スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漆黒の王子/初野晴 ★★★★★

ある日、怪我をした<わたし>は暗渠(石造りの下水道跡)で<王子>に助けられる。その暗渠では、<王子>を中心に、<時計師>など中世オランダの職業名を持つ7人の浮浪者が暮らしていた。上の世界では、暴力団内で組員が眠ったまま死に至るという奇妙な連続殺人事件が発生。ガネーシャと名乗る犯人の要求はただひとつ。『彼ら全員の睡眠を私に差し出すこと』
第22回横溝正史ミステリ大賞受賞第1作。


<この世には、どんなにひどい苦痛や不幸を抱えても、犯罪だけは起こすまいと必死に生きているひとがたくさんいるだろう。
でもわたしには無理だ。>


私はいじめや暴力団同士の抗争をテーマにした作品が非常に苦手です。
全体的に暗くて人が無意味に死んでいき、思わず天を仰ぐほど救いのない展開も全て苦手。
・・・しかし、この評価は仕方ない!
満足感で一杯です。

前作『水の時計』と順番に読んで良かったです。
著者のスタンスをある程度理解してからの方が、より胸に迫るものがあるだろうと感じました。
どちらにも共通する感覚は「痛み」です。

物語は暴力団員である秋庭と水樹(上の世界)と、暗渠に迷い込んだ<わたし>(下の世界)の視点で交互に進みます。
上の世界では殺人事件を発端とし、犯人探しや報復で次々と人が死んでいくのですが、暴力描写が過激でまともに読めませんでした。
そして下の世界では、暗渠の住人たちと<わたし>との奇妙な触れ合いが。
どちらも心に傷を抱えている人物ばかりで、読み進めるにつれ、胸が苦しくなりました。

この下の世界が上の世界とどうつながるのか?
眠ったまま死に至る原因とその方法とは?
ガネーシャの正体とは?

謎がとても魅力的で最後までグイグイ引っ張られます。
途中、エピソードが紛らわしかったり、唐突に感じる展開もありますが、読後には気になりません。
筆致はさほどでもないのに、いつの間にか惹き込まれてしまいます。
<わたし>が全てを思い出し、過去を語るシーンは圧巻。
全ての設定が著者の緻密な計算で成り立っていることに気付かされるのです。
前作でも感じましたが、伏線の張り方が見事!

全てがフルスピードで破滅へと向かっていく中、ラスト一行に救いが。
強烈な余韻を残す作品でした。
この切なさはきっと忘れられない。

水の時計/初野晴 ★★★★☆

暴走族<ルート・ゼロ>の幹部である高村昴は、ある晩、謎の男・芥に閉鎖された病院へ案内される。
そこで彼を待っていたのは、脳死状態でベットに横たわった状態で、月夜の晩に限り機器を通して話をすることのできる少女・葉月だった。
葉月は、自分の臓器を必要とする人たちに与えて欲しいと昴に頼むのだが・・・。
第22回横溝正史ミステリ大賞受賞作品。


<いきる、ことも、しぬこと、も・・・・かなわなかった>

モチーフは、オスカー・ワイルドの『幸福の王子』。
王子の像がツバメに頼んで、貧しい人々に宝石を運んでもらうというストーリーを、現在の臓器移植のテーマに置き換えるという発想が素晴らしい。

2人の出会いから続く3つの章では、臓器移植を必要する患者側のドラマが描かれています。
視力が弱りつつある6歳の子供、マニラで腎臓移植をする手続きをしたOL、心臓疾患のある元高校教師。
昴は彼らの前に姿を現し、「もらうじゆうと、もらわないじゆう」を確かめようとするのですが・・・。

冒頭の『幸福の王子』の引用は途中で終わっていますが、最終章のタイトルで納得。
なぜ臓器の運搬役に昴が選ばれたのか。
ラストの葉月の「独白」に涙が止まりませんでした。

横溝賞のわりにはミステリ色は薄いのですが、伏線の張り方が絶妙です。
ファンタジー性が高いので非現実的なシーンが多く目に付きますし、キャラクターも類型的で新しさがありません。

それでも、私の読後に残ったのはただ感動と深い余韻でした。

厭魅の如き憑くもの/三津田信三 ★★★★☆


憑き物筋の「黒の家」と「白の家」の対立、「神隠しに遭った」ように消える子供たち、生霊を見て憑かれたと病む少女、厭魅が出たと噂する村人たち、死んだ姉が還って来たと怯える妹、忌み山を侵し恐怖の体験をした少年、得体の知れぬ何かに尾けられる巫女・・・。
そして「僕」が遭遇した恐るべき怪死を遂げてゆく人々と謎の数々・・・。(あらすじより)


