スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今だけのあの子/芦沢央 ★★★☆☆

何時だって何歳だって女の友情はめんどくさくって、あやうくって、美しい。OL、ママ友、中高生…。さまざまな年代、立場の女性の友情に隠された想いを情感あふれる筆致で描ききる!注目度ナンバーワンの新鋭が贈る連作ミステリ。

辻村深月が描く女の友情と長岡弘樹作品のような捻りが味わえる作品。
「届かない招待状」
意外性にこだわるあまり登場人物の行動が不自然な印象に。
「帰らない理由」
少年はともかく少女の目的が面白い。ラストもベタだけどいい。
「答えない子供」
ソウくんママにも自分を変える必要があると思うので、そこまで書いて欲しかった。
「願わない少女」
自分だけ置いて行かれそうになる焦りや孤独感がひしひしと伝わってきた。
ミステリ的にもこれが一番好み。
「正しくない言葉」
事情を話せばいいのに、と考えるにはやや複雑な問題だという点が上手い。

連作といっても単なる登場人物のリンクだけだったのが残念かな。
第二話のつながりから、第一話の過去の事件を深く掘り下げていくのかなと期待したので。

悪いものが、来ませんように/芦沢央 ★★★★☆

かわいそうな子。この子は、母親を選べない―。ボランティア仲間の輪に入れない、子育て中の奈津子。たとえば、いますぐわたしに子どもができれば―。助産院の事務をしながら、不妊と夫の不実に悩む紗英。二人の異常なまでの密着が、運命を歪に変えてゆく。そして、紗英の夫が殺されて見つかった。女2人の、異常なまでの密着、歪な運命。気鋭の新人が放つ心理サスペンス!

<この子のもとに、幸せばかりが待っていますように>

生々しいシーンが多くてそこが少し苦手ですが、不妊の悩みや出産にまつわるエピソードでは、女性ならではの感情が溢れる文章に圧倒されました。
そして、このタイプのミステリの中でも、伏線の張り方が相当巧いのでは。
帯でかなり身構えましたが、私は(その一文を読むまで)真相にまったく気づきませんでした。
もっと話題になっていい作品だと思います。
タイトルも秀逸。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。


























とにかく、こんなにもキレイに騙された理由は「孫の存在」の一点だと思う。
真相判明の瞬間、驚くよりも先に「それだとあの子は一体?」と混乱したからねぇ。
紗英の結婚式の「幼稚園で手をつないでいる写真」や、電車内での出来事、ファミレスのシーンのミスリードも本当に絶妙。見事にイメージが一転しました。
娘を庇っているという予想は簡単だし、真相が解ってからが長すぎるようにも感じたけれど、蕎麦アレルギーを利用したという紗英の文章で「あれ?そっち?」という違和感があったのをすっかり忘れていたので「奈津子の死因の勘違い」に深く納得。
紗英の今の生活の描写は要らないから、面会室で「○○から聞いたけれど~」と真相を明かす方がドラマチックだったような。
胸を抉られるような余韻が残ってもいいはずのラストシーンなのに、なんだか惜しい。】
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。