スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぽやん/新野剛志 ★★★★☆

遠藤慶太は29歳。大航ツーリストの企画課から成田空港支所に「飛ばされて」きた。遠藤は「ぜったいあぽやんにはならないぞ、本社に返り咲くぞ」と心に誓うが・・・。再入国許可のない日系ブラジル人少女をめぐる駆け引き、絶対に出発しようとしない老婦人の秘密、予約が消えて旅立てない新婚夫婦をどうするか?空港で起こる旅券やチケットのトラブルを解決し、旅客を笑顔で送り出す「あぽやん」たちのカウンター越しの活躍を描く。

<あぽやんは、空港にいる>

短編集です。
アンソロジーで『ねずみと探偵』を読んで、気になっていたのですが、これは当たりでした。
後で知りましたが、直木賞候補だったのですね。

「あぽやん」とは、エアポート(略してAPO)で働く旅行会社のスタッフのこと。
昔はエキスパートへの賞賛とする呼び名だったけれど、今ではすっかり低い立場に位置付けられている。
不本意な異動にやる気が出ない遠藤が、数々のトラブルに巻き込まれながら、立派なあぽやんへと成長していくストーリー。

正直、ゾッとするようなトラブルが多いのですが、あぽやんたちの誇りと「お客様が第一」の姿勢にとても好感が持てました。
職場の人間関係も面白くて、いい感じにドラマチック。
読後は晴れ晴れとした気持ちになります。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。