とある昭和の時代、2つの旧家・谺呀治家と神櫛家が舞台となります。
複雑な相関図、その確執と因習などまさに横溝風。
おどろおどろしい雰囲気が漂っていますが、ホラーの描写自体はそれほど怖くも気持ち悪くもなく、ホッとするのと同時に拍子抜けしました。

いたるところ、怪奇現象についての薀蓄が盛りだくさん。
前作『シェルター 終末の殺人』では、ミステリ映画がテーマだったので少しは興味がありましたが・・・今回はうるさかったです。
作風なので仕方ないのでしょうが・・・。
斜め読みしても真相に全く影響が無いし、事件はなかなか起こらないし。
全編、なぜか文章が頭にスッと入ってこなくて、何度も読み直しが必要でした。
事件現場の状況もイメージが浮びにくく、推理する気が失せてしまい、黙々とページを進めるのみ。

でも、謎解きの段階に入って、この作品がなぜ評価が高いのかが判りました。
二転三転する真相に驚きの連続!
「やられた!」と思ったロジックが惜しげもなく覆されてしまうのです。
(それとも、じっくり読んでいれば気付いたのか?)
伏線の巧妙さに何度も唸ってしまいました。

最後まで投げずに読んで良かったと思いますが、中盤までの退屈さは何とかならないものかなぁ。

とるこ日記/定金伸治・乙一・松原真琴 ★★★★☆


j-BOOKSのサイトで2005年2月~6月に連載された、自称・ダメ人間3人のトルコ旅行記。
web連載時から読んでいたのですが、あまり画面を長時間見るのが苦手なので書籍化を待っていました。
しかし、web上ではクリックして読めたコメントが次ページにずらっと書かれてあるので、とても読みにくくて残念。
本文はほぼそのままですが、時々定金さんの妄想小説が挟まれていて嬉しいです。

3人の中で作品を読んだことのある作家は乙一だけなのですが、他の2人のブログは2年ほど前からチェックしていました。
定金さんの自虐性や妄想癖は乙一に輪をかけて凄まじく、今回、彼が主な文章を担当しているため、もう笑いの連続。
先輩作家たちの手前か、マツバラさんが大人しすぎて少し物足りなかったかな。

乙一曰く、この作品は「引きこもりが海外に連れて行かれたらどんなふうに引きこもりが悪化するのかという興味深い実験の結果発表」とのこと。
そんな3人なので、移動の間も会話は一切なく、ゲームをしたり本を読んだり、それぞれの殻に閉じこもっている様子がリアルです。
そして、トルコ旅行の失敗談、またはどうかしている会話が満載。
なにしろ、「お金をぼられた」「デジカメを掏られた」・・・「タモリさんのこと」「パンツのこと」・・・と、脱線すること甚だしいのです。

帰国直後、「今から打ち上げでも?」と誘うと「たまっているビデオを見ないといけないので」というものすごい理由で去っていったマツバラさん。
その夜、「トリビアの泉」で素晴らしいトリビアを知り、「この旅行の中で間違いなく一番感動した!」と会話する定金&乙一。
よく3人とも無事に帰ってこれたものです・・・。

巻末の乙一書き下ろし小説『毒殺天使』は必読です。
たった数ページに黒い切なさがぎっしり詰まってます。やっぱりすごいよ・・・。

乱鴉の島/有栖川有栖 ★★★☆☆


休養目的で小旅行に出かけた火村と有栖川は、巧妙なトリック(?)により烏島に滞在することとなる。
その島の屋敷には一流の文学者・海老原瞬を中心に、彼の崇拝者たちが集合していた。
彼らの強固な秘密主義、招かれざる客の出現、そしてとうとう殺人が・・・。
幾多の鴉が乱れ飛ぶ島で、火村の推理が冴え渡る。


う~ん・・・これは苦痛でした・・・。
有栖川さんはよく作中に他の著者の作品を引用しますが、今回は少々うんざり。
長編だからか、ポーの作品に対する講釈が長すぎるのです。
できれば他の作品の力を借りず、独自の雰囲気をつくりだして欲しいのですが・・・。
設定からしても、ヒルズ族のような人物が登場する反面、「崇拝」というレトロな関係が存在したり、最後までちくはぐな印象が拭えませんでした。
共感できる登場人物が全くいないのもキツイ。

中心となるテーマといい、とても奥深い内容なのですよね。
しかし、そこまでの興味と読解力を持ち合わせていない私としては辛かったです。

仮面幻双曲/大山誠一郎 ★★★★☆

昭和22年、東京で私立探偵事務所を営む川宮兄妹は、滋賀県の名家・占部家から依頼を受ける。
主が失踪した弟に命を狙われているというのだ。
その弟は失踪後、整形手術で顔を変え、その医師を殺害して逃走したという。
兄妹の護衛も虚しく、無残な死体となって発見される主。
犯人は弟なのか?弟は一体どの人物なのか?
そして、第2の殺人が・・・!


