スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神話の島/久綱さざれ ★★★☆☆

高校生の布津美涼は幼い頃、新興宗教に入信した両親と引き離された。その両親の死後、涼は、自分に妹がいたことを知らされる。
早速涼は両親の終焉の地であり、妹が暮らす御乃呂島へ向かうが、そこで彼を待っていたのは疫病の恐怖と連続怪死事件だった!記紀神話が濃密な影を落とす島で進行する、焦燥と戦慄の6日間。涼と奇談収集の趣味を持つ大学院生・笹礼懐が辿り着いた結末とは・・・。


序盤から、孤島の信仰や伝承、閉鎖的な環境が、先への不安感を煽っています。
描写が丁寧で読みやすく、すんなりと物語に入っていけました。
ミステリ面には期待してなかったのですが、それっぽい謎が次から次へ出てくるので、つい気になってしまうのですよね。
とにかく伏線が少ないので、どの真相も驚くよりも戸惑います。
笹礼がとても都合の良い存在で違和感があるし、涼の妹の行動がとても気になっていたので、その真相にはもっと驚きたかったかな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。