スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百器徒然袋 風/京極夏彦 ★★★☆☆


調査も捜査も推理もしない。ただ真相あるのみ!
眉目秀麗、腕力最強、天下無敵の薔薇十字探偵・榎木津礼二郎が関わる事件は、必ず即解決するという。探偵を陥れようと、「下僕」の益田や本島らに仕掛けられた巧妙な罠。榎木津は完全粉砕できるのか?天才の行動力が炸裂する「五徳猫」「雲外鏡」「面霊気」の3編。(本書あらすじより)


<旅の恥はかき捨てと云いますが、
      榎木津の場合は生き恥でもかき捨てるんです>


今回は探偵・榎木津に復讐すべく、敵がいろんな策略を張り巡らせるのですが・・・。
とにかく榎さんがいつもの調子なので、こちらもまったくハラハラしません。
乱闘騒ぎもまるで漫画なのですが、そんなの関係なく楽しいのです。
何といっても「面霊気」の特別ゲストには、鳥肌が立ちそうになりましたよ。
びっくりした~。

あまりキャラを増やされたくないことから本島の役割を関口にやらせてもいいのでは?と前作から思っていたのですよね。
(関口も『邪魅の雫』でしっかりしてきたし。)
でも今回、ラストの榎さんの手紙でスッキリしました。
この余韻がいいなぁ。

百器徒然袋 雨/京極夏彦 ★★★☆☆


救いようの無い八方塞がりの状況も、国際的な無理難題も、判断不能な怪現象も、全てを完全粉砕する男。ご存知、探偵・榎木津礼二郎!
「下僕」の関口、益田、今川、伊佐間を引き連れて、さらには京極堂・中禅寺秋彦さえ引きずり出して、快刀乱麻の大暴れ!不可能状況を打開する力技が炸裂する三本の中編。(本書あらすじより)


<お待ちかねの榎木津礼二郎だこの馬鹿者!>

いやぁ~楽しかったぁ!
読み終わる頃には、榎さんの魅力でお腹いっぱい。
関口の肩を揺さぶりながら「サルサル。」とはしゃぐ榎さん。いいわぁ。
本編では想像できない中禅寺の悪ノリも堪能しました。
(面白かったけれど、少しイメージが崩れたような・・・。)
意外な真相だった「瓶長」がお気に入り。

陰摩羅鬼の瑕/京極夏彦 ★★★☆☆


白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」は、主の五度目の婚礼を控えていた。過去の花嫁は何者かの手によって悉く初夜に命を奪われているという。
花嫁を守るよう依頼された探偵・榎木津礼二郎は、小説家・関口巽と館を訪れる。
ただ困惑する小説家をよそに、館の住人達の前で探偵は叫んだ。―おお、そこに人殺しがいる。


<また妻を殺すのですね、あなた方は>

今回も最初の数行で持って行かれてしまいました。すごい世界観。
一つの事件をじっくり追うというストーリーのせいか、途中で真相が読めてしまい、驚きはもちろん哀しさや切なさがあまり感じられなかったのが残念。
とっても私好みの真相なのですがね~。

絡新婦の理/京極夏彦 ★★★★☆


理に巣喰うは最強の敵・・・。京極堂、桜の森に佇つ。
当然、僕の動きも読み込まれているのだろうな・・・2つの事件は京極堂をしてかく言わしめた。
房総の富豪、織作家創設の女学校に拠る美貌の堕天使と、血塗られた鑿をふるう目潰し魔。連続殺人は八方に張り巡らせた蜘蛛の巣となって刑事・木場らを眩惑し、搦め捕る。中心に陣取るのは誰か?シリーズ第5弾。


<貴方はそうして世界を勝ち取るの?>

これは良い!
今回も800ページの分厚さだけれど、女学生のパートがとても読みやすく、リーダビリティの高さは『魍魎の匣』レベル。
お寺や宗教も絡んでこないため、薀蓄も少なめなのですよね。
そして、しつこいほど意表を突く展開は驚きの連続でした。

「狂気」がベースとなっているので少し疲れますが、なぜか女性にモテる木場修や、榎さんの大立ち回りなど、見所も満載。
作中でツッコまれている通り、見事な「ご都合主義」の真相なんだけれど、そんなことはどうでも良いのです。
めちゃめちゃ面白かったのです。

ラスト一行にため息。美しい!

