スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望的―寄生クラブ/鳥飼否宇 ★☆☆☆☆

綾鹿科学大学大学院准教授・増田米尊は異変に気づきつつあった。何人もの女性から言い寄られるなどなかったことだ。発表用の論文が書いた記憶のない小説に入れ替わっていたり、何者かに監視されているようだったりと、とにかくこれまでと違うのだ。増田はもちまえの学者魂から真相を探るのだが…

うーん。最初は真面目に読むつもりだったのですが、かなり早い段階でザッと読みに変更しました。
米尊のフィールドワークには一定の理解を示していた(?)私も、今回は生々しさが半端なくてダメでしたー。
各短編はそれぞれ魅力的な謎があったりもするのですが、無理やり長編に仕立てたからか、全体的に歪で、あまりの気持ち悪さに真相なんてどうでもよくなりました。
このシリーズはもういいや。

死と砂時計/鳥飼否宇 ★★★★☆

世界各国から集められた死刑囚を収容する、ジャリーミスタン終末監獄。親殺しの罪で収監されたアラン青年は、“監獄の牢名主”と呼ばれる老人シュルツと出会う。明晰な頭脳を持つシュルツの助手となって、監獄内の事件の捜査に携わるアラン。死刑執行前夜、なぜ囚人は密室状態の独房で斬殺されたのか?どうして囚人は闇夜ではなく、人目につく満月の夜に脱獄したのか?そして、アランが罪に問われた殺人事件の真相とは…。死刑囚の青年と老人が遭遇する、摩訶不思議な事件の数々。

<死刑囚だって死は怖い>

既読の「魔王シャヴォ・ドルマヤンの密室」(「死刑囚はなぜ殺される」改題?)の世界観が魅力的だったので、手に取りましたが大正解でした。
「英雄チェン・ウェイツの失踪」
伏線の回収が見事。ラストでさらっと後味を悪くするから困る。
「監察官ジェマイヤ・カーレッドの韜晦」
この動機は短編だと物足りないなぁ。
「墓守ラクパ・ギャルポの誉れ」
真相も展開もとても好み。墓守の最期にゾワッとした。
「女囚マリア・スコフィールドの懐胎」
不可解で魅力的な謎に、変化球だけれど巧妙な真相。
「確定囚アラン・イシダの真実」
伏線がバレバレだったため真相は予想がつきますが、その後の展開が面白い。

そして、衝撃のエピローグ。余韻が半端ないです。

憑き物/鳥飼否宇 ★★★☆☆

植物写真家・猫田夏海が訪れた岩手県の寒村に住む滝上家は、代々“イヅナサマ”を操り託宣を下す霊能力を持つという。満月の山中、夏海は滝上家の一人娘・沙姫の憑依現象を目撃する。その翌日、祈祷堂で刺殺死体が奇妙な書き置きとともに発見された!生物に知悉した先輩ライターの鳶山が調査に乗り出すが…。

猫田さんが怪奇現象や殺人事件に遭遇するというパターンは好きだし、真相も意外で面白いのですが、トリックに斬新さがなかったのが残念。
あと、虫などの薀蓄になると、川瀬作品と比べてしまうのか、読み難さを感じてしまいました。以前は気にならなかったのになぁ。

物の怪/鳥飼否宇 ★★★☆☆


鬼払いの秘祭を取材するため、植物写真家の猫田夏海は、生物の知識に精通した“観察者”鳶山久志らとともに、瀬戸内に浮かぶ現代アートの島―悪餌島を訪れた。その夜、ご神体として“鬼の腕”が収められた神社で、神事の準備をしていた女性が宝物の刀で惨殺される!洞窟に潜む羅刹の正体を、生物探偵が解き明かす!

河童、天狗、鬼がテーマのミステリ短編集。

「眼の池」
 ストーリーは好みだけれど真相が平凡かなぁ。
 沼に浮かぶ眼の正体は面白い。
 ホラーとは別の部分で気持ち悪さを感じたり。 
「天の狗」
 既読。
「洞の鬼」
 これも真相が予想どおりでもの足りない。雰囲気はいいのに。
 薀蓄はためになりそう。

どれも、ある程度真相がよめてしまいました。
この中ではやっぱり「天の狗」が一番かな。

爆発的~七つの箱の死~/鳥飼否宇 ★★☆☆☆

綾鹿市の大物実業家・日暮百人は、引退生活を送るにあたり、奇妙な私設美術館を建てさせた。
館内に気鋭の現代芸術家六人がそれぞれのアトリエを構え、その美術館に展示する作品を創作する。
日暮と、その友人であり美術評論家の樒木侃だけが作品を鑑賞できるのだ。
しかし、最先端をいくあまり、狂気すら漂わす彼らの芸術に触発されたのか、美術館では、奇想天外な殺人が次々と起こる。(Amazon内容紹介より)


