スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百器徒然袋 風/京極夏彦 ★★★☆☆


調査も捜査も推理もしない。ただ真相あるのみ!
眉目秀麗、腕力最強、天下無敵の薔薇十字探偵・榎木津礼二郎が関わる事件は、必ず即解決するという。探偵を陥れようと、「下僕」の益田や本島らに仕掛けられた巧妙な罠。榎木津は完全粉砕できるのか?天才の行動力が炸裂する「五徳猫」「雲外鏡」「面霊気」の3編。(本書あらすじより)


<旅の恥はかき捨てと云いますが、
      榎木津の場合は生き恥でもかき捨てるんです>


今回は探偵・榎木津に復讐すべく、敵がいろんな策略を張り巡らせるのですが・・・。
とにかく榎さんがいつもの調子なので、こちらもまったくハラハラしません。
乱闘騒ぎもまるで漫画なのですが、そんなの関係なく楽しいのです。
何といっても「面霊気」の特別ゲストには、鳥肌が立ちそうになりましたよ。
びっくりした~。

あまりキャラを増やされたくないことから本島の役割を関口にやらせてもいいのでは?と前作から思っていたのですよね。
(関口も『邪魅の雫』でしっかりしてきたし。)
でも今回、ラストの榎さんの手紙でスッキリしました。
この余韻がいいなぁ。

百器徒然袋 雨/京極夏彦 ★★★☆☆


救いようの無い八方塞がりの状況も、国際的な無理難題も、判断不能な怪現象も、全てを完全粉砕する男。ご存知、探偵・榎木津礼二郎!
「下僕」の関口、益田、今川、伊佐間を引き連れて、さらには京極堂・中禅寺秋彦さえ引きずり出して、快刀乱麻の大暴れ!不可能状況を打開する力技が炸裂する三本の中編。(本書あらすじより)


<お待ちかねの榎木津礼二郎だこの馬鹿者!>

いやぁ~楽しかったぁ!
読み終わる頃には、榎さんの魅力でお腹いっぱい。
関口の肩を揺さぶりながら「サルサル。」とはしゃぐ榎さん。いいわぁ。
本編では想像できない中禅寺の悪ノリも堪能しました。
(面白かったけれど、少しイメージが崩れたような・・・。)
意外な真相だった「瓶長」がお気に入り。

手焼き煎餅の密室/谷原秋桜子 ★★☆☆☆


親友・直海の祖母の家を訪ねたら、台所に見知らぬ少年が忍び込んでいた!煎餅を盗もうとしていた彼は、家主に見つかり慌ててとんでもない行動に…(表題作)。美波の家の隣に建つ洋館に住む水島のじいちゃんは、身近で起こる様々な事件の真相を、聞いただけでズバリ言い当てる。(本書あらすじ)

『天使が開けた密室』『砂の城の殺人』のように、本筋とは関係なく「お!」と思えるサプライズを期待していたのですが、今回は最後まで予想の範囲内だったので物足りなかったです。
そしてどれもあまり魅力的な謎とは思えず。
初登場の水島のじいちゃんは好感度が高かったですが、直海のキャラはどんどん過剰になっているようで読み辛かったり。

カッコウの卵は誰のもの/東野圭吾 ★★☆☆☆


親子の愛情に、揺さぶりがかけられる。覚悟を決めた父親は、試練にどう立ち向かうのか。父と娘、親子二代続けてのトップスキーヤー。娘の所属チームの研究者は、二人の遺伝子パターンを調べさせてほしいと考える。しかし、了承するわけにはいかない。父には、どうしても知られたくない秘密があった。娘が生まれた19年前からの忌まわしい秘密が。(帯より)

ストーリーの大部分をあらすじが説明してくれていることもあり、短時間でスラスラ読むことができました。
予想したよりも意外な(そして都合のいい)展開でしたが、真相がいまいちスッキリしません。
読後数分で内容を忘れかけるほど印象が薄いです。

叫びと祈り/梓崎優 ★★★☆☆


砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦、ロシアの修道院で勃発した列聖を巡る悲劇…ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。選考委員を驚嘆させた第五回ミステリーズ!新人賞受賞作「砂漠を走る船の道」を巻頭に据え、美しいラストまで一瀉千里に突き進む驚異の連作推理誕生。(本書あらすじより)

<それでも―お前は祈るべきなんだ>

評判どおり、とても新人とは思えないセンスと完成度の高さに驚きました。
「砂漠を走る船の道」はもちろん傑作で「凍れるルーシー」も印象深いのですが、私が一番綺麗に騙されたのは「白い巨人」でした。
どれも真相の解明シーンがとてもドラマチックでハッとさせられます。
唯一、苦手なのが「叫び」で、それまでの特殊な動機という点だけでも石持作品が浮かんでいたのに、これは読後感まで似ていました。
異国情緒や事件だけでなく、斉木自身がもっと深く描かれていたら、終章も読み応えがあっただろうなぁ。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
「砂漠を走る船の道」
この動機はシンプルで合理的(?)で文句なしに見事。でもメチャボが・・・。
頭の中で「メチャボ」→「チョコボ」と勝手に変換したので、きっと動物(ラクダ)だと確信していたけれど、他のラクダは名前がないのに子供だけあるのも不自然だなぁと疑問だったのよね。そして疑問のまま終了。惜しい。
「白い巨人」
「外国で彼女が消えたのにそのまま帰国したサクラ」に違和感たっぷりだったので、真相には大いに納得。
これはホント騙された。巧い。
「凍れるルーシー」
スコーニャが祈っている場所が棺の中だということはすぐにピンときたけれど、修道院長を殺害した動機が「3日間腐敗することのない聖人」だからというのは斬新で驚いた。最初と最後がホラーなのも幻想的でスキ。

