スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽りのシスター/横関大 ★★☆☆☆

麻薬密売の容疑者を射殺した罪を後輩の野口に被せて責任を逃れた刑事・楠見和也。会社をリストラされた楽天家の兄・楠見太一と和也の前に突然、腹違いの妹を名乗る麻美という女がやってきた。二人は困惑しながらも、天真爛漫な麻美に惹かれ、共に暮らし始める。だが麻美も、太一と和也に言えない秘密を抱えていた・・・。

うーん。38歳でこのお兄ちゃんのキャラは正直キツイ。
彼のシーンになるとイライラが募りました。
この著者の作品は、サクサク読めるけれど、どのエピソードにも魅力を感じないのですよね。
ストーリー展開もミステリの真相も、予想した通りだし。
前作のようなどんでん返しがないと、しんどいなぁ。

チェインギャングは忘れない/横関大 ★★★☆☆

護送車が襲撃され、五人の男が脱走した。脱走した男の一人である大貫修二は、記憶を失い停車中のトラックの前で眠っているところを、ドライバーの早苗に蹴り起こされた。その頃、数日後に迫った連続殺人鬼「サンタクロース」対策配備の準備をしていた池袋署の神崎と黒木は、大貫が脱走したという知らせを聞き、秘密裏に捜査をはじめる。

<私・・・この男を知っている?>

『再会』『グッバイ・ヒーロー』と連続で読みましたが、どんどん面白くなっています。
前2作は文章もミステリもハマらなかったのですが、アイディアに惹きつけられました。
今回は、終盤まであまりにも地味な展開なので、やや退屈気味だったのですよね。
まさかオチがあったとは!正直、なにも期待していなかったのでビックリですよ。
前2作でも感じた「ご都合主義な展開」が「ドラマチックな展開」に変化するほど、好感度が上がりました。
勢いがあるだけにやっぱり粗さも目立つわけで、もっと必然性やら説得力やら細かいところが詰めてあれば、スッキリと切なくなれたかも。惜しい。
でも、キャラクターの感情も豊かになってきているし、エピローグもとっても好み。
まだ伸びしろがありそうな予感がしますが、とりあえず次回作が面白かったら追いかけてみます。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。