スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰のための綾織/飛鳥部勝則 ☆☆☆☆☆

孤島に拉致された女子高生と教師たち。
彼女たちを待っていたのは「蛭女(ひるおんな)」の復讐だった。
日本間の密室、窓から羽ばたく影、相次ぐ死、そして訪れる不可解な結末と・・・。
これは、反則、なのか?(帯より)


ミステリー・リーグの作品です。
飛鳥部さんは、あまり好みではなかった『レオナルドの沈黙』に続いて2冊目です。
この作品はネットで評判が良かったので、読むことにしたのですが・・・。
私はこれダメでした~!
大半、女子高生の作中作が占めているのですが、これが何ていうか・・・キモチ悪いっ!
読みにくいのは素人が書いたという設定上、仕方ないのかもしれませんが・・・。
蛭女って・・・やめてェ~!
残念なのが、中盤で真相がわかってしまったこと。
「違ってて欲しい」との希望も空しく、まさにその通りだったので。
完読するのが辛かった~。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。