スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人形の部屋/門井慶喜 ★★★☆☆

「じつはフランス製じゃないんだ、フランス人形は」ある春の日、八駒家に持ち込まれたプラスチックの箱の中身は、「冬の室内」といった趣の舞台装置と、その右のほうに置かれた椅子に行儀よく腰かけている少女の人形。子供らしい快活を示すように、ひょいと天を向けた少女の左足のつま先は・・・こなごなになっていた。破損の責任を押しつけられそうな敬典の姿を見て、娘のつばめは憤慨するが、敬典は不思議と落ち着いていて……。

6つの日常の謎系ミステリ。
中学生の娘・つばめと、専業主夫・敬典との会話が、微笑ましいです。
でも、あまり興味のないテーマだったからかもしれませんが、薀蓄が長く感じました。
なるべく読み飛ばしているため、どの作品も、あまり印象に残っていないのですよね。
せっかく中学生の娘が登場するのだから、彼女を相手に簡潔に説明するという流れだったら、もっと読みやすいのになぁ。

面白かったのは「銀座のビスマルク」。
優しい真相でした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。