スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噂/荻原浩 ★★★☆☆

「ミリエルのローズをつけていると3ヵ月以内に恋がかなう」「女の子をさらって足首を切り落とす、ニューヨークのレイプ魔が渋谷に出没。でもミリエルをつけている子は狙われない」
香水「ミリエル」を売り出すために、渋谷の女子高校生たちの口コミを利用した広告代理店。その戦略は大成功だったが、噂どおりに女子高生の足首を切り落とされる事件が発生。殺人鬼「レインマン」の正体とは?


<ちょっと前までは生きていたんだ。生きてりゃ別嬪だったかもしれない。
     お前にゲロを吐かれる筋合いなんてなかったんだ>


さすがに「ハードボイルド・エッグ」のように、地の文で吹き出すことはありませんでしたが、刑事・小暮はなかなかユニークなキャラでした。
そのおかげで、凄惨な事件なのに、それほど重く感じませんでした。
ミステリとしては、犯人の描写がもっと欲しかったかな。
まあ、著者が書きたかったのは、あのラスト一行だったのでしょうね。
でも、ラストが凄い凄いと評判だったので、途中で解っちゃった・・・。
これ、予備知識がない方が良いです。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
西崎とサキのシーンって、冷蔵庫から「食卓に載せるものを取り出して」という記述からして、
食卓にサキの足を載せてそれと妄想会話していたってこと?いや~。
そして、死体の額に残された文字、私には「12」にしか見えなかったので、
なんで「R」とばかり読まれるのか不思議でした。
ラスト一行は、バッチリ予想通りでした。
でも、サキや麻生の携帯をタンツボにしたりとか、そのあたりはゾ~~っとしました。
<足、どうしよう。まだうちにあるんだよ。>

サニーサイドエッグ/荻原浩 ★★★☆☆


最上俊平はフィリップ・マーロウに憧れる私立探偵。失踪したペットの捜索が主な仕事。ある日、和服を着た若く美しい女性から「猫捜し」を依頼される。そして、ひょんなことから「ブロンドで青い目の若い」秘書まで雇えることになった。おまけにヤクザの猫捜しや、付近で起こる動物殺傷事件など、最上はまたしてもトラブルに巻き込まれることに・・・。

<私たちはしばしカウンターの向こうとこちらで、
           人に不一致と言われるそれぞれの自己の中へ埋没した>


『ハードボイルド・エッグ』続編です。
前作がとても切ないラストだったので、まさか第二弾が出るとは思ってませんでした。

あいかわらず、最上の語り口が面白くて、つい吹き出してしまいます秊。
でも、それがなければ、退屈で最後まで読めなかったかも。
ページ数のわりに、内容が乏しいのです。
秘書とのやり取りも少ないので、もう少し描き込んで欲しかったなぁ。
少し物足りなさを感じました殮。

ラスト一行は痛快です。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
荻原作品がこれが2冊目なので、残酷な描写もあることにびっくりしました。
最上と茜のやり取りが少ないので、突然の『解離性同一性障害』に戸惑ったり。
ラスト、茜が動物殺傷事件の犯人なのでは?という流れになった時は、さすがにゾクリとしました。
ハッピーエンドで良かった、良かった。

ハードボイルド・エッグ/荻原浩 ★★★★☆

「私」はフィリップ・マーロウに憧れ、日々ハードボイルドな生き方を目指している探偵。
実際は猫やイグアナ探しなど、主に動物専門の便利屋なのだが。
このたび、(下心たっぷりで)秘書を雇うことを決め、履歴書にダイナマイト・ボディの写真を添付してきた美女を採用することにした。しかし、やってきたのは・・・?


<ねぇ、便利屋さん> <探偵です>

初めての作家さんです。

ハードボイルド風ということで、霞流一さんと比べてしまうのですが、こちらは腹を抱えて笑うというよりも、常に「フフッ」と笑みがこぼれるような作品でした。
秘書・綾との掛け合いがとても楽しいです。
言い回しがユニークなのですよね。

事件はそれほど目新しいものではなく、少し中だるみを感じました。
ページが多すぎるかな。
しかし、ラストではしっかり泣かされました。
最初から予想していた真相なのですが、そこに「現実の自分との折り合いがつかない」主人公という設定が活かされているのがお見事でした。

最初と最後の数ページのイラストでまた涙。
文庫でもこのイラストは残しておいて欲しいなぁ。どうなってるんだろう。

終盤、「私」が小学生の男の子にかける言葉が良かったです。

<死ぬなよ。死ぬのは怖いぞ。一度、死にかけると、絶対死にたくなくなるぞ>
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。