スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間のしごと/永嶋恵美 ★★★☆☆

幼馴染の菜加には拾い癖があった。
犬や猫、果てはアルマジロなど、処理に困るものばかり拾ってくるのだ。
そして毎回、恭平がその後始末に頭を悩ませることになる。そんな菜加が、ある日、母親に置き去りにされたらしい(人間の)子供を拾ってきた。どうもその子供には事情があるようで・・・。菜加の弟、恭平の友人を巻き込みながら、ストーリーは意外な展開へ!


永嶋作品は『せん-さく』と『転落』を読んだことがあります。
この2冊がとてもじめっとしたストーリーだったので、今回「青春ミステリ」につられて読んでみたのですが・・・。
私はやっぱりこの著者が合わないのかなぁ。
今回もスカッと爽快なわけではないし、読後が物足りないのです。
しかし、目次を読んで、思わず『♪チュラチュラチュラ・・・』と歌い出したのは私だけではないはず。

まず、登場人物にあまり魅力が感じられませんでした。
菜加の身勝手さにウンザリ、頭が良いはずの恭平が終盤ギリギリまで単なるピエロなことにイライラ。
まぁ、彼らはあくまで高校生なので、言動を問題にするのも大人げないのですが。
第一、菜加がそのキャラでないと、子供を拾ってきたりしないでしょうし。

ジャンルもどちらかと言えば、ミステリよりサスペンスではないかなぁ。
いくつかサプライズは仕掛けられていますが、別にあっても無くてもいいようなモノだし。
「意外な展開」だけれど「普通の真相」。
もう一捻りくらい期待していたのですが・・・。
あと、ある人物の心情が完全に端折られているので、読後感が良いというより軽い!
呆気なさ過ぎます。

ミステリ要素が薄いのなら、せめて青春部分を楽しく読みたかったなぁ・・・。
いやに長く感じてしまいました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。