スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム・バチスタの栄光/海堂尊 ★★★★☆

米国の心臓専門病院から東城大学医学部付属病院へ招聘された、心臓移植の権威・桐生恭一助教授。
彼は、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の、通称「チーム・バチスタ」を構築し、驚異的な成績をあげていた。ところが、3例立て続けに術中死が発生。
これは、偶然連続した不運なのか?それとも医療事故?それとも何者かの悪意によるものなのか?
危機感を抱いた病院長の高階は、神経内科教室の万年講師田口に内部調査を依頼する。


第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作です。
この選考はものの数分で・満場一致・史上最短・即決だったそうです

<大学病院では、毎日あちこちで、
         たんぽぽのようなお茶会が開かれている>


なるほど、面白い!
数ページ捲っただけで、医療ミステリが苦手の私も「これはいける!」と確信しました。
文章もコミカルだし、何より個々のキャラクターがとても魅力的なのです。
常に腹に一物ありそうな高階、自称・昼行灯の田口、一流の技量を持つ桐生、目立ちたがり屋で高階に反発している黒崎、情報通の兵藤・・・。
登場人物がとても多いのですが、それぞれキャラが立っているので全く混乱せずにサクサク読めました。

田口が責任者である不定愁訴外来(通称・愚痴外来)は、検査で異常が見つからない症状をもつ患者の話や愚痴を聞くことを主な仕事としています。
ここでの、田口の患者への誠実な対応がとても好感が持てます。
手馴れのベテラン看護師・フジさんもとても良い感じ。
愚痴外来の唯一の看護師なのですが、教授たちは彼女に頭が上がらないし、看護師たちには慕われているのです。

そして、もちろん、第2部で登場する厚生労働省の役人・白鳥のキャラは極めつけ。
彼は、奥田英朗さんの描く精神科医・伊良部の雰囲気という評判なのですが、奥田作品未読のため比較できず。
いやぁ、しかし面白いです。この男。
誰に対しても、へらっと笑って、力一杯地雷を踏みつけるような発言を繰り返し、時に相手に泣き出され、殴られ、怒鳴られ・・・それでも、ケロリとしてうどんをすすります。
しかし、ロジカル・モンスターの異名の通り、彼は完璧な論理に基づいた推理で謎を解き明かすのです。Bravo!

著者が勤務医だということで、手術の描写などとてもリアルだ(と思われる)し、緊迫感も伝わります。
医療に関する説明等もとても丁寧で、無知な私でも何となく分かったような気分に。
普通ならパッとナナメ読みしがちな専門用語が出てきても、一文字ごと集中して読めたのが不思議。

少し不服なのは、第1部と第2部で名探偵役が代わってしまうこと。
田口の調査に興味が向いていた矢先だったので、個性的な白鳥に気持ちを切り替えるのが難しかったです。

ラストは、ちゃんと田口の見せ場もあり、とても爽快でした。
そして、あの人とあの人の意外なつながりが発覚し、更に楽しい気分に。
決して読者参加型のミステリではないですし、真相が少し苦味の残るもの(謎解明のためだけの死がひとつある)だったので星は4つ。

でも、とても楽しい読書ができました。
白鳥でシリーズ化を希望します。

フェティッシュ/西澤保彦 ★★★☆☆


<fetish ・・・物神、呪物、盲目的崇拝物、迷信の対象、崇物愛の対象物>

またしても、万人ウケしない作品です。
いや、私も決してウケた訳ではないのですが・・・。
エログロシーンが含まれているということで、途中で断念する気満々だったのですが、なんと完読してしまいました。
しかし・・・読書中はガムも口の中に入れられないほどの気持ち悪さです。

目次は凝ってます。
縦にも横にも読め、数の表記もそれぞれ漢数字だったり、ローマ数字だったり。
「意匠」「異物」「献身」「聖餐」「殉教」の5つの物語が入り乱れながら進みます。
各主人公は、黒タイツフェチの老人、自信喪失気味の看護婦、息子を自殺で失った主婦、同棲相手に逃げられた御曹司、手フェチの警察官。
彼らは、美少年・クルミとの出会いがきっかけで、破滅へと導かれることになります。

