スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームレス中学生/田村裕 ★★☆☆☆


麒麟・田村のせつな面白い貧乏生活がついに小説に!
中学生時代の田村少年が、ある日突然住む家を無くし、近所の公園に一人住むようになる超リアルストーリー。
ダンボールで飢えを凌ぎ、ハトのエサであるパンくずを拾い集めた幼き日々から、いつも遠くで見守ってくれていた母へ想いが詰まった、笑えて泣ける貧乏自叙伝。 (Amazonより)


<お湯、お湯、お湯。雨ではなくお湯>

劇的な一家離散の後、過酷な公園生活、友人の家族や周りの大人の協力、中学や高校での出来事、亡くなった母親への想いが語られています。
てっきり、公園生活がメインのストーリーだと思っていたので、少々拍子抜け。
環境はともかく、周りの人間に恵まれていたのは、本当に奇跡的だと感じました。

父親の2回目の「解散」には笑ったけれど、他の面白エピソードはTVで聞いたことがあるものばかりで、少し残念。
わざとなのかもしれませんが、文章がかなり読みづらくて、なかなか慣れませんでした。

「麒麟」はそこそこ好きだし、TVで田村が貧乏な過去をあっけらかんと話すたび、大変な苦労を乗りこえて立派に成長したんだなぁ~と感動していました。
でも、この本を読んで、私は田村本人よりもお兄さん、お姉さんの方に気持ちが向いてしまいました。
もし、お兄さんが本を出版して、それを読む機会があったら、号泣するだろうなぁ。
父親を恨んでいない、という言葉の重みも、田村とお兄さんでは、また違うと思うのですよね。
お姉さんも、よく頑張ったよ、本当に。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。