これこそ、エレガントなロジック!
やはりこの著者は素晴らしいパズラーです。

謎解きに至るまでがひたすら退屈だと評判の本書。
確かに地味な展開ですし、盛り上がりにも欠けているのですが、それほど気になりませんでした。
何気ない描写も全て伏線かもしれない、と身構えていたからかな?

ただ、当時にしては会話がミスマッチだったり、雰囲気が出ていないという違和感はありました。
そういえば、前作もキャラクターや筆致がぎこちなく読みにくかった覚えが。
しかし、前回と同様、こんな真相を持ってこられたら満足ですよ。

超斬新なトリックと特に目新しくないトリックの両方を組み合わせたとても贅沢な構成。
とても簡潔なのに、イメージするとその隙の無さに再度驚かされます。
伏線は丁寧すぎてあからさまなのですが、スマートで説得力のあるロジックに感動しました。
(唯一、重大なヒントを得た新聞記事の件は早めに手を打つことができたと思うので残念・・・。)

信じて疑わなかったものが覆されるという快感を久しぶりに味わいました。
まだこんなトリックがあったとは・・・。
これまた、冒頭が巧いのですよね~。

福家警部補の挨拶/大倉崇裕 ★★★☆☆


『最後の一冊』・・・犯人・私設図書館の女性館長
『オッカムの剃刀』・・・犯人・復顔術に秀でた科警研OB
『愛情のシナリオ』・・・犯人・海千山千の女優
『月の雫』・・・犯人・日本酒醸会社の社長


いきなりネタバレ?・・・ではなく、これは叙述ミステリ。
刑事コロンボや古畑任三郎の手法で、古家警部補が犯人を追い詰めるのです。
どちらも私の大好きなドラマですし、同じ形式の小説を読むのは初めてなのでとても新鮮でした!
(大倉さんはコロンボの大ファンで、ノベライゼーションにも挑戦しているそうです。)

最初に犯人が事件を起こす様子が描かれていて、その後福家警部補の捜査が始まる。
犯人にうんざりされながらも何度も話を聞きに訪れる方法といい、全てがコロンボそのものです。

プロットもとても良く出来ています。
偶然に頼りすぎている点が気になりましたが、予想外の方向から導き出される証拠や動機には驚かされました。
特に『オッカムの剃刀』のラストなんてため息モノです。美しい!

ただ、福家警部補にコロンボや古畑任三郎のような魅力が感じられないのが残念。
映画が好きでお酒に強いのと外見がひどく幼いという特徴はあるのですが、全ての言動が機械的なんですよね。
出会う人全てに『刑事さんには見えない』と評されるのも少々しつこい。

これがシリーズ1作目だということですし、とりあえず次回作も読んでみます。

うそうそ/畠中恵 ★★★★☆

病弱なことでは誰にも負けない長崎屋の若だんな・一太郎は、母親の勧めで箱根へ湯治に出ることに。ところが、出発した船の上から仁吉と佐助の姿が消えてしまう。その上、松之助と一太郎は宿屋から攫われる羽目に。止まない地震、耳に入る剣呑なつぶやき、少女の泣き声。次々訪れるピンチに一太郎は・・・?

<だがこの時、鳴家は恐ろしい顔で微笑んだ>

あれだけの甘甘ぶりを発揮している2人の兄やが突然姿を消すってことがどうにも腑に落ちないのですが、そのせいで一太郎はとんでもない災難に巻き込まれます。
人攫いや天狗に襲われたり、山の斜面を転がり落ちたり。
これなら、日頃、店番するくらい大丈夫なのではと思ってしまうのですが・・・。
相変わらず、どうすれば強くなれるのかという彼の悩みは尽きません。
きっとその姿勢も一太郎の魅力の1つなのでしょうね。

これまでのようなミステリっぽい流れではなく、実にストレートな展開です。
謎よりもストーリーやキャラクターの魅力で一気読みでした。

今回、鳴家の出番はたったの3匹なのですが、やっぱり抜群に可愛いです~♪
要所要所で彼らならではの活躍が見られるのですが、愛嬌たっぷりの仕草や鳴き声でもうメロメロ状態。
これはもう、ツボを心得た畠中さんの作戦に違いない!

