スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人魚と金魚鉢/市井豊 ★★☆☆☆

音楽学科の学生選抜コンサートの会場となるはずだった、大ホールのステージを泡だらけにした犯人は誰か?そしてその理由とは?爽やかな余韻が残る表題作ほか、聴き屋だからこそ真相に気づけなかったエピソードを描く「恋の仮病」、美少年タレントの謎の行動の理由を探る「世迷い子と」など全五編を収録。

うーん、続編が待ち遠しかったけれど、前作の方がキャラクターが生き生きしていて会話も面白かったような気がします。
第一話なんて、なかなか読み進められませんでした。
ミステリとしても印象が薄くて、『世迷い子と』は好みの真相なのに、強引さが上回っていて違和感が残りました。
期待しすぎちゃったかな。

聴き屋の芸術学部祭/市井豊 ★★★☆☆

芸術学部祭の最中に作動したスプリンクラーと黒焦げ死体の謎を軽快かつロジカルに描いた表題作をはじめ、結末が欠けた戯曲の謎の解明を演劇部の主演女優から依頼される「からくりツィスカの余命」、模型部唯一の女子部員渾身の大作を破壊した犯人を不特定多数から絞り込んでゆく「濡れ衣トワイライト」、そして深夜の温泉旅館で二人組の泥棒とともに“いったいここで何が起こったか”を推理する力作書き下ろし「泥棒たちの挽歌」の四編を収録。

<誰のどんな話でも、しっかり聴くことができる>

『放課後探偵団』でチェックしていた作家さん。
期待以上に楽しめました。
芸術学部ということで奇抜なキャラでもOKな雰囲気なのですが、それにしても「先輩」と川瀬のキャラとコミカルな会話がいい味出しています。あ、月子さんも。
お気に入りは「からくりツィスカの余命」
戯曲自体が面白く、結末を披露する舞台も印象深かったです。ロジックにも納得。
でも、終盤に進むにつれ、ミステリ的にはピンとこなくなったかな。
この作風だと殺人事件よりも日常の謎の方が合うのでは。
あと、第一話の「聴き屋」だからこそ周りの情報が集まって推理できるという流れがとても自然だったので、途中から少し設定が弱く感じたのも残念。
柏木という名前を出さずに「聴き屋」で通してもよかったかも。
シリーズは続くということなので、これからも追いかけます。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。