スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファントム・ピークス/北林一光 ★★★☆☆

長野県安曇野。半年前に失踪した妻の頭蓋骨が見つかり、三井周平は絶望していた。しかし、なぜ、あれほど用心深かった妻が、山で遭難し、しかも現場と思われていた場所から、遥かに離れた場所で発見されたのか?数日後、沢で写真を撮っていた女性が、一瞬目を離した隙に行方不明になる事件が発生。妻の事故との類似点に気づいた周平が捜索を手伝うことになる。しかし、それは、恐怖の連鎖のきっかけにすぎなかった!(帯より)

<おまえはなぜここにいる?>

ホラーでもミステリでもなく、パニック小説なのですよね。
中盤までが文句なしの面白さだったので、大体の真相が見えてきたところで少し拍子抜けしてしまいました。
ありがちなテーマですが、それを取り巻く人間ドラマが丁寧に描かれてあり、メッセージ性は抜群。

著者は映画宣伝会社でプロデューサーをされていたとのこと。
目に浮かぶような描写と、スピード感あふれる展開は迫力です。
高野作品と似た印象で、楽しめました。
読み応えのある作品です。

2006年に亡くなられたのですね。
次の作品を読みたかったなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。