スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

檻の中の少女/一田和樹 ★★☆☆☆

サイバーセキュリティ・コンサルタントの君島のもとへ老夫婦が依頼にやってきた。自殺したとされる息子の死の真実を知りたいのだという。息子は自殺支援サイト・ミトラスに多額の金を振り込んでいたらしい。 ミトラスは自殺志願者とその幇助者をネットを介在して結び付け、志願者が希望通り自殺出来た際に手数料が振り込まれるというシステムだという。 やがて君島が「真相」を解き明かしたとき、これまで隠されてきたほんとうの真実【エピローグ】が見え始める──

う~ん。評判はいいのですがねぇ。
軽妙なハードボイルド調の文章が好みじゃないので、島田さんが推すほどユーモアを感じることもできず、淡々と読み終えてしまいました。
こういうテーマなら、主人公はもっと「デキる男」でいてほしいのに、丁寧な伏線のおかげで展開が手に取るように分かるため、(能力とは別のところで)君島がまったく優秀に感じられないのも残念。
ラストも「衝撃の事実」というより「取ってつけたような意外性」という見方しかできず。
ただ、次はこういうテイストの小説を読んでみたいという気分にはなりました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。