な少女・果菜とともに、妖しげな彫像がひしめく館に一歩を踏み入れるが、それは想像を絶する殺戮の始まりだった。ありえない連続殺人の犯人は深淵から召喚された魔神なのか。

<カグツチは、復讐せよと言った>

ラノベ感のあるイラストのおかげで、登場人物の見分けがついて助かりました。
犬神博士の自信満々だけれど見当違いの発言がお気に入り。
ハテナの一人称が「僕」はいいとして、黒彦との恋愛モードは不要、というよりそこだけ異質な感じがしました。
他の登場人物たちも必要以上に煽るので、何か秘密が隠されているのかと深読みしてしまったり。
トリックは好み。でも、黒彦の推理がグダグダな点が残念。
黒彦の推理にそこそこ説得力があれば、真相の衝撃度が変わったかもしれないのに。呆気なかったなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。