スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑惑/折原一 ★★★☆☆


折原作品はやっぱり短編の方が好きです。
今回は、個人的に結構楽しめました。

『偶然』・・・「母さん?俺だよ、俺」。受話器を取った房枝に怪しげな声が・・・。
『疑惑』・・・夜な夜な部屋を出てゆくひきこもりの息子は、もしや連続放火犯?
『危険な乗客』・・・謎の猟奇殺人が世間を騒がせる折、新潟行き快速電車で隣り合わせた女性客からはなぜか血の臭いが・・・。
『交換殺人計画』・・・遺産を狙って父親の殺人を企てる息子。交換殺人計画の全貌とは?
『津村泰造の優雅な生活』・・・家をリフォームして快適な老後生活をおくる津村。悩みは隣の騒音おばさんと、家出したきりの不肖の息子・・・。


振り込め詐欺や、放火、騒音おばさんなど、話題になったテーマを絡ませながら、意外な着地へと導くテクニックはスゴイです。
『偶然』の真相には一番驚きました。
このタイトルだけに、文句が言えません。巧いなぁ。

グッドバイ~叔父殺人事件~/折原一 ★★★☆☆

ぼくの叔父が集団自殺をした。閉め切ったワゴン車で練炭を使ったのだという。ところが叔母は「自殺に見せかけて誰かが殺したんだ」といってきかない。こうしてぼくは叔母に命じられ叔父の死の「真相」を探ることになったのだ。ぼくは遺族として他の自殺者の家族と会ううち、この集団自殺を以前から追いかけていたジャーナリストがいたことを知る。そして、ぼくは何者かに監視されていることに気づいた。やはり単なる「集団自殺」ではなかったのか?ぼくは狙われているのか?(あらすじより)

続けて折原作品二作目です。
 
こちらは題材が新しく、ストーリー自体が面白かったです。
ジャーナリストが集団自殺前にメンバーへの取材を行うというアイディアには驚きました。
実際問題では、倫理的に無茶な行動ですが。
一人ひとり、「死」を考えるに至るまでの心の動きがしっかり描かれています。
ただ、やはりミステリ面に惹きつけられないのです。
この作品、評判は良いとのことなので、私には折原さんの作風が合わないということが確定しました。
犯人やトリックなどに全く興味が沸かないし、真相が明かされても驚きがない。
とても読みやすいのだけど途中で飽きてしまうのです。
折原さんの短編はとても好みなのですが・・・。もう長編を手に取ることはないかな。

偽りの館~叔母殺人事件~/折原一 ★★☆☆☆


久しぶりの折原作品です。
初期の頃は見事な叙述トリックに仰天したものですが、さすがに食傷気味になりずいぶん遠ざかっていました。
なので、今回もあまり期待せずの読書だったのですが・・・。

う~ん、面白くない・・・。
終始、展開がバッチリよめてしまいました。
相変わらず折原作品特有のステレオタイプの登場人物なので、思考や行動が単純すぎて感情移入ができないのです。
ストーリーもさっぱりでとても退屈。
久しぶりに読んだのに全く作風に変化がないという懐かしさだけが残りました。

新作をもう一冊借りているので、それ次第でもう読むのはやめにします。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。