スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼神伝/高田崇史 ★★★☆☆


例外はあれども、「読者対象は子ども」を前提とした作品が多いミステリーランド。
本書も、普通に鬼を退治してハッピーエンド、な作品だと思っていたのですが、もう少し奥が深かったようです。


「鬼は悪者とは限らない」という視点でのアプローチは、子どもにはとても新鮮ではないでしょうか。
実際の話と教科書等で読むことの違いについての純の質問に、
「戦に勝ったものだけが言葉を残せる」
「誰でも、自分たちのしてきた悪いことや恥ずかしいことなど、後世に残そうとしやしない」
との海神の言葉。
「歴史教科書問題」がふと頭をよぎりました。
このあたり、子どもが読んだ感想がぜひ知りたいです。

普通の中学生が実はヒーローだった、という設定も良いですね。
純がオロチを操って戦う姿も、とてもワクワクしました。
(何となく「まんが日本昔話」のオープニングをイメージしながら。)
1冊目では殺人の謎、2冊目ではスパイ探し、など小ネタも楽しめました。
ラストは少しバタバタしてましたが、私好みの救いがあります。

しかし、私は1冊目を格闘シーンに使うも、2冊目は和解するという流れになると勝手に思っていました。
純も最初は「話し合い」を主張してたのに、いつの間にかそんな葛藤はどこへやら。
あっさりしてるなぁ・・・。
あと不満なのは、私の好きな「友情」がテーマでは無かったこと。
頼光・・・登場シーンから友情を予感したのに・・・。
その割には、純と水葉のシーンが多すぎる気が。

あとがきの暗号は面白いです。
『黄金蝶ひとり』の暗号より分かりやすいし、よくこんな手間をかけたなぁ。
目次もヒネってますね。
こういう試みは大好きです。

蛇行する川のほとり/恩田陸 ★★★☆☆

あの夏の日、少女たちは川のほとりにある「船着場のある家」で合宿を始めた。
夏の終わりの演劇祭に向けて、舞台背景の絵を仕上げるために。それは、楽しく充実した高校生活の最高の思い出になるはずだった。ひとりの美しい少年の言葉が、この世界のすべてを灰色に変えるまでは・・・。
そして、運命の歯車は回り始めた。
あの遠い夏の日と同じように。(帯より)


帯のあらすじや序盤の雰囲気がとても幻想的だったので、まさかこんな物騒な事件を中心に話が進むとは思いませんでした。
ミステリ?ミステリなの?と少し不安に。

第1、2部のラスト、急展開の兆しをチラリと覗かせる手法が巧い!
もう先が知りたくて一気読みです。
各章ごとに出版されたということですが、私なら次巻を待つのに耐えられなかっただろうなぁ。

香澄と芳野は、なぜ合宿のメンバーに毬子を選んだのか。
月彦から毬子への忠告の真意とは。
暁臣が知っている毬子の秘密とは。
そして、あの夏の日、一体何が起こったのか。

新しい事実が次々と発覚し、ワクワクします。
語り手が変わるたび、謎の焦点が少しブレてしまったようにも感じましたが、叙述トリックっぽい仕掛けには素直に驚きました。
真相も綺麗にまとめられていて満足です。

終章がとても良かった。
ずっと彼女の想いが知りたかったのです。

久しぶりに耽美な世界を満喫しました。

新世紀犯罪博覧会/歌野晶午・他 ★★★☆☆


華やかに幕開けした新世紀。
だがその初頭、日本の各地で奇妙な出来事が次々と起きていた。
すべての事件には、突然舞い込んだ奇妙な手紙が関わっていた・・・!
気鋭の本格推理の旗手6人が、不可解な「手紙」をもとに趣向を凝らした珠玉の連作推理の傑作!(巻末より)


懲りずに、新世紀「謎」倶楽部です。
毎回、読後は不満たっぷりなのですが、ついつい手を出してしまうのですよね。
でも、本書は今までで一番楽しめたかもしれません。
あまり合作臭さが無いからかな?

