スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリス殺し/小林泰三 ★★★☆☆

複数の人間が夢で共有する〈不思議の国〉で次々起きる異様な殺人と、現実世界で起きる不審死。驚愕の真相にあなたも必ず騙される。鬼才が贈る本格ミステリ。

<世界はがらりと変わった>

小林さんの新作だということで、内容をまったく知らずに手に取ったのですが、読後、最初にあらすじを読まなくて良かったと心底思いました。ああ幸せ。

〈不思議の国〉と現実世界、それぞれで起こる殺人がリンクするというストーリー。
ただ、私は昔から『不思議の国のアリス』の世界観が苦手で。
詳しくない上にキャラクターの説明もないし、死体の描写はグロいしで、もう読み辛いったらなくて。
でも、その苦労が報われた瞬間、「おーっ」と声を上げましたよ。
歯痒い会話だらけのこの世界観だからこそ、スルーしやすい伏線といいますか。
いや、お見事です。
(そういや、表紙イラストにはちゃんと描かれているような。解らないって!)
諦めずに最後まで読んで本当に良かったと思った作品。
あとは、無意味なグロ描写さえなければなぁ。今回はしつこかった~。

完全・犯罪/小林泰三 ★★☆☆☆


自らの発明品を用いてライバルの暗殺を目論んだマッドサイエンティストが嵌り込む恐るべき論理の陥穽を描いた表題作、本格ミステリ黄金期の巨匠J・D・カーの傑作『火刑法廷』に連なる壮絶な復讐譚「ロイス殺し」、名前をはじめあらゆるものを共有していた姉妹の愛憎劇「双生児」など、異様かつ意外な結末が待ち受ける、世にも奇妙な恐怖物語五編を収める。(帯より)

<全然、完全じゃない>

短編集ですが、どの作品もパンチ不足。物足りないです。
表題作の博士の一人ツッコミには笑ったし、「ロイス殺し」「隠れ鬼」の設定なんてとても好みなのですが、オチが弱いのです。
う~ん。これは期待しすぎた。

モザイク事件帳/小林泰三 ★★★☆☆

犯人当て、安楽椅子探偵、日常の謎、バカミス・・・ミステリでお馴染みの7つの「お題」を解くのは、マッドサイエンティストに記憶障害の探偵、超天才殺人者!
一筋縄ではいかない狂った事件、犯人、探偵を巧緻な論理で寄せ木細工(モザイク)のように組み上げた、叙述トリックの名手としても知られる鬼才の真骨頂。
精密な論理が、そこはかとない黒い笑いを構築する待望のミステリ連作集。(本書あらすじより)


<わしは岡崎徳三郎だ。徳さんと呼んでくれ>

倒叙モノや安楽椅子探偵、SFなど、色々と奇妙なミステリが味わえる短編集。
「大きな森の小さな密室」のみ既読だったのですが、『密室・殺人』よりも先だったので、徳さんがあの徳さんだったとは驚きました。
他にも、まさかあの人が・・・というキャラが探偵役になってたりして面白いです。
谷丸警部や西中島巡査の登場も嬉しいなぁ。

「更新世の殺人」のバカミスっぷりは好み。シュール。
「正直者の逆説」の「わたし」と先生との会話が愉快だけれど、結局何の意味もないやりとりだと判明して脱力・・・。
印象に残ったのは「遺体の代弁者」「路上に放置されたパン屑の研究」かな。

未読の作品の登場人物に関してはやっぱりモヤモヤが残りますね。
とりあえず『家に棲むもの』は読んでみよう。

密室・殺人/小林泰三 ★★★★☆

「息子の容疑を晴らして欲しいんです。嫁の浬奈殺害の容疑です」
四里川探偵事務所に持ち込まれた依頼をうけ、所長は助手の四ツ谷礼子に事件現場である亜細山中の別荘に向かうよう命じた。雪の夜、密室と化した部屋に閉じこもっていたはずの浬奈が、窓の下の凍った池に墜死したというのだ。だが奇妙なのは事件だけではなかった。究極の新本格ホラー推理誕生。