何より、彼らがクルミと向き合った瞬間の理性のふっとび具合が凄まじいです。
特に女性の場合、タガが外れるというか、まるで物の怪にとり憑かれたような変わり様で、読んでるこちらも赤面モノです。
もう少し控えめに表現してもらえないだろうか。
これで、クルミが小悪魔めいた性格ならばともかく、とても気弱な子なので、もう気の毒で気の毒で。

本書の中で、唯一同情できるのは「聖餐」の主婦・智津香。
彼女の気持ちだけは理解できましたし、最後の残酷さが際立ちました。
他の登場人物の末路は自業自得で片付けられましたが。

一応、ミステリ風味ということで、それが途中でやめられなかった原因です。
「殉教」で、連続殺人事件の謎に迫っていくのですが、この展開がとても面白かったのですよね。
しかし、ラストは真相よりも、その怒涛の結末に圧倒させられました。

彼はあの後、どうなるのか・・・。
不安が残ります。

最後の願い/光原百合 ★★★☆☆


光原作品は『十八の夏』以降、2冊目です。
この作品は『このミス』にランキングされている中で、唯一チェックしていなかったので慌てて読むことに。

劇団φ(ファイ)を立ち上げようとする度会(わたらい)恭平が、1章ごとに団員やスタッフを集めていくストーリー。
度会(と、途中で参加する風見)は役者ならではの推理で、謎を解き明かしていきます。

謎自体はとてもシンプルで、どこかで読んだことがあるような雰囲気もあります。
でも、不思議につまらないとは感じなかった。
これは、キャラクターのおかげだろうなぁ。
全員、とても魅力的です。

印象的だったのは、「最後の言葉は・・・」と「彼が求めたものは・・・」。
前者は2人の画家の確執に隠された想いに、後者は亡き人の想いを代わりに伝えてあげた風見に胸を打たれました。

ただ、名探偵役は1人で十分だったのでは・・・。
2人なら、せめて、それぞれ「この人でないと無理」という謎を扱って欲しかったです。
もちろん、風見の活躍が見れるのは嬉しいのですが。

劇団メンバーの掛け合いも賑やかで目に浮かぶよう。
『シロちゃん』と呼ばれるのを嫌がる吉井。
愚痴るたび、『文句があるなら帰ってください』と斬り捨てられる橘。
飄々としていながら、深く静かな光をたたえている目をサングラスで隠す風見。

ストーリーは開幕前で終わりますが、素晴らしい舞台が想像できます。

霧の迷宮から君を救い出すために/黒田研二 ★★★☆☆

高原に建てられた災害用のシェルター。
その近くで「僕」は暗闇の中、何者かに襲われて崖から転落し、頭を打った。
包帯が取れたとき目の前に広がったのは、一面、白い霧の世界。
脳を損傷し、動くものを認識できなくなってしまったのだ。
そして、密室のシェルターの中からは女性の死体が発見されて・・・。(カバー裏より)


くろけん作品は細かい伏線がポイントなので、今回も必死になってチェック。
しかし、それが一体どこにつながるのかはやっぱり解らず、解明時には「ほぉ~」とただ感心するばかりでした。

動くものがすべて霧になるという設定と、その説明(顔自体を動かさなくても、目や鼻などを動かすとのっぺらぼうになってしまう、など)が、不謹慎にも「面白いなぁ」と思ってしまいました。
でも想像以上に不便でしょうね。
そんな状態なのに、事件の真相を探ろうと1人でバスに乗ったり林の中を歩いたり・・・。
「ゆっくり寝てなよ~」と、ハラハラ。
シェルターの内部構造と主人公の症状の絡ませ具合がとても上手です。