1986年の秋にS県今北市で開催された博覧会「風の国フェスタ'86」。
そこで行われたあるイベントが、現在に及ぼす影響を描いた連作短編集。


歌野晶午『二十一世紀の花嫁』
この作品で本書の一番の謎が明かされてしまうのですよね。
当然、あとの5作品のネタもバレてしまい、かなり興醒め。
それがテーマだから仕方がないのですが・・・。
いいとこ取りの面白さ、という印象です。
篠田真由美『もっとも重い罰は』
真相はすぐによめてしまうのですが、展開の巧さで退屈しませんでした。
短編としては、かなり質が高いです。
冒頭のとてもやわらかい文章が、ラストのせつなさを際立たせます。
谺健二『くちびるNetwork21』
どこかで聞いたことのあるタイトルだと思ったら、岡田有希子の曲名をもじっているのですね。
当時、1986年だったんだ・・・懐かしいなぁ。
主人公の考えや犯行の動機が、全く理解できなくて辛かったです。
ただ、「唇を持ち去った理由」は意外でした。
二階堂黎人『人間空気』
序盤から延々と続く妄想気味の文章にうんざり。
幻想的・・・というよりも、気持ち悪さが漂います。
トリックもがっかり。
柄刀一『滲んだ手紙』
もっと面白い展開になると期待していたのに残念。
小森健太朗『疑惑の天秤』こじんまりしてますが、一番まとまってるように感じました。

歌野さんのプロローグとエピローグが一番面白かったです。
どの作品も、長編で読みたかったなぁ。

彼女がペイシェンスを殺すはずがない/大山誠一郎 ★★★★☆

e-NOVELS特別企画の犯人当てミステリ。
(pdfファイルをダウンロードして読むことができます。)
大山誠一郎さんの作家デビュー作。
ディクスン・カー作品でおなじみフェル博士が「目張りの密室」事件に挑戦するお話です。

おなじみ、と言っておきながら、本来、翻訳モノが苦手な私。
もちろん、カーもクイーンも未読です。
この作品は、短編なのでなんとか頑張りました。
それより、評価の高さの方が気になって・・・。
解答編を読むまで真相はさっぱり。
しかし、このトリック・・・う~ん、すごい。
非常にオーソドックスなんだけど、なぜか新鮮。
どうやって密室にしたのか、犯人の行動を頭の中でトレースしてみると全く無駄がないのです。
すごい!計算されてる!
犯人・・・当てられないよな~これは。
完全なる大山マジックです。
しかし、動機は強引だ~。
いや、短編だし、仕方ないか。
まさか、ペイシェンスが○○○だとは思わなかったなぁ。

蒲公英草紙/恩田陸 ★★★★★


<たんぽぽの綿毛が風に運ばれていく未来。
それがどんなものかは見当もつきませんでした。>


もう・・・素晴らしかったです。
『光の帝国』でボロボロに泣いてしまったため、この続編を読むのに相当な覚悟が必要でした。
しかし、読んで良かった・・・!

20世紀初頭、静かな農村地帯が舞台。
医者の娘である峰子は、名家槙村家の病弱な末娘・聡子の話し相手を頼まれる。
そして、峰子は対面した瞬間から、美しく聡明な聡子に惹かれていく。
そんなある日、謎の一家4人が槙村家を訪ねてくる。
彼らは「常野」だった。

峰子の穏やかな語り口がとても心地良いです。
静かで美しい風景がふんわりと思い浮かぶようでした。
しかし、読み始めから既にうっすらと涙が・・・。
終盤の展開に対する予感があったのかもしれません。

椎名と永慶の絵に対する聡子の評や、聡子と常野の姉弟との出会い、秘密の場所での峰子と廣隆の語らいの場面。
恩田作品ではその表現の見事さにしばしば鳥肌が立つのですが、今回は終始その状態が続きました。
自分が峰子と同化したかのように、彼女の驚きやとまどいを感じることができるのです。

クライマックスでの、聡子の行動と槙村家当主の温かい笑みに、常野一族とそれを支える人々の宿命の重さを感じて涙が止まりませんでした。
「戦う」ためではなく、「救う」ための力。
聡子の「ありがとう」の意味がわかった瞬間、さらに号泣。

安直な展開を選ばず、敢えて現実を突きつける結末にも胸を衝かれました。
椎名が予言した「地獄」の中で、峰子の最後まで穏やかな、しかし強い訴えが心に響きます。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。