スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繭の夏/佐々木俊介 ★★★★☆

育ての親である伯父の事業の行き詰まりにより、カナリア荘で2人で暮らすことになった姉弟、祥子と敬太郎。引越し当日、部屋の掃除をしていた祥子は、天井裏から古ぼけた人形を見つけるが、その中の手紙の内容に姉弟は驚く。<ゆきちゃんはじさつしたんじゃない。まおうのばつでしんだんだ>
その部屋は以前、8年前に自殺した伯父の娘・咲江が使っていた・・・。


<ねえ、新しい生活のスタートに難事件を解決なんて、
                胸がドキドキするとは思わないの?>


第六回鮎川哲也賞、佳作受賞作品。

「スリーピング・マーダー」ものです。
ずっと昔に起こったはずの殺人事件を、時間を遡って推理していく、「回想の殺人」のこと。
8年前に「自殺」で片付けられた2人の死に疑いをもち、夏休みオンリーの探偵となった、祥子と敬太郎。
この2人が交互に語り手となるので、とても読みやすいし、退屈しません。
「模像~」では本格風でしたが、今回はとても優しい文体です。

感想は、面白い!の一言。
謎がどれも私好みで、終始、ワクワクしながら読みました。
真相はそんな驚くモノではないですが。
でも、「ああ、だからあのときの手紙で、あんなこと書いてあったんだ~」など、納得する箇所がいくつも。
「そんなご都合主義な」とツッコミたくなる部分もあるのですが、ちゃんと伏線があるのですよね。
読み返すと、とても緻密な計算がされていることがわかります。感心するほど。
動機は一般的に考えると弱いですが、伏線がある故、この作品の中では許せました。
なにより、トリックとそれに付随する謎の解明のくだりが巧い!
関係者が協力的すぎることや、通常、初めに確認すべきことを放っておく彼らの行動など、不自然な点もいくつかあるのですが。
天井裏に人形を隠した理由が判明したとき、とても切なくなりました。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、内容に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
「後味が悪い」との批評を読みましたが、そうかなぁ?
だって、あの場面は○の○のことでしょう。

模像殺人事件/佐々木俊介 ★★★★☆


人里離れた山奥にある木乃家は、周囲から忌避されている一族だったある日、8年間音信不通だった長男、秋人が2人帰ってくる。
大怪我を負ったというその顔は包帯で覆われており、どちらも「自分が秋人だ」と主張し譲らない。
そして、唯一の通行手段である橋が爆破され、陸の孤島となった館で殺人事件が起こる。


文体がまさしく横溝風で、雰囲気は抜群です。

ネットの評判もすこぶる良いし、私自身、久しぶりの本格とあって、「絶対、真相を見破る!」と意気込んでの挑戦でした。
なにしろ、「誰が殺したか?いかに殺したか?」は問題じゃないんですよ。
・・・逆に返せば、犯人と殺人方法には、目新しい手法は使っていませんよ、との大胆発言にもとれたりするのですが。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、内容に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
実際、このホワットダニットの真相には仰天しました。
私は、かなり早い段階で、謎の(ものすごく自信のある)解明をしていまして。
ラスト付近で、探偵役が自分の推理を語るのですが、それがほぼ私の予想通りだったので、もうがっかり!
「な~んだ~。やっぱり期待して読むとこうなるんだよね~。」なんて、偉そうな態度で肩をすくめた私が悪うございました!
全てを覆すような、もっと大きな真相が隠されていたのです・・・!
そのトリック自体は、どこかで読んだことがあるものなんだけれど、この作品の仕掛けに使われているとは、これっぽっちも気付きませんでした。
見事です。

解説で、同じ横溝作品風として比較されている、殊能将之『美濃牛』と、小川勝己『撓田村事件』は、どちらも読んだことがあります。
キャラクターや読みやすさを比べると、上の2作品の方が好みなのですが、ミステリとしての驚きは、本作品がはるかに上でした。
いや~久々に驚きました~。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。