この結末には驚きました。
作中、「ちょっと良い話」も交えているのに、まさか、こんな終わり方をするとは・・・。
でも、この意外性はくろけんさんっぽいかも。
ダークですが、好きです。

一週間のしごと/永嶋恵美 ★★★☆☆

幼馴染の菜加には拾い癖があった。
犬や猫、果てはアルマジロなど、処理に困るものばかり拾ってくるのだ。
そして毎回、恭平がその後始末に頭を悩ませることになる。そんな菜加が、ある日、母親に置き去りにされたらしい(人間の)子供を拾ってきた。どうもその子供には事情があるようで・・・。菜加の弟、恭平の友人を巻き込みながら、ストーリーは意外な展開へ!


永嶋作品は『せん-さく』と『転落』を読んだことがあります。
この2冊がとてもじめっとしたストーリーだったので、今回「青春ミステリ」につられて読んでみたのですが・・・。
私はやっぱりこの著者が合わないのかなぁ。
今回もスカッと爽快なわけではないし、読後が物足りないのです。
しかし、目次を読んで、思わず『♪チュラチュラチュラ・・・』と歌い出したのは私だけではないはず。

まず、登場人物にあまり魅力が感じられませんでした。
菜加の身勝手さにウンザリ、頭が良いはずの恭平が終盤ギリギリまで単なるピエロなことにイライラ。
まぁ、彼らはあくまで高校生なので、言動を問題にするのも大人げないのですが。
第一、菜加がそのキャラでないと、子供を拾ってきたりしないでしょうし。

ジャンルもどちらかと言えば、ミステリよりサスペンスではないかなぁ。
いくつかサプライズは仕掛けられていますが、別にあっても無くてもいいようなモノだし。
「意外な展開」だけれど「普通の真相」。
もう一捻りくらい期待していたのですが・・・。
あと、ある人物の心情が完全に端折られているので、読後感が良いというより軽い!
呆気なさ過ぎます。

ミステリ要素が薄いのなら、せめて青春部分を楽しく読みたかったなぁ・・・。
いやに長く感じてしまいました。

激走 福岡国際マラソン/鳥飼否宇 ★★★★☆


<光ノ射すホウヘタダ走リツヅケル。>

ほとんど予備知識を入れずに読み始めたのですが、まさかこんなお話だったなんて。
終盤うるうるきてしまいました。
鳥飼さんっ、巧すぎます!

同じテーマの『ジェシカが駆け抜けた七年間について』は、もっとマラソン色の強いストーリーだと期待していたぶん残念に思いましたが、今回はその点でも大満足!
マラソンで始まり、マラソンで終わるのです。

走者の感情がたびたび同じ言葉の繰り返しで表現されていて、それがこちらの焦燥感も大いに煽り、もう終始ドキドキの連続です。ああ苦しい!
アイアンマスクと呼ばれるトップランナー、美形のランナー、地元出身のランナー、高齢のランナー、マラソンを諦めた白バイ運転手、そして走者を先導するペースメーカー。
それぞれの想いが錯綜する中、みんな必死にゴールを目指します。
普段、マラソン中継をそんなにじっくり見ることはないのですが、次から見方が変わりそう。

とても爽やかなラストも大好きです!

天使のナイフ/薬丸岳 ★★★★☆


図書館に予約してから手元に届くまで、こんなに待たされたことは今までありませんでした。
もう一気読みです。とても面白い!

主人公・桧山の周辺で起こる殺人事件。
それをきっかけに、彼は4年前に妻を殺害した3人の少年たちの状況を調べ始める。


<この国は限定的にも殺人を認めるっていうんですか!>

序盤では少年法に対する桧山の憤りや無念さが痛いほど伝わってきます。
彼の訴えは決して極論なんかではなく、全て「そう!そう!」と頷きたくなるものばかり。
まるで、私の中のうまく形にならない想いを代弁してくれるかのように。
どうしても被害者側に肩入れしてしまうからか、弁護士はともかく、少年を擁護する寮長の言葉に全く説得力がないように感じました。
「厳罰」とまではいかなくても、被害者側の「知る権利」は当然優先されるべきなのではないでしょうか。

こんな難しいテーマを扱いながら、ミステリとしても素晴らしい出来になっています。
まさか「犯人当て」形式だとは思わず、驚きました。
多少の強引さを差し引いても、二転三転の真相には大満足です!