う~ん、前衛芸術はやっぱり苦手。
それでも『痙攣的』のような読後感を味わいたくて読み進めましたが、最後まで好みではありませんでした。

前衛芸術の迫力が伝わったのは1話目だけで、他の芸術はほぼ説明で済まされているのも物足りなかったかな。
トリックのための設定という軽い印象を受けました。
真相もアンフェア気味で、どれも後味がスッキリしません。
これは残念。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
「肉団子」の語句が登場するたびに、「あ~絶対、人肉使われるんだろうなぁ~」と予感していたのも気が滅入る原因だった。

相棒/碇卯人 ★★★☆☆


テレビ朝日の人気刑事ドラマシリーズ「相棒」の待望のノベライズ。
クールで沈着冷静な杉下右京と、熱い正義感の持ち主・亀山薫は、警視庁で2人だけの「特命係」。
右京の深く鋭い推理と、薫の神憑り的な山カンという絶妙のコンビネーションで、様々な難事件を解決していく。
連ドラ化前のプレシーズン3話を収録。(裏表紙より)


<その新しい上司は朝の紅茶をいれているところだった>

「相棒」は土曜ワイド劇場の頃からずっと見ていますが、劇場版やノベライズには興味がありませんでした。
でも、この碇卯人さんが鳥飼否宇さんの別名だと知ったからには読まないと!

「コンビ誕生」「華麗なる殺人鬼」「神々の巣窟」の3話が収録。
ドラマをそのまま小説化しただけなので、少々味気ない印象もありますが、キャスティングをイメージしながら読むとかなりニヤニヤできます。
「相棒」で好きなキャラは「特命係のか~め~や~ま~」の伊丹刑事なので、あの嫌味っぽさがちゃんと出ていて嬉しかったなぁ。
ドラマでは見られない右京さんの心情も(少しだけですが)描かれていて満足でした。
続編も読むぞ!

異界/鳥飼否宇 ★★★★☆

明治36年春。
那智勝浦で奇怪な少年の姿が目撃される。
目撃者の証言によると。少年は鳥や兎を襲い、人語を解せず獣のように吼えながら山の中へ逃げていったという。
そのさなか、とある病院で乳児が攫われるという事件が発生。博物学者・南方熊楠は弟子と共に事件解決へと乗り出すのだが・・・。


<世界は名前からはじまるのだ。>

とっても面白かった~!
鳥飼さんの作品はやっぱり丁寧。
伏線がどれもさりげなさすぎて、全く気付きません。
斬新なトリックはないですし、真相もそれほど驚くものではないのですが、あれやこれやの小道具がたっぷりでニヤニヤしてしまいました。
満足、満足。

帯を見て、鳥飼さんが横溝正史ミステリ賞作家だったことを思い出しました。
それがなかったら、このドロッドロとした真相に引いていたかもしれません。
南方先生の弟子・太一の呼び方が、どんどん変わっていくのが愉快。
この2人の会話は笑わずにいられません。

読後は、最初から読み直すのもいいですね。
一番驚いたのはラスト一行。
まさか、あのお方が登場するなんて!
いや~楽しい読書でした。

激走 福岡国際マラソン/鳥飼否宇 ★★★★☆


<光ノ射すホウヘタダ走リツヅケル。>

ほとんど予備知識を入れずに読み始めたのですが、まさかこんなお話だったなんて。
終盤うるうるきてしまいました。
鳥飼さんっ、巧すぎます!

同じテーマの『ジェシカが駆け抜けた七年間について』は、もっとマラソン色の強いストーリーだと期待していたぶん残念に思いましたが、今回はその点でも大満足!
マラソンで始まり、マラソンで終わるのです。

走者の感情がたびたび同じ言葉の繰り返しで表現されていて、それがこちらの焦燥感も大いに煽り、もう終始ドキドキの連続です。ああ苦しい!
アイアンマスクと呼ばれるトップランナー、美形のランナー、地元出身のランナー、高齢のランナー、マラソンを諦めた白バイ運転手、そして走者を先導するペースメーカー。
それぞれの想いが錯綜する中、みんな必死にゴールを目指します。
普段、マラソン中継をそんなにじっくり見ることはないのですが、次から見方が変わりそう。

とても爽やかなラストも大好きです!

