スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラット探偵事務所の事件簿 1/乾くるみ ★★☆☆☆

あなたの頭を悩ます謎を、カラッと解決いたします!高校の同級生・古谷(ふるや)が探偵事務所を開くことになった。体調を崩していた俺は、その誘いを受け新聞記者から転職して、古谷の探偵事務所に勤めることにした。出不精の所長・古谷を除けば、実質的な調査員は俺だけになってしまうので、張り込みや尾行などといった業務もろくにこなせないのだ。ではいったい何ができるのかというと―実は≪謎解き≫なのだ。

乾作品は、悪趣味すぎて笑い飛ばすことができなかった『Jの神話』から、早い段階で真相が解ってしまったため苦痛しか残らなかった『イニシエーション・ラブ』まで一応読んでいます。
ことごとく相性が合わないので、短編でしかも大好きな「探偵と助手」の設定なら楽しめるかもと思ったのですが・・・。

ああ・・・そうだった、この人、暗号が得意なんだった・・・。
その時点でアウトだ・・・。

読み口は軽くて余韻も悪くないのに、いろいろと面倒くさい。
小説に実在の芸能人の名前や商品名が出てくるのも苦手。
(藤原紀香はタイミングが良すぎて笑ったけれど)
唯一、「卵消失事件」は面白かったかな。
最後に明らかになる仕掛けは、これまた早い段階でピンときました。
もう乾作品を手に取ることはないでしょう。

プラスマイナスゼロ/若竹七海 ★★★☆☆

「プラスとマイナスとゼロが歩いてら」
はじまりは、落ちてきた一匹の蛇だった――。
なんか最近、アタシら死体に縁がねーか?
凸凹女子高生トリオが、海辺の町・葉崎を駆け抜ける!
ドタバタ×学園×青春ミステリー。 (帯より)


<一緒にいるのが理解できない、ヘンな三人組>

ラノベ感覚で楽しめました。あ~笑った。
葉崎シリーズの中でも、かなり好きな作品です。

成績優秀品行方正のテンコ、成績最低品行下劣のユーリ、そして歩く平均値・ミサキ。
よくあるキャラ設定なんだけど、面白いのですよ。特にテンコが。
容姿端麗なお嬢様なのに、運の悪さがハンパない。
階段から転げ落ちたり、ガス爆発を起こしたり、毎日(!)とんでもない災いに見舞われるけれど、そのたび「これらは神様からの試練なのですわ」と舞い上がるのです。
ほんと、これだけ徹底的に不運だと笑ってしまいますよ。

ミステリとしてはかな~りゆるめ。
「悪い予感はよくあたる」は若竹さんらしい仕掛けがあって驚きましたが、他の真相は大体予想がつきます。
角田港大センセの名前にはニヤリ。

最終話では少し様子が変わります。
それまで3人のマイノリティっぽさは感じられなかったので、ややびっくり。
多分狙ったんだろうけど、この意外性は少し暗くなるなぁ。
そして、あれほど「中くらい」の学校だと強調しているのに、なぜ生徒会だけが進学校並みにイキっているのか、不自然だったり。

ミステリとしては弱いし、キャラだけで押すにはマンネリになりそうだから、シリーズ化は無理かもしれないけれど面白かったです。
何度も声を出して笑いました。

キタイ/吉来駿作 ★★★☆☆

8人の高校生は、死んだ仲間・葛西を甦らせようと死者復活の儀式・キタイを行う。
それから18年、復活を遂げた葛西はキタイの秘密を知る仲間を殺し、永遠の命を得ようとするが・・・。
死者による、時を超えた惨劇が始まる。(Amazon内容紹介より)


<とうとう、葛西が帰ってきた>

全く好みではない雰囲気なのに、読み始めたら止まりませんでした。びっくり。
誰の台詞なのかが分かりにくかったり、あまり読みやすい文章ではないのになぁ。

仲間が多すぎるので「なぜそんな儀式をしてまで、葛西を生き返らせることにみんな協力的なのか」が、もうひとつ伝わってきませんでした(大抵の人間は誠みたいな行動に出ると思うし)。
狂人の論理もなかなか説得力があったけれど、動機が弱かったかなぁ。
でも、「こんなに後になって葛西が復活した理由」にはとっても納得。

