スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福家警部補の追及/大倉崇裕 ★★★☆☆

狩秋人は未踏峰チャムガランガへの挑戦を控え、準備に余念がない。勇名を馳せた登山家の父・義之がついに制覇できなかった山である。義之は息子に夢を託して引退、この期に及んで登山隊の後援をやめると言った会社重役を殺害する(「未完の頂上」)。動物をこよなく愛する佐々千尋はペットショップの経営者。血の繋がらない弟は悪徳ブリーダーで、千尋の店が建っている敷地を売ろうとする。そもそも動物虐待の悪行に怒り心頭だった千尋は、弟を亡き者に……(「幸福の代償」)。

ミステリも薄味ですが、楽しみにしている福家警部補の人情エピソードもあまりパッとしなかったような。
「未完の頂上」では、スッと流していたシーンが、終盤に伏線だったことを知って「ああ!」と。
「幸福の代償」は動機にもう一捻りあるのかと思ったのですがねぇ。

福家警部補の報告/大倉崇裕 ★★★☆☆

実力派漫画家と辣腕営業部長、もと同人が迎えた不幸な結末(「禁断の筋書」)、少女が目撃証言を拒むのはヤクザの一徹に絆されたからか(「少女の沈黙」)、老夫婦が爆弾で吹き飛ばした三人は銀行を襲う直前だった(「女神の微笑」)。『福家警部補の挨拶』『福家警部補の再訪』に続く、倒叙形式の本格ミステリ第三集。

<あなた、私のことを疑ってるでしょう>

三作目にして、急に福家警部補のキャラが魅力的に感じてきました。
驚きのロジックはないけれど、ストーリーはシリーズの中で一番よかったです。
特に「少女の沈黙」は読み応えアリ。菅原の動機にもう一捻りあればなぁ。
福家警部補が関係者たちに幸福を運ぶ(?)エピソードも温かくて好みです。

福家警部補の再訪/大倉 崇裕 ★★★☆☆


鑑識不在の状況下、警備会社社長と真っ向勝負(「マックス号事件」)、売れっ子脚本家の自作自演を阻む決め手は(「失われた灯」)、斜陽の漫才コンビ解消、片翼飛行計画に待ったをかける(「相棒」)、フィギュアに絡む虚虚実実の駆け引き(「プロジェクトブルー」)…好評『福家警部補の挨拶』に続く、倒叙形式の本格ミステリ第二集。(本書あらすじより)

<人がふだんと違ったことをすると、気になる質でして>

普通に楽しめました。
伏線が分かりやすいのと似たような動機(脅迫とか)や展開(取り違えとか)が多いので、どれもインパクトが薄いのが残念。

一番スッキリ納得できた作品は、少し長かったけれど「失われた灯」
「相棒」はあと一歩で感動しそうだったのになぁ。
ビデオ屋の主人や演芸場のオーナーのプチ人情話(?)は好きです。
でも、やっぱり、福家警部補のキャラクターは弱いような・・・。

福家警部補の挨拶/大倉崇裕 ★★★☆☆


『最後の一冊』・・・犯人・私設図書館の女性館長
『オッカムの剃刀』・・・犯人・復顔術に秀でた科警研OB
『愛情のシナリオ』・・・犯人・海千山千の女優
『月の雫』・・・犯人・日本酒醸会社の社長


いきなりネタバレ?・・・ではなく、これは叙述ミステリ。
刑事コロンボや古畑任三郎の手法で、古家警部補が犯人を追い詰めるのです。
どちらも私の大好きなドラマですし、同じ形式の小説を読むのは初めてなのでとても新鮮でした!
(大倉さんはコロンボの大ファンで、ノベライゼーションにも挑戦しているそうです。)

最初に犯人が事件を起こす様子が描かれていて、その後福家警部補の捜査が始まる。
犯人にうんざりされながらも何度も話を聞きに訪れる方法といい、全てがコロンボそのものです。

プロットもとても良く出来ています。
偶然に頼りすぎている点が気になりましたが、予想外の方向から導き出される証拠や動機には驚かされました。
特に『オッカムの剃刀』のラストなんてため息モノです。美しい!

ただ、福家警部補にコロンボや古畑任三郎のような魅力が感じられないのが残念。
映画が好きでお酒に強いのと外見がひどく幼いという特徴はあるのですが、全ての言動が機械的なんですよね。
出会う人全てに『刑事さんには見えない』と評されるのも少々しつこい。

これがシリーズ1作目だということですし、とりあえず次回作も読んでみます。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。