中空/鳥飼否宇 ★★★☆☆


横溝正史ミステリ大賞・優秀賞受賞作です。

第一印象、鳥飼さんの本なのに、別人が書いたのではないかと勘繰ってしまいました。
不条理な物語展開などは無い、正統派のミステリー。
でも、鳥飼作品と思わずに評価すると、こちらの作風も好きです。

まず、この作品に出てくる「竹茂村」の舞台設定がとても魅力的。薩摩弁が一層、雰囲気作りに役立ってます。
「老荘思想」は、学校で習う程度の知識しかありませんが、故事成句などには興味があるので、本書で語られる逸話はとても楽しめました。

村の名前の通り、物語には竹がめいっぱい出てきます。
先日、クイズ番組で「竹は数十年に一度、花を咲かす」ことを知ったばかりだったので、タイムリーな題材に嬉しくなりました。
「竹取物語」の意外で愉快な解釈も、良かったです。
竹の実なんて、考えたこともありませんでした。
あと、「笑」はなぜ<たけかんむり>なのか?は、謎のまま。気になります。

小道具も、しし罠、日本刀、神社、結界など、不気味で意味深なモノばかり。
あまりコテコテした横溝風作品は苦手なので、少しとぼけたトビさんや、明るいネコのキャラのおかげで、サクサク読み進めることができました。

謎の解明やトリックには、多少強引さがあるかもしれません。
私は終始、雰囲気を重視したので、あまり気になりませんでした。

痙攣的~モンド氏の逆説~/鳥飼否宇 ★★★☆☆


<美とは痙攣的なものである。>

その言葉通り、四、五話で背筋が痺れっぱなしでした。
一~三話はミステリとしては不満だとしても、それぞれちゃんとオチていたので、「前フリ」だったと判明したときは驚きました。きっと鳥飼さん、三話目を書き終わった時点で「あっこれは私のカラーではない!」と気づかれたのでは。
そのくらい、読み始めと読後感が全く違います。
まさか・・・まさかモンド氏が○○だったなんて・・・!
もうホント脱力後に大笑いですよ。同時にちょっと安心感が。

確かに、読み終えるまではものすごく時間がかかりました。
その点で評価が少なめです。
なにぶん、ロックや前衛芸術に無縁なので「芸術と犯罪は紙一重」の例を出される度、うえっとなってしまって。
でも、完読後はそのあたりの嫌悪感なんて飛んじゃいました。
ある意味、試練です。でも、それを乗り越え、最後まで読んで良かったですよ~。

*登場人物の名前がやたら不自然だと思ってたら、著名な芸術家やロッケンローラーの名前をもじってるらしいですね。
 凝っているのはいいけれど、判鰤人(ばん・ぶりと)ってのはあんまりです・・・。

本格的~死人と狂人たち~/鳥飼否宇 ★★★★☆


アンソロジーで短編を読んで以来、気になっていた作家さんです。この本は理系ミステリということでなかなか手を出せずにいました。
今回、図書館にでんっと置いてあったのと、あまりにも無気力な装丁に惹かれて借りてみることにしたのですが・・・。

これは面白いっ!
(装丁はともかく)もっと堅い話だと思っていたので、十分に気合いを入れて読み始めたのですが、かなり早い段階で力が抜けました。地の文で「あっかんべー」とか出てくる時点で好感触。
「変態」では学者っぽい知的な変人、をイメージしていたので、増田助教授のド直球の変態っぷりにはのけぞりました。
「擬態」の講義、受けてみたいなぁ~。
ゼミならともかく、日本の大学の講義でこんなにも質疑応答があるものなのか疑問でしたが、おかげでその分野に全く無知な私でも興味深く読むことができました。
個人的に薀蓄は苦手なのですが、鳥飼さんの説明はとても丁寧でわかり易いです。何だか得した気分になれました。

あと、こんな形式のミステリを初めて読んだので、レポート課題にびっくり!
読み返しながら、しきりに感心しました。これには驚いた~。
「形態」はちょっと勘繰りながら読んでしまったので、主要なトリックは予想できました。でもベビーカーの謎や名前については上手だなぁと思いました。

三編に通じる警部補と巡査部長とのやりとりが大好き。
特に谷村警部補。彼の性癖はともかく、親父ギャグで思わず笑ってしまう危険な私。
ラストは油断していたので「前期試験」でまた驚いてしまいました。
「実態」ではメッタ斬りもあり、サービス精神旺盛です。
とても楽しい一冊でした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。