殺意は必ず三度ある/東川篤哉 ★★★☆☆

のんきを絵に描いたような鯉ヶ窪学園。敗退を続ける野球部グラウンドからベースが盗まれてしまう。オレ(赤坂通)が唯一の下級生として在籍する探偵部員の総力を結集しても謎は解けない。後日、野球部とライバル校との練習試合終盤に事件は起きた。白昼堂々、球場で発見された野球部監督の死体に騒然となる両校関係者と捜査陣。動機は不明、球場ではアリバイ実験も行われるなど混迷をきわめる事件に、オレたち探偵部3人が事件に首を突っ込んだ。しょうもない推理合戦の先に待つものは・・・?

<キャプテーン!三拍子では走れませーん>

鯉ヶ窪学園シリーズ第2弾。
う~ん、いつもより笑えるギャグが少なかったかな?
あの(馬鹿)トリオのおっさんぽくてウダウダしている雰囲気は大好きなのですが。

名探偵役は意外でびっくり。
しかし、最初から仕掛けられたサプライズには残念ながら『へ~』でした。
特に重要視するポイントでもなかったしなぁ~失敗かな~と不満たっぷりだったのですが・・・。
メインのトリックに驚いた!これはかなり好きです!
図解を見て感動してしまいました。すごい!
良くできたトリックなので、本当は星4つにしたいところだけれど・・・。
私が野球に全く興味がないことと、2、3番目の殺人があまりに地味すぎたため1つ減点です。

しかし、東川さん。
新作が出るにつれ、どんどんアイディアが斬新になってますよ。
これから、すごい傑作を生み出してくれそうな予感がします。

銃とチョコレート/乙一 ★★★★☆


<たしかにあいつはいやなやつだ。
       でも死んでいいってほどじゃない>


イラストがとても綺麗なのですが、かなり不気味です。
一番ゾッとしたのが、主人公の(可愛らしいとされている)母親のイラストというのが何とも・・・。

少年・リンツが見つけた古い地図。
これはもしかして、怪盗ゴディバが隠した宝の地図なのでは?
リンツはみんなの憧れの名探偵・ロイズに相談するのだが・・・。

大絶賛とまではいきませんが、とても楽しませてもらいました。
正義とは?友情とは?
いろんな意味で勧善懲悪にならないところが『鬼神伝』と似ていますが、悪意が明確な分、こちらの方が何倍も残酷。
リンツが移民の混血児という設定からして、最初から不穏な予感があったのですよね。彼がある裏切りに遭うシーンは衝撃的でした。
やはり乙一は疎外感を描くのが抜群に上手です。

しかし、そんなリンツの相棒がまさかあの人物だとは!
これは全く予想外の展開で、心をわし掴みにされました。
強引なようで、無理を感じさせないストーリー展開は乙一ならでは。
このあたりからスピードが増し、グンと面白くなっていきます。
子供向けを意識したのか、乙一作品には珍しく危機迫るシーンもあり、見所が満載。(逆に、本領を発揮するならここは絶対残酷な展開にしただろうなぁと感じたポイントも。)
『おもいでサファイア』や『ろくでなしティアラ』のような、宝石類の名前もユニークです。ドラえもんの道具みたい。
結構早めにメインとなる真相がよめてしまうので、ほぼ終盤までの評価は星3つだったのですが、ラスト数ページで仰天。大急ぎで星を1つ追加したのでした。
作品の色付けにしか見えなかったエピソードも全て必然性があったのですね。
さすがだなぁ!

あとがきは乙一らしさ全開。
お得意のフィクションかもしれないけど、彼だったら有り得るかもと思っちゃいます。

陽気なギャングの日常と襲撃/伊坂幸太郎 ★★★★☆


『巨人に昇れば、巨人より遠くが見える』
市役所職員の成瀬と大久保は、マンション屋上の人質立て篭もり事件に遭遇する。
突然、人質の様子が変化したことに気付いた成瀬たちは・・・。
『ガラスの家に住む者は、石を投げてはいけない』
響野の喫茶店の常連客・藤井は、ある晩泥酔状態から目を覚ますと女性のものらしき書置きを発見する。
しかし、一緒に飲んでいた友人に女性の存在を否定されたことで、響野と「幻の女」を探すことに・・・。
『卵を割らなければ、オムレツを作ることはできない』
OLの鮎子は、バイト先で入手困難な舞台のチケットを贈られる。
その相手に心当たりのない鮎子は同じ会社の契約社員・雪子に相談するが・・・。
『毛を刈った羊には、神も風をやわらげる』
久遠は夜の公園で、会社員・和田倉が殴られた現場に遭遇する。
久遠が掏った財布の中身から犯人の身元を突き止めるが・・・。