<あなたは誰?> <僕は味方>

「新本格推理とホラーを融合させた初の長編」とのこと。
個人的には、三津田作品ほどの「融合」ではなかったかな。

これまでに読んだ小林作品とは雰囲気が違って驚きました。
四ッ谷礼子の関西弁がゴツすぎて、まるでオッサンなのが気になりましたが、四里川探偵や谷丸警部との会話がとても楽しいのです。

ある女性が部屋へ入った数分後、外の河原で死体で発見される。
窓は施錠してあり、ドア側には3人の目撃者がいて、密室状態になっていた。
死因が事故でも他殺でも自殺でも、密室からどうやって落ちたのかという不可解な謎が残る。

ページ数が多いのに、事件が1つしか起こらないので、少し冗長に感じてしまったかな。
そして、その真相も予想通りで目新しさは感じません。
でも、この作品のサプライズはそこじゃない。
これまた違う方向からガツン!とくるのです。

ミステリとしては評価に困るのですが、と~っても私好みの作品でした。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
必死に再読。
最初から四里川に違和感があって、名探偵キャラとしては微妙~だったのですが、まさか、四ッ谷しか見えない存在だったとは・・・!びっくり。
これって、声も聞こえないんだよなぁ。
だから、四里川の台詞の後にはほぼ四ッ谷が続けて発言して、その台詞に谷丸警部が答えていたと・・・。
谷丸警部、めっさエエ人や~ん。
そして、見破った徳さんスゴすぎ。
最初の列車の中で四ッ谷が老女たちにヤイヤイ言われてたのも、特異体質を見抜かれてたからかなぁ。
そして、その原因となった連続無差別惨殺事件の真相は放ったらかしってこと?
てっきり、それも絡んでくるんだと思ってたんだけど・・・。

最後、じ~んの台詞。
「僕は甲斐性なしだ。君の生活を守ることすらできない」
これでやっと、四里川の印象が良くなったわ。

肉食屋敷/小林泰三 ★★★☆☆


ジュラシック・パークに刺激された研究者が、6500万年前の地層の中にあるDNAから地球外生命体を復元してしまう「肉食屋敷」、西部劇をモチーフにゾンビの世界を描いた「ジャンク」、人間の一途な愛が恐怖を生み出す「妻への三通の告白」、自分の中にあるもう一つの人格が犯した殺人に怯える「獣の記憶」を収録した小林泰三傑作短編集。(帯より)

<怖がってはいけない>

小林作品は、短編の「玩具修理者」「攫われて」「大きな森の小さな密室」を既読。
ラストではそれまでのグロ描写が吹っ飛ぶくらいのサプライズが用意されているので、ずーっと気になっていた作家さん。
本書もトリッキーな短編集でした。

最初に身構えてしまったので、思ったより真相が読める作品が多かったのですが、どれもゾワゾワと恐怖感が煽られます。
衝撃を受けたのが「獣の記憶」
ありがちな内容だしありがちな展開だし、これもなんだかな~と思ってたら、ラストで呆然。
一度読んだだけでは、何がなんだか解らなかった。
伏線が憎たらしいくらい巧妙なのですよね。
気持ち悪い描写が満載なのに、再読が苦にならないのがスゴイです。

ホラー短編集だと思ってたらSF風味でした。
そのため、若干説明臭くなってしまったのが残念かも。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
「獣の記憶」
最初は、カウンセリングをする女も「僕」の人格の1つなのかなと予想。
次に、NHKの集金人が怪しい?あれ?コンビニの店長?あれ?大家さん?
・・・と、主な登場人物を疑いまくった結果、最後まで犯人が当てられなかったというスゴイ作品。
凝ってるわ~!
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。