スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女は踊る暗い腹の中踊る/岡崎隼人 ☆☆☆☆☆


鬼畜パワー、炸裂!

内容が内容なので相当の覚悟で挑戦しましたが、想像を軽く上回りました。
散々悩んだ挙句、好奇心に負けて手に取ってしまった自分を投げ飛ばしたい。

「勢いがあり、グイグイ読める」点が評価されているそうですが、私はあまりの気持ち悪さに5、6回中断を余儀なくされました。
延々、暴力と殺戮の繰り返し。
終始、「無理!無理!」と呪文のように唱えつつ、それでも頑張って完読したのは、真相に期待していたから。
グロ描写ではドッコイの浦賀作品も「読んで損した」とは思ったことがないし、と。

しかし、ここでも予想を裏切られ、読後は脱力感に襲われました。
真相究明から何から、全てが主人公に都合よく進んでいくので、興奮も何もあったもんじゃない。
「勢い」に乗れない分、要所要所の詰めの甘さが気になってイライラするし。
見立て殺人や過去に縛られる主人公など、それぞれのパーツには惹き付けられるのですが、全体としてはかなり雑な仕上がりです。
そして、嫌~な真相でした。

ノワール小説なので登場人物に共感できないのは当然ですが、もう少し魅力的なキャラを描いて欲しかったです。
特に女性はヒロインの蒼以を含め、みんな人形のようでした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。