スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクリファイス/近藤史恵 ★★★★☆

ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。勝つことを義務づけられた<エース>と、それをサポートする<アシスト>が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。それは、単なる事故のはずだった・・・。二転三転する<真相>、リフレインの度に重きを増すテーマ、押し寄せる感動!青春ミステリの逸品。

<だから、ぼくは飛び出した>

感動する感動する、と評判を聞いていて、実際に感動する作品は珍しいです。
近藤作品は他に、『凍える島』と『桜姫』、短編を少々既読。

まず、自転車ロードレースの紳士的なルールに驚きました。
私も初めてその状況を見たら、チカのように疑問で一杯になっただろうなぁ。
アシストという役割に満足していたのに、思わぬ好成績を出したチカの揺れる気持ちが伝わってきて、それを試すような石尾の行動にムカーッとしました。
チカが石尾に不信感を抱く様子も、絶妙に描かれています。

ミステリの真相と同時に、「サクリファイス」の本当の意味が判明し、目の覚めるような驚きと、感動が押し寄せました。
「犠牲」という言葉は哀しい響きがあって好きではないのに、心底、尊い表現だと感じました。

鳥飼さんの『福岡国際マラソン』もそうだったけれど、スポーツがテーマの作品は心が熱くなります。
良い読書でした。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
あれだけ正反対の先入観を持たせてたら、そりゃ感動するだろう。
石尾の自転車がパンクして、チカに「行け」と指示しなかった理由に愕然とし、実は誰よりも高潔だった石尾の、命を懸けたアシストに心打たれた。
彼の真意が見え辛かったことが、真相に説得力を感じさせる結果になったと思う。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。