スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫のアリス/柴田よしき ★★★☆☆

ある夜の公園でアリスのウサギそっくりの姿を見かけた紗季。その後、誰かが『不思議の国のアリス』の物語を使って奇妙なメッセージを執拗に送ってくる。幻覚か?同じマンションに住む老婦人と謎解きを始めるが、闇の世界へと引きずりこまれていく。ある日突然彼女の記憶が何かを訴え始めた。誰かが私に何かを思い出させようとしている。仕組まれた罠?恐怖におびえる紗季を待ち受けていたものは・・・?(帯より)

柴田さんのブログは、お弁当のおかずとミステリの参考のため欠かさずチェックしているのですが、作品を読むのは初めて。
面白かったです!

紗季の不安定な精神状態が、作品を幻想的に色付けています。
現実の出来事なのか、それとも幻覚なのか。
こちらも不確かな感覚で読み進めることに。

紗季の前に現れるアリスのキャラクターたちは、一体何者なのか?
彼らは紗季に何を思い出させようとしているのか?
周りで起こる殺人事件の犯人は?

怪しい人物ばかりだし、伏線も溢れかえっているし、都合のいい展開が多いし、真相も大体読めます。
でも、この謎が謎を呼ぶという展開はとても好み。
グイグイ引っ張られます。
柴田さんはトリックよりもストーリーにこだわる方なのかな?
真相解明シーンは少し強引で説明が多くてこんがらがりましたが、意外に論理的でホッとしました。

ラスト数ページでのヒネリも効いてます。
まさか、こんな結末とは。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。