スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユリゴコロ/沼田まほかる ★★★★☆


亮介が実家で偶然見つけた「ユリゴコロ」と名付けられたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。創作なのか、あるいは事実に基づく手記なのか。そして書いたのは誰なのか。謎のノートは亮介の人生を一変させる驚愕の事実を孕んでいた。圧倒的な筆力に身も心も絡めとられてしまう究極の恋愛ミステリー!

<罪の意識なんて、はじめからないのですから>

「ユリゴコロ」の意味は途中で説明されますが、それにしても語呂がイイです。
手記を読んで「こういう真相だろうな~」と予想していたら、すぐに現在のストーリーでその可能性が推理されていたりして、単調にならないそのバランスが絶妙でした。
手記の殺伐さとは逆に、ドッグカフェの経営やいい味出してる従業員などホッとする要素もあります。
また、手記の内容を真剣に受け止めている兄と違って、まともに取り合おうとしない弟の言い分が自然なのもいいです。

ラストシーンは印象的ですが、余韻は何だか物足りないです。
手記が素晴らしかった反面、終盤のストーリーがいかにもご都合主義な展開でそれまでの吸引力が薄れてしまったのですよね。
サプライズも予想がついてしまいました。
もっとシンプルに締め括った方が感動したかもしれません。

痺れる/沼田まほかる ★★★★☆

汚れた身体を抱きしめてくれた悪魔に囚われていく私。怒りと赦しを背負いながら生きていく使用人の哀しみ。
姿の見えない彼の妻に翻弄される不倫女の叫び。
―暗い水底に引きずり込まれていくような9つの哀しみと絶望。(帯より)


<赦してくださるのですね>

設定から何から暗い作品が多いですが、コミカルな作風もみられたのは嬉しかったです。
朦朧とした状況の中、ある出来事の真相が明らかとなる「林檎曼陀羅」で掴みはOK。
倫理観が軽く揺さぶられる「レイピスト」、あまりに潔い結末に放心してしまった「ヤモリ」
多分、違う気がするけれどラブストーリーとして堪能した「沼毛虫」
異常にウザイ山田さんにも憎めないところが確かにあって、ラストの躊躇う心理を描くところがまた巧い「テンガロンハット」
最後の一行まで、まったく真相が分からなかった「TAKO」
ラストに思わず噴き出した「普通じゃない」

「クモキリソウ」「エトワール」は少しインパクトが足りない気がしたけれど、かなり満足度の高い短編集でした。
まほかるさんの描く男性は、危険な魅力を感じます。

アミダサマ/沼田まほかる ★★★☆☆

廃棄された冷蔵庫の中から発見された少女・ミハル。
発見者である僧侶・浄鑑の養女となったミハルは元気を取り戻し、浄鑑と浄鑑の母・千賀子と3人で幸せに暮らし始める。
可愛がっていた猫に死が近づくまでは・・・。


<ずうっと海、ずうっと真っ暗>

沼田作品は描写が生生しいのでホラーなんてぴったりだろうと思っていたら、それほど怖くも気持ち悪くもなくてホッとしました。

序盤、ミハルが冷蔵庫から発見され、浄鑑と同じくそのコエに呼ばれた青年・悠人と対面するシーンには鳥肌が立ちそうになりました。
絶対的な存在を見つけてしまったため、その後の生活に支障をきたしてしまう悠人の様子にも説得力が・・・最初はあったのですが・・・。
ミハルの正体や冷蔵庫に入っていた理由が明らかにされたのはスッキリして良かったけれど、ミハルが集落に及ぼす影響など、理屈が通る設定と怪奇現象のバランスに少し違和感が残りました。
あと、最初はあれだけミハルの存在を危ぶんでいた浄鑑が、決定的な出来事が起こるまで何も動かないことにやきもきさせられたり。

今回の歪んだ男女の関係はよくあるパターンのため、悠人の物語が少し邪魔に感じてしまいました。
『彼女がその名を知らない鳥たち』では男の献身的な姿に感動すら覚えたけれど、こちらは不快感で一杯に。
それよりも、悠人とミハルの関係をもう少し描き込んで欲しかったなぁ。
まとまりのないままラストへ進んでしまったような・・・。
濃い内容かと思えば、意外とアッサリとした読後感でした。