丸太町ルヴォワール/円居挽 ★★★☆☆

祖父殺しの嫌疑をかけられた城坂論語は、変幻自在の論客が丁々発止の応酬を繰り広げる私的裁判“双龍会”の被告となる…容疑を解くためではなく、事件当日、屋敷の一室で二人きりの甘く濃密な時間を過ごした謎の女性“ルージュ”と再会する、ただそれだけのために・・・。(本書あらすじより)

<言の葉吹きましょうか>

第一章はとても好みでした。
「双龍会」の雰囲気作りに必死な印象を感じてしまって、その後の展開にいまいち乗れなかったかな。
(↑京都が舞台なので、そこはホルモー的な余裕が欲しかった。)
鮮やかに繰り返されるどんでん返しは、ミステリというよりマジックの趣を感じましたが、その効果は抜群。
フェアかどうかを考えるより先に、素直に驚いてしまいました。
第一章の伏線の張り方があまり巧くなかった点を考えると、これが正解かも。
恋愛ストーリーのためのサプライズも美しく、余韻にトキメキました。

蝦蟇倉市事件・2/秋月涼介・他 ★★★☆☆


海と山に囲まれた、風光明媚な街、蝦蟇倉。この街ではなぜか年間平均十五件もの不可能犯罪が起こるという。マンション、レストラン、港に神社、美術館。卒業間近の大学生、春休みを迎えた高校生、会食中の社会人、休日を過ごす教師。舞台も人も選ばずに、事件はいつでも起こっている―。様々な不可思議に包まれた街・蝦蟇倉へようこそ!(本書あらすじより)

<最初から滅びるしかなかった私たちの、これが顛末だ>

「さくら炎上」北山猛邦
これが一番印象に残っています。
真相はすぐに読めますが、刹那的な雰囲気に引き込まれました。
「毒入りローストビーフ事件」桜坂洋
もしかして・・・と思ってたら、やっぱりな真相。
でも、こういう試みは好きです。
「密室の本――真知博士 五十番目の事件」村崎友
この著者の作品は、男の子が主人公の方が自然で読みやすいです。
ラストが意外でした。
「観客席からの眺め」越谷オサム
初読みの作家さん。
なかなかダークな内容ですが、蝦蟇倉市民の描写がさりげなく桜坂さんの作品をサポートしていて面白かったです。
「消えた左腕事件」秋月涼介
こちらも初読みの作家。真相はすぐにピンときました。
「ナイフを失われた思い出の中に」米澤穂信
感傷の漂う中で展開するロジックが巧い。しんみり。
(でも、『さよなら妖精』は苦手。)

似たようなオチが続くのにも苦笑しましたが、誰が描いても魅力が感じられない真知博士はある意味スゴイです。

キョウカンカク/天祢涼 ★★★☆☆

女性を殺し、焼却する猟奇犯罪が続く地方都市―。幼なじみを殺され、跡追い自殺を図った高校生・甘祢山紫郎は、“共感覚”を持つ美少女探偵・音宮美夜と出会い、ともに捜査に乗り出した。少女の特殊能力で、殺人鬼を追い詰められるのか?二人を待ち受ける“凶感覚”の世界とは?第43回メフィスト賞受賞作。(本書あらすじより)

<久々に見たよ、こんな純粋に蒼い声>

展開の速さと細かい伏線は好印象です。
でも、期待していた真相がなかなかの肩透かしでした。
前半で期待値を上げすぎたのかも。
あと二転三転は欲しかったなぁ・・・。
あ、犯人の動機は面白いです。さすがメフィスト賞。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。




















いかにもな人物が犯人だったことには、やっぱり物足りなさが残るなぁ。
「叙述トリック」や「花恋の件は模倣犯」という可能性を早めに提示する展開に「この著者わかってるじゃん!」と興奮したので、中盤の玲・犯人説に「きっと犯人じゃないんだ!」と期待→まさかのグダグダアリバイ作戦→やっぱり犯人だった、というすごくムダな翻弄に「んも~!」ってなってしまった。
アリバイ作戦も共感覚を利用してるんだったらまだ納得したんだけど。
山紫郎は山紫郎で、もっとブラックな企みがあるのかと思ったらフツーだし。
序盤に共感覚の発現割合の話が出たので、もしかして犯人も共感覚を持っているのでは?と疑ったのよね。
だから、所々に挟まれる美夜の過去のエピソードも、もし「少女」だとハッキリ書かれてなければ、美夜でなくて犯人の過去だとミスリードされたかも。
それにしても、吉野ヶ里警部が矢萩側の人間だったのにはびっくり。
微妙な存在だったから犯人かと疑ったのに。それじゃ赤川次郎?
そして表紙イラストの美夜は、生首が浮いているように見えて怖い。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。