ストーリー展開はほぼ予想通りなのですが、絶妙な演出で全く飽きさせません。
筆致が丁寧なのか、情景が次々目に浮かぶようで、読書というよりドラマを見ている気分でした。
少し『13階段』の読後感と似ています。

桧山の娘・愛実の愛らしさが、重くなりがちな雰囲気を和らげています。
彼女のような存在の有無が『さまよう刃』との大きな違いだったのでしょうね。
とても救われるラストでした。

セリヌンティウスの舟/石持浅海 ★★★☆☆

2年前、石垣島でのダイビングツアーで遭難した6人・美月、清美、麻子、三好、礒崎、児島は、それ以降、信頼で結ばれた、かけがえのない仲間になった。
そんな彼らを突然襲った美月の自殺。
彼女の死の意味を考えるために集まった5人は、美月が飲んだ青酸カリ入りの小瓶のキャップが閉められていたことに疑いを持つ。
彼女の自殺には協力者がいるのか?


題名のセリヌンティウスとは、太宰治『走れメロス』でメロスの身代わりになった友人の名前です。
重要な役どころにも関わらず、全く名前が記憶にないなんて寂しいですね。

この作品内では、「自殺した美月=完走したメロス」、「自殺に至るまでの心境や方法を考える5人=セリヌンティウス」と例えてますが、これが上手いんだかそうでないのか。
大体、協力者がいるのでは?と疑う根拠からして、あまり魅力を感じないのですよ。
小瓶のキャップがなぜ閉められていたのか、とか、なぜ小瓶が倒れていたのかとか、私がメンバーの1人だったら、完全に見過ごしたでしょうね。
作中でも「考えすぎだって」という台詞が頻繁に出てきますが、まさにその通りだと!
あと、他殺の可能性を全く考えないのもどうか。
ミステリなので、てっきりその流れになるのだと最後まで期待しちゃいましたよ。
その不満を解消するべく登場するのが、彼らの「信頼関係」なのですが・・・。

彼らは2年前、ダイビング中に遭難し、お互い支え合った経験から、当時ほぼ初対面に近い6人が「固い信頼」で結ばれたわけですね。
死と隣り合わせの状況で手を取り合い輪になって漂流する(この輪を「舟」に例えるのは良い!)・・・そこで生まれる絆。
これは経験がない人にはあまりピンとこない状況ではないでしょうか。
少なくとも、ダイビング経験ゼロ、シュノーケリング経験1回の私に感情移入は絶対無理。

しかし、この設定が作品全体の主軸となっているので、受け入れられないと非常に辛い。
2、3ヵ月に1度、海へ行く時に顔を合わせるだけの仲間なのに、「美月はこうするはずだ」「私たちの誰かがそんなことするはずがない」と断言するのですよ。みんな。
(それほど理解してるのに、美月が思いつめていることを誰も気付かなかったのですよね・・・)
そして、協力者がいても、殺人者がいる可能性を考えない理由は、あの遭難時に心を1つにした仲間を殺せるはずがないから。
しかし、主人公の児島がこっそり仲間の1人と交際してる時点で、他のみんなも隠れてゴタゴタしているとか、疑いを持たないものかなぁ。
こんな「信頼関係」を基に「どこまで信じるんだ!」とイライラするロジックが延々続きます。

石持さんは毎回、独特の状況や動機をテーマにロジックを展開していくので、スッキリせずとも斬新さが楽しめたのですが、今回の読後感は「海で遭難した仲間の信頼関係って凄いんだなぁ」という、ただそれだけ。
『月の扉』のように、部外者の介入があればまた違ったのでは・・・。
うーん・・・次回作に期待します!

最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。