スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い蟷螂/赤星香一郎 ★★☆☆☆

赤い蟷螂を見た者には必ず災いが降りかかる―。
大学生・赤井雅彦の周りで飛び交う噂。
あくまで噂だとたかをくくっていたなか、それに関わった友人たちが不可解な死を遂げる。
次は自分ではないかと恐怖におののきつつも時は経ち、そのことを忘れかけていた頃、再び赤井の周りで不審な出来事が起こり始める・・・。(本書あらすじより)


前作の方がもっと怖さに品があったような。
ミステリとしては微妙ですが、突っ込みどころが多くて結構楽しめました。
大学生なのに、「赤い蟷螂」の噂への食いつき方が幼すぎたり。
作中でいくつか紹介される怪談が全てパッとしなかったり。
主人公が毎回、怪しげなメールのURLをクリックしたり。
ラスト数ページでの怒涛の辻褄合わせには笑ってしまいました。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。




















「せつこさま」の呪いを封じ、解決した~っと一安心した後、主人公がまだ呪われたままというバッドエンドを想像してたわ。
てっきり主人公だけは、子供の頃に目撃した山中に埋められた女性の呪い(まだ生きていたのに助けてくれなかったとか)だとばかり。
伏線じゃないなら、そんな過去の設定要らないと思う。

虫とりのうた/赤星香一郎 ★★☆☆☆

小説家を目指す赤井は、ある日河川敷で必死に助けを求める少女と出会う。知らない男に追いかけられていると訴える少女。だが、男は少女の父親だと言いはる。助けようとする赤井だったが、居合わせた大人たちに少女を男に返せと言い含められ、その場をやり過ごしてしまう。そして後日、少女がその男性に殺害されたということを知り、罪の意識に苛まれて、彼女の葬儀に参列。そこで「虫とりのうた」という奇妙な唄にまつわる都市伝説を耳にした。

出だしはすっごく好みなんだけどなぁ~。
早い段階である程度真相が読めてしまうのが残念でした。
ホラーだけど怖くはなかったです。やや地味かな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。