いろいろ書いてしまったけれど、私は沼田さんの文章、かなり好きです。
グッとくる表現が多いのですよね。

彼女がその名を知らない鳥たち/沼田まほかる ★★★★★

愛情を証明するためには、何を捧げればいいのだろうか?十和子は淋しさから、飲み会で出会ったうだつの上がらない中年男・陣治と関係を持ち、なんとなく一緒に暮らすようになる。ある日、陣治の部屋で、昔の男から贈られたピアスを発見する。何故ここに・・・。
十和子が選んだ驚くべき行動とは!壊れかけた女、人生をあきらめた男。ダメな大人が繰りひろげる100%ピュアな純愛サスペンス。(帯より)


<約束や、約束やでぇ、十和子ぉ>

これは、読み手を選ぶ作品だろうなぁ。

文章や表現力が見事で、臭ってきそうなほど生々しいです。
その中でも、うだつの上がらない中年男・陣治のキャラクターが秀逸。
前作も関西弁のおじさんが嫌な隣人として登場したけれど、陣治にはもっと生理的な嫌悪感を煽られます。
すぐに痰を吐くわ、クチャクチャ音を立てて食べるわ、不潔だわ卑屈だわ、他にもゲンナリする言動がたっぷり。
こんな同居人は嫌だという十和子の気持ちも分かるけれど、十和子の壊れっぷりも尋常ではないのです。
住居も生活費も陣治に頼っているくせに、彼のことが気に入らなくて暴言を吐きまくる。
そんな十和子に一生懸命尽くす陣治。
中盤からは陣治がどんどん気の毒に思えてきました。

十和子と昔の男の間に何があったのか?
真相は大体予想がつきます。
でも、それによって、奇妙に感じていた十和子と陣治の関係がストンと腑に落ちるのですよね。

ラストは壮絶。これこそが「純愛」。
最初は苦々しい気持ちで読んでいた数々のエピソードが胸を衝き、しばらく涙が止まりませんでした。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、戯言ですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
ラストで陣治が飛び降りた時、感動と同時に「えっ!!十和子を置いていくの!?」という不自然さも残った。
でも、そうだよね。
一緒にいたら十和子は過去を忘れられなくて苦しんでしまう。
だから陣治はずっと思い出して欲しくなかったんだよね。
陣治の「楽しかったなぁ、十和子」という言葉が救いだと思った。

九月が永遠に続けば/沼田まほかる ★★★☆☆

第5回ホラーサスペンス大賞受賞作品です。
特別賞の『背の眼』が掘り出し物だったので、図書館で最前列に並べられていた本書をパッと借りてみました。
文体といい、表現といい、これは桐野さんが絶賛するはずだわ・・・と納得。

ある晩、突然失踪した息子。
母親はその行方を捜すにつれ、息子の意外な面を知ることになる。

この母親がどうも苦手なんですよね。
彼女の強さも脆さも、とても伝わってくるのだけれど、なぜか応援する気になれない。
息子の小さい頃の回想シーンも原因の1つ。
冗談で公園で置き去りにしようとしたり、自転車に乗る練習でヒステリックに怒ったり。
この親子の描き方が下手すぎる!わざとかしら。
泣いてすがってくる息子の愛おしさよりも、酷い母親のイメージしか残らなくてダメでした。
ここで、息子が出て行ったのも母親が原因だと確信。

そして、近所に住む関西弁の親父が、もう驚くほど図々しいのです。
そっとしてほしいときにヤイヤイ言ってきたり、勝手に家に上がりこむ行動には、主人公と同じくイライライライラ・・・。
でも、私の場合、下心を邪推してしまうからこその嫌悪感なので、彼が息子のために涙をこぼすシーンは、少し優しい気分になれました。
そして、読み進めていくうちに、彼が一番マトモに思えてくるから不思議。

終盤には、もう誰が犯人でもいいよ~という投げやりな気分で突入。
あまりにも変な登場人物ばかりなので感覚が麻痺したのか、犯人に一番共感できたかも。
それより、自分のことを思いっきり棚に上げて責め立てる主人公達に違和感が・・・。

文章の巧さと数々の謎や疑惑のおかげで、先が気になりどんどんページを捲りました。
しかし、そのためだけに設定した小道具のアラが結構目につきます。
息子の担任の過去なんて必要だったかなぁ。

全編、背中がゾワゾワするような露骨な描写が繰り返され、かなり辛かったです。
結局のところ、壮大な内輪モメを長々読まされていたのですよね。
妙に神経に触る1冊・・・でも、ラスト一行が気に入ったので星1つプラスです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。