スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギフト/日明恩 ★★★☆☆

過剰追跡が原因で犯人の少年を死なせてしまった元刑事の須賀原。そんな彼が働くレンタルビデオ店に、奇妙な少年がやって来た。『シックス・センス』の DVDを見つめながら、ただ涙を流しているのだ。しかも毎日・・・。心に傷を負う元刑事と、“死者”が見える少年が、霊にまつわる事件を解決していくハートウォーミングミステリー。

<でも、救いたい>

う~ん。感動作なのでしょうが、私の心にはそこまで響かなかった。
作中にも出てくるように、設定がほぼ『シックス・センス』なのですよね。
映画を観たなら、特に読まなくてもいいような・・・?
ちょっと期待外れでした。

犬の話と最終話は良かったかな。
ミステリとしてはともかく、ややブラックな真相へと展開するストーリーは好みです。
涙を誘うだけではなく、とんでもないキャラが登場する異色な雰囲気の物語もあって驚きました。
それはそれで飽きがこなくていいのですが、解決策が・・・何か他に無かったのか、と思うほど後味が悪かったです。

これで3冊目ですが、この作家さんとは合わない気がしてきました。

そして、警官は奔る/日明恩 ★★★☆☆

外国人の不法滞在や戸籍法など、前作よりテーマが興味深く、スムーズに読めました。

<俺は星獲りにはまったく興味はない。
だが犯人に罪の重さを思い知らせることには、どこの誰より興味がある>


私は和田のこの考え方には全面的に賛成です。
というより、何がいけないのかが解らなかった。人権侵害?
罪に対する報いとして当然の手段ではないのかなぁ。
でも確かに、一番辛いのは和田自身なのですよね・・・。

しかし今回は、警察官ではなくなった潮崎の行動にずっとイライラし通しでした。
彼のキャラの魅力は、武本とペアであればこそで、単独だと非常に鬱陶しい。
ラストも結局、家柄に守ってもらうって・・・。
不利益を被る覚悟がないなら関わるなよ!
終始、「甘え」が目立ちました。残念。

それでも、警官は微笑う/日明恩 ★★★☆☆

銃の不法所持者のコンビニ人質事件を機に、所轄の刑事・武本と潮崎は麻薬取締官の宮田と出会う。
武本は昨年、この銃を使った殺人事件の捜査本部から外されたことにより、独自で銃の出所を調べていた。
一方、宮田は元恋人の父親が覚醒剤を使用した上、拳銃自殺したことが信じられず、自ら麻薬取締官となって真相を調べていた。
交差する2つの捜査が導く真相とは?


本当にこれがメフィスト賞受賞作?と疑うくらい真っ当な警察小説でした。
いきなり冒頭に「え!?」と戸惑うシーンが。
いえいえ、そんなストーリーではありませんでした。ホッ。

どこをとっても、武本&潮崎の魅力が満載です。
どんな不正も許さない、筋の通った男・武本。
最初こそ潮崎と組まされるのが迷惑に感じていたけれど、自然と信頼し合えるコンビになっていく様子が微笑ましいです。
本当なら内心でブチブチ文句を言ってもいいだろうに、それも一切無い。
そこが読んでいてとても気持ちが良かったです。

潮崎の緊張感ゼロの無邪気な発言にはこちらもニンマリ。
薀蓄をしゃべり出すと止まらず、相手もそのペースに巻き込まれてしまうのです。
最後までこの突き抜けたキャラでいくと思いきや、苦悩する姿など人間臭さも垣間見えたり。
実は悲しいほど自分の立場を理解していることが分かります。

彼らの会話はとても楽しいのですが、ストーリーには若干不満が。
あらゆる場面での説明調の文章が気になり、読むリズムが度々乱れました。
中盤で犯人が登場するし、ラストまで何のヒネリもない展開だというのも残念な気がします。
その反面、巧いと感じたのは終盤で明らかにされる「彼女」の真意。
これは抜群のリアリティでした。

ラスト、3人が別々の方向に歩いて行くシーンはとても画になり格好イイです。
潮崎の決意はモロに「踊る大捜査線」路線ですが、一体どうなるのでしょう。
次は『そして、警官は奔る』へ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。