ホラーサスペンス大賞だということで覚悟はしていたけれど、終盤に進むとエグさが炸裂します。
顔を思いっきり歪めながら読んでました。
絶対に気持ち悪い描写だって分かってるのに、なぜか積極的に想像したくなるのですよ。とっても厄介。

『背の眼』ほどではないけれど、訳の分からない魅力を感じる作品でした。
新作も絶対読むけど、どうなんだろう。

少女/湊かなえ ★★★☆☆

高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。彼女はかつて親友の自殺を目にしたというのだ。その告白に魅せられた二人の胸にある思いが浮かぶ――「人が死ぬ瞬間を見たい」。由紀は病院へボランティアに行き、重病の少年の死を、敦子は老人ホームで手伝いをし、入居者の死を目撃しようとする。少女たちの無垢な好奇心から始まった夏が、複雑な因果の果てにむかえた衝撃の結末とは?(本書あらすじより)

<それじゃあ、死を悟れない>

普通、かな。
面白くないわけではないけど、全体的に意外性が足りないのですよね。
伏線の回収は無難。ラストはパンチ不足。
「後味が悪い」と思うほど登場人物に感情移入ができず、サラッと読み流してしまいました。

迷路館の殺人/綾辻行人 ★★★☆☆


奇怪な迷路の館に集合した四人の作家が、館を舞台にした推理小説の競作を始めたとたん、惨劇が現実に起きた。
完全な密室と化した地下の館で発生する連続殺人の不可解さと恐怖。
逆転また逆転のスリルを味わった末に読者が到達する驚愕の結末は?(Amazon内容紹介より)


<関係者中の誰が、鹿谷門実なのか?>

こんなに凝っている作中作って初めてじゃないかなぁ。
遊びゴコロ満載の構成にニヤリとしてしまいました。

作中作は館の雰囲気に比べると事件が小粒に思えて少し残念。
でも、やっぱりそのままでは終わりませんね。
『びっくり館』で名前だけ知っていた「鹿谷門実」の正体に興味津々だったのですが、いやぁ~驚きました。
これにはすんなり騙されましたよ。
このシリーズ、島田潔がもう少しユーモアのあるキャラだったら読みやすいのになぁ。

水車館の殺人/綾辻行人 ★★★☆☆

古城を思わせる異形の建物「水車館」の主人は、過去の事故で顔面を傷つけ、常に仮面をかぶる。
そして妻は幽閉同然の美少女。
ここにうさんくさい客たちが集まった時点から、惨劇の幕が開く。密室から男が消失したことと、1年前の奇怪な殺人とは、どう関連するか?(Amazon内容紹介より)


<僕には犯人を捕まえる意志なんてないんですよ>

そろそろ『暗黒館の殺人』を読もうと思い、館シリーズに手を出すことにしました。
私は我孫子派だったので、初期の綾辻作品はほとんど読んでないのですよね・・・。
(さすがに『十角館の殺人』は既読ですが。)

過去と現在の物語が交互に進行する構成が懐かしくて、ワクワクしました。
伏線が親切すぎて、30ページほどで真相が解りましたが、「本格」の雰囲気はたっぷり楽しめました。
でも、これ「水車館」である必要はないような・・・。

「時計館」が面白そうなのでちょっと楽しみ。

ファミリーポートレイト/桜庭一樹 ★★☆☆☆

あなたとは、この世の果てまでいっしょよ。
呪いのように。親子、だもの。
ママの名前は、マコ。マコの娘は、コマコ。
うつくしく、若く、魂は七色に輝く、そしてどうしようもなく残酷、な母の“ちいさな神”として生まれた娘の5歳から34歳までを描く。(Amazonより)


<なくしたくないものだけ、手に取って>

絶賛されている理由は何となく解りますが、私はついていけませんでした。
想像していた内容とは違っていたからでしょうね。

それでも第一部は好みでした。
七竈の母親よりもタチの悪いマコはもちろん、依存し合う母娘の関係に眉をひそめつつも、ファンタジックな舞台が湿度を適度に抑えていたので何とか読めました。
そのまま最後まで突っ走るものだとばかり思ってたので、第二部の凡庸な展開に戸惑ってしまったのです。
2つの物語が私の中で巧く結びつかないというか・・・特に、コマコの高校時代の物語はポツンと1つだけ浮いているように感じました。
そこで急速に興味を失って、著者が極端に反映されている作品が苦手なこともあり、終盤までなかなかページが進みませんでした。

『私の男』ではあんなに圧倒されたのに・・・残念。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。