スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママの友達/新津きよみ ★★★★☆

主婦の典子は、娘との関係がうまくいかないことで悩んでいた。そんなある日、典子のもとに、中学時代の交換日記が届く。差出人の名前はないが、最後に日記を書いていたのは、メンバー4人の中でリーダー格だったハセジュンこと長谷川淳子だった。ところが、テレビで淳子が他殺体で見つかったとのニュースが。1週間も前に殺された淳子が、日記を送れたはずなどない。これは誰かのたちの悪いいたずらか、それとも・・・?

<友達って言うのかな、それ>

あまり興味のなかった新津作品。
評判が良いので読んでみることにしました。

殺人事件が問題ではなく、被害女性の友人だった3人の女性の生活を中心に描かれています。
学校へ行きたがらない中学生の娘を持つ典子(ノリ)。
45歳にして1歳半の娘を持つシングルマザーの明美(アケ)。
子供が結婚や大学進学で家を離れ、自分勝手な夫と2人で暮らす久美子(クミ)。
中学時代、リーダーシップがあり、活発で成績がよく、人望も厚かった淳子(ハセジュン)。

人物描写が見事です。
細かい心の動きまで描かれていて、とことんリアル。
全く立場は違うのに、不思議となぜか共感できるのです。

それぞれの悩みはそれぞれ深刻なのですが、一番興味深かったのが久美子のケース。
彼女の夫が強烈で、外面だけは良く、久美子を実に回りくどい方法で追い詰めていくのです。
モラルハラスメントという言葉はよく聞くけれど、こういう人が実際にいると思うとゾッとします。
だからこそ、最後の久美子の決断はこちらもスカッとさせられました。

事件のオチはともかく、読み応えがありました。
少し儲けた気分。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。