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
冒頭から京極堂の憑き物落としが始まるので、相手の女性が真佐子か茜か・・・と予想してたのですよね。
終盤で、あれ?五百子刀自かい!と驚いた後、やっぱり茜だったと。
こんなに緻密な計画を立てれるなんて、どれだけ頭が良いのか。

耕作が葵を殺害したのにはびっくりしたなぁ。
(でも、ダンスはちょっと・・・。)
白粉アレルギーも、まさかそんな真相だとは・・・。

再読すると、中盤まで各章の終わりに挟まれていた会話の男女が誰なのか判明して、スッキリした。
関口の出番がないなぁと思ってたら、冒頭は彼の視点だったのね。
美味しいトコロを持っていくなぁ。

鉄鼠の檻/京極夏彦 ★★★☆☆

シリーズ最大の難事件!京極堂、結界に囚わる。
忽然と出現した修行僧の屍、山中駆ける振袖の童女、埋没した「経蔵」・・・。
箱根に起きる奇怪な事象に魅入られた者・・・骨董屋・今川、老医師・久遠寺(くおんじ)、作家・関口らの眼前で仏弟子たちが次々と無惨に殺されていく。謎の巨刹(きょさつ)=明慧寺(みょうけいじ)に封じ込められた動機と妄執に、さしもの京極堂が苦闘する、シリーズ第4弾!


<この檻は破れませぬ>

ひやぁ・・・長かった・・・。
これまでは何とか薀蓄に目を通してきたけれど、今回は飛ばしてしまった・・・。
絶対、難易度高くなってる!
でも「公案」や「十牛図」はシュールで興味深かったです。

ミステリ面はあまり期待してなかったので、意外な犯人にびっくり。
それまでの構図がひっくり返るシーンは、とても鮮やかでドラマチックでした。
さすがに犯人の動機には首を傾げましたが、この(濃ゆ~い)雰囲気ならアリですね。
不道徳な関係もトリックも、何だかどうでも良いとさえ思えてくるのが不思議。

それにしても、榎木津の「僕だよ!」の登場は良いなぁ
釈迦も弥勒も榎さんの下僕って・・・素敵すぎる。
今回も楽しませてもらいました。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
終盤に近づくにつれ、『薔薇の名前』っぽい展開に頬染めてしまったり。
ぼんさんばっかりだから、まさかとは思ったけど(照)。

哲童の印象が強かったので、木の上の死体とか、トイレの逆さ死体とかは「公案」になぞらえてるんだろうなぁとは気づいてた。
でも、まさか仁秀の下で動いていたとは・・・。
襤褸を纏った仁秀が明慧寺の真の貫主と判明するシーンは、目に浮かぶような鮮やかさだった。
ここだけ、映像化して欲しいなぁ。

狂骨の夢/京極夏彦 ★★★★☆


妾(あたし)は人を殺したことがあるんでございますよ。
髑髏のみせる幻、骨の記憶を黒衣の男が解き明かす。
狂骨は井中の白骨なり・・・。(帯より)


<どこまでも、いつまでも沈み続ける>

またまた一気読み。面白かった~。

時々、自分に別の人間の記憶が入り込むと訴える女。
胡乱な夢に悩む男。
数年前の宗教が絡んだ集団自殺。
海に現れては消える金色髑髏。

今回の謎もとても魅力的なのですが、京極堂がお出かけしていてなかなか登場しないのと、降旗が「フロイトフロイト」と煩いのが原因で、少し冗長に感じてしまいました。
同じく新キャラの伊佐間さんは好きなのになぁ。

