スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯罪小説家/雫井脩介 ★★☆☆☆

新進作家、待居涼司の出世作『凍て鶴』に映画化の話が持ち上がった。監督に抜擢された人気脚本家の小野川充は『凍て鶴』に並々ならぬ興味を示し、この作品のヒロインには、かつて伝説的な自殺系サイト〔落花の会〕を運営していた木ノ瀬蓮美の影響が見られると、奇抜な持論を展開する。待居の戸惑いをよそに、さらに彼は、そのサイトに残された謎の解明が映画化のために必要だと言い、待居を自分のペースに引き込もうとしていく。そんな小野川に、待居は不気味さを感じ始め―。

<・・・似てるんですよ、美しさの質が>

心理サスペンスはそれほど苦手ではないのですが、中盤からなかなかページが進まなくて困りました。
ストーリーが進むにつれ焦点がブレ始めるので、今泉の視点に切り替わってからは、ほぼナナメ読み。
展開に全く興味をそそられないのです。

真相はともかく、終盤での主人公たちの心理描写はなかなか好みでした。
でも、これ、短編のネタだと思うんだけど・・・。

ビター・ブラッド/雫井脩介 ★☆☆☆☆

ベテラン刑事の父親に反発しながらも、同じ道を歩む息子の夏輝。
夏輝がはじめて現場を踏んでから一カ月が経った頃、捜査一課の係長が何者かに殺害された。
捜査本部が疑う内部犯行説に、曲者揃いの刑事たちは疑心暗鬼に陥るが・・・。


<一番重要なのはジャケットだ>

映像化するなら、めちゃめちゃ面白いと思います。
でも、小説で読むにはチト辛かった・・・。

『犯人に告ぐ』の雰囲気を期待すると驚きます。
警察小説だと思いきや、キャラクター小説だったのですね。
ジェントルやバチェラーという刑事の呼び名やら、ジャケット・プレイやら、もうコントとしか思えなくて。
明らかにジェントル以外の呼び名が機能していないし。
やりすぎなのでは・・・。

ジェントルがよく足をつるのと、ゲイバーのシーンには笑ったけれど、空回りしているギャグは少なくないです。
底抜けの面白さではないので、リアリティの無さが気になってしまうのですよね。
『クローズド・ノート』と同じく、展開もヒネリがないし・・・。
もう少しパンチが欲しかったかな。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
順子のキャバクラ入門に仰天しました。
なぜいきなりキャバクラ?
そういうタイプだとは思わなかったんだけど・・・。
せめてスナックとか・・・。

序盤に出てくる「蚊」が伏線になるのは、強引ながら面白かった。

好きなキャラは古雅と相星かな。
相星が死ぬ間際に夏輝と携帯で喋るシーンは良かった。

<みんな大好きシニアさん!>
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。