<わたしの言う通りにやれ。わたしのやる通りにではなく>

『陽気なギャングが地球を回す』の、著者初めての「続編」。
タイトル通り、今回は第1章に陽気なギャングのそれぞれの日常が描かれています。
・・・と言っても、非日常的ではありますが。
個人的には雪子のパートが好きかな。
オーナーとの勝負やチケットの意外な贈り主にワクワクしました。

そして2章で4人が集合してからは、全く関係性の無かったはずのエピソードが、少しずつリンクしていきます。
誘拐された社長令嬢を助けるべく、あの手この手の作戦を実行する4人。
日常と比べると、こちらの事件はさほど複雑ではありません。
しかし4人のキャラがストーリーをぐいぐい引っ張っていき、全く飽きることがないのです。
そして、伏線が多すぎるせいでむしろ気付きにくいという、本当に贅沢な構成。
終盤では「うっわー!そこで出てくるか!」とのけぞるばかり。
ラストまで全てが完璧に計算され尽しているのが分かります。要再読!

ただ、響野の演説がもっと聞きたかった私としては、銀行強盗のシーンが1回だけだったことが残念。
ギャングというよりも、単に特技を持つ人間たちの活躍という印象が濃くなったような・・・。

まぁ、そんな不満は全てあの柔道部員たちのシーンで吹っ飛びましたが。
最高!

本格ミステリ06/東川篤哉・他 ★★★☆☆


『霧が峰涼の逆襲』 東川篤哉
前回、「本格ミステリ04」での『霧が峰涼の屈辱』に引き続き第2弾。
『~の屈辱』で初めて東川さんを知ったので、正直、続編は嬉しかったりして。
鯉ヶ窪学園探偵部の(なぜか長編には出てこない)副部長・霧が峰が活躍します。
いろいろ推理したのですが、二転三転する真相にびっくり。
なかなか読ませてくれました。
『コインロッカーから始まる物語』 黒田研二
毎回、キャラクターはとても良いのですが・・・動機がしっくりこない。
『杉玉のゆらゆら』 霞流一
う~ん、今回はあまり弾けてませんでした~残念。
主人公、紅門さんじゃないし・・・。
最近開設されたばかりの霞さんのブログは、毒舌っぷりがすさまじく大変愉快なんだけれど。
『太陽殿のイシス(ゴーレムの檻 現代版)』 柄刀一
短編でしか読んだことのない作家さんですが、この作品は面白かったです。
連作集の中の作品なので、ストーリーは理解できないところがありましたが、トリックの中でも「停電を起こした理由」には驚かされました。
『この世でいちばん珍しい水死人』 佳多山大地
「川に死体のある風景」に収録。
『流れ星のつくり方』 道尾秀介
一番のお目当てだった作品。
良い!やはり良いです!
次々新展開を見せるストーリーと、全体に漂う切なさがたまりません。
「最後の一撃」も抜群に効いてます。
ただ、真備シリーズにする必要はないような・・・。
『黄鶏帖の名跡』 森福都
ミステリ的にはどうかと思いますが、ストーリーは楽しめたかな。
『J・サーバーを読んでいた男』 朝暮三文
とても読み易くユーモアのある文章。
そしてしっかり本格。
難解なイメージのある作家さんでしたが、印象が大きく変わりました。
『砕けちる褐色』 田中啓文
読んでいてワクワクしました!
このシリーズは要チェックです。
『陰樹の森で』 石持浅海
SFの設定はともかく、ギンちゃんというキャラは良いかも。
でも、ミステリとしては不完全燃焼。地味すぎる。
『最後のメッセージ』 蒼井上鷹
なぜ、あの傑作短編集からこれが選ばれたのか不思議。
『シェイク・ハーフ』 米澤穂信
連作集の一編だということで、この作品だけの評価だとう~ん・・・。
本当に「日常の謎」だなぁと。
てっきり老けた高校生が主人公だと思っていたのですが、意外に可愛らしいキャラにびっくり。
でも読み進めるうちに、小鳩くんが延々と考える内容がいちいち煩わしく感じるようになりました。
やはり紺屋シリーズかな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。