『魍魎』もそうだったけれど、トリック自体に驚きはありません。
どんどん広がりを見せる物語に翻弄されるのが抜群に心地良いのです。
そして、どう着地するのかが見ものなんですよね。
いやぁ堪能しました。
このシリーズ、のめり込みそうです。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
『魍魎』では1つの事件と思われたものが実は別々の事件だったことに驚いたけれど、今回はその逆。
よくこんな綺麗に纏めるよなぁ~と感心してしまう。
冒頭の朱美=民江はピンときたのだけれど、伊佐間と朱美の出会いのシーンがミスディレクションだった、というのには気づかなかった。
朱美は民江のハズなのに、宇多川殺しで逮捕された時、7年前に朱美を申義殺害容疑で取り調べした時の指紋と一致した、というのが不思議で。
そこで、実は隣人の一柳夫人が民江なのか?と疑ってしまった。
あと、佐田申義の首を切った理由が髑髏本尊の偽物を作るため、という真相には驚いた。
鷺宮の「儂等は七年間も、佐田の倅の頭を拝んでおったと云うのか?」という台詞が滑稽であり、痛々しかった。

魍魎の匣/京極夏彦 ★★★★★

匣の中には綺麗な娘がぴったり入ってゐた。
箱を祀る奇妙な霊能者。
箱詰めにされた少女達の四肢。
そして巨大な箱型の建物―箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。
探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。果たして憑物は落とせるのか!?日本推理作家協会賞受賞作。


<何故そんな隙間だらけのまヽ蓋をするんだ>

ただ、ため息。「ほう。」

読書中ずっと文章に煽り立てられているような感覚のまま、一気読みでした。
「みつしり」などの表現にゾクリ。
次のシーンへの展開の仕方も好みです。
なによりも、作中作「匣の中の娘」の幻想的な雰囲気に引き込まれてしまいました。

榎木津が登場すると雰囲気がガラッと変わって、やけに楽しくなります。
関口も相変わらず危なっかしいのだけれど、木場修や初登場の鳥口を含め、京極堂を中心とする彼らの関係はとても魅力的です。

終盤、京極堂が語り出してやっと読者に分かる事実があったり、不満な点はあるのだけれど、読後はそれも些細なことに。
もう「本格」なんて関係のない迫力。
対決シーンには眩暈がしました。

畏れ入りました。傑作です。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
消失トリックはすぐに分かったので少々肩透し。
さすがに、喫茶店で明らかに様子のおかしい久保竣公を榎木津と関口がそのままスルーしちゃうのはどうかと思った。
何やってるんだか。楠本頼子が殺されたのは彼らのせいだ。
一番のサプライズは、冒頭の列車の中で匣を持っていたのが雨宮だったということ。
ラスト、どんな形であれ、雨宮が幸せだという結果が唯一の救いに思えた。

姑獲鳥の夏/京極夏彦 ★★★☆☆


<君は猿に似ているね。>

京極堂の『この世には不思議なことなど何も無いのだよ』よりも、上の榎木津の台詞の方が印象深い私。

初・京極作品です。
しっかりと気合いを入れて読み始めたのですが、それからはもう一気読み。
長さが気にならないと言えば嘘になりますが、次へ次へと読ませる力がすごいです。

キャラクターが良いですね。
京極堂はもっと寡黙で堅物なイメージだったのですが、妹とのやりとりなど、人間っぽくて意外でした。
榎木津はとてもアンフェアな設定なのに、所々で彼がつぶやく断片的なヒントが気になってしまい、焦ってページを捲ってしまうのです。
この、とても個性的な2人に「君が一番変わっている」と言われる関口って一体・・・。

昭和20年代の時代背景が、事件の全容と巧く絡み合い、よりミステリアスな雰囲気を醸し出しています。
序盤で長々と語られる京極堂の薀蓄を、我慢して読んだことが報われました。
真相への重要な伏線だったのですね。
おかげで、超力技のトリックも無理なく納得。
ラストも京極堂の怒涛の論理が繰り広げられ、驚きの真相や、思いもかけぬグロ描写に「ひゃ~」とおののくのですが・・・。
ミステリ面においては、多少、迫力で押し切った感がします。
私の読みが甘いのか、いくつもの伏線が終結されていく爽快さが、あまり味わえなかったのが残念。
冒頭の「独白」の語り手には驚きましたが。

最近、浦賀和宏の『安藤シリーズ』を立て続けに読み、気が狂いそうになったのですが、何となく読後感が似ています。
この作品で、好きな探偵キャラが増えました。
京極作品、これからゆっくり追いかけたいです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。