スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリック・シアター/遠藤武文 ★☆☆☆☆

2010年3月21日未明に、奈良と東京で、女性と男性が殺害された。被疑者は被害女性の夫であり、被害男性の大学時代のサークルの先輩だった。同一人物による500km離れた場所での同時殺人。警察庁「裏店」のキャリア警視正・我孫子弘が捜査の指揮をとると、被疑者の大学時代の映画サークルの仲間4人がこれまで、3月21日に事故・もしくは自殺で死亡していたことが明らかになる。(帯より)

デビュー作より、明らかに文章が読みにくいです。
ドコドコに行ってナニナニに乗って、という描写がいちいち邪魔でした。

あらすじに興味が沸いて手に取ったのに、最初の数ページでそれらが淡々と説明されてしまう味気なさったらもう。
そして、前作といい、なんでこんな大したことのないトリックなのに、題名に「トリック」付けちゃうんだろう。
題名で損してるだけだとも思えませんが。

謎は好みですが、驚くくらい拍子抜けの真相です。
すべてにおいて、説得力が弱いと感じました。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
前作であんなプリズンが書かれていたので、トリックに期待はしていなかったけれど・・・それでもガッカリ。
どちらも、そんな単純なトリックが使える施設自体に問題があるだけなんだよねぇ。

あと、戸田は別に要らない。
富樫の映画の詳しい内容も要らない。
(ここから面白くなるのでは?と期待してしまった。)

ラストの血飛沫は、有栖川さんの短編で見たことがあったので新鮮味ゼロ。
それどころか、その前のページの時点でうっすら透けていて、捲る前に笑ってしまった。
せっかくの演出だったのに。残念。

プリズン・トリック/遠藤武文 ★★☆☆☆


交通刑務所で発見された前へ倣え姿の遺体。
現場は密室―逃走した受刑者を追う県警が知る意外な事実。
選考委員・東野圭吾氏も仰天の第55回江戸川乱歩賞受賞作。(amazon内容紹介より)


あまり評判は良くないみたいですが、中盤までは本当に面白くて次々と意表をつく展開にワクワクしました。
章ごとに視点が変わる構成も好みだし、最初はそれほど読みにくくはなかったのですが・・・。
登場人物の多さに不安を感じてからは、一気にグダグダ~っと。
詰め込みすぎなのか、それぞれのドラマが中途半端でとても残念でした。
肝心の事件も盛り上がらないまま終盤に入ってしまって物足りないです。
ラストも予想がついたし・・・。
帯で東野さんがベタ褒めしているトリックは、「それでいいの??」の一言。
もう少し説得力が欲しかったなぁ。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
第一の殺人のトリックは不自然な記述でピンときたんだけど、「そう簡単に部外者が(しかも硫酸持って)刑務所に出入りできるわけないしなぁ~」って考えてたら、まさかの大当たり。
「成りすまし」は意外性が高くて可能かどうかは二の次だったけど、これはさすがに納得できなかったよ。

あと終章、どう考えたって戸田は怪しすぎるでしょ。
気付かない村上がマヌケに思えて仕方がない。
これを巧く処理してくれてたら、ラスト一行にもっと驚くことができたのに。
しかも、それまでの事件が全て無意味になっちゃって・・・。
密室は